WWE:元MLWレスラー、ランス・アノアイがタマ・トンガについて語る「ハクは俺達のおじさんでタマは俺達のファミリーだ。一人ぼっちのジェイを助けることも出来る」

イメージ
  アノアイ家はTama Tongaを自分たちのものと考えている。 本誌のデイブ・メルツァーが昨日報じたところによると、トンガはWWEに向かっており、一部のファンは彼が到着したときにThe Bloodlineに参加する可能性があるのではないかと考えています。 今月初めのレッスルマニア40の記者会見で披露された 「ザ・ロック」 の家系図にはトンガは登場しなかったが、ハク (トンガ・フィフィフィタ) と彼の息子たちは王朝の一部と考えられています。 元MLWのレスラー、ランス・アノアイは最近、スティーブ・フォールとトンガ、兄弟、父親との家族関係について話しました。 アノアイ氏は次のように述べている。 「ハクは俺達のおじさんだよ。彼を尊敬しています。島の文化に似ていると思います。みんな南太平洋から来たんだ。だから島民は1つの品種のように人間をくっつけているだけなんです。でもね、タマトンガの成長を見たんだ。私は日本にいる間彼らと遊んだ。私たちのスケジュールが合って夕食を食べることを祝福したときはいつでも。そこにはいつも愛がある。本当かどうかは知らないけど。タマトンガがサインしたとネットで読んでいます。彼がそうしたなら、彼のために良いことだ、十分に値すると思う。」 アノアイ氏は引き続き、トンガがRawでジェイ・ウーソと連携することを望んでいると述べた。 「ジェイはひとりぼっちだ。タマは家族だと思っています。だから、ジェイは助けを借りられると思う。特にソロとジミーが壁を乗り越えてジェイを攻撃し続けているのを知っているときに、私はレッスルマニアの試合を信じているので、うまくいけばセットアップ。それが私たちが望んでいることです。」 2人の間に血縁関係がないにもかかわらず、ロックは長い間ハクのことをおじさんと呼んできた。2015年、彼は 「トンガおじさん」 にトラックをプレゼントしています。 トンガと弟のタンガ・ロアは、ゲリラズ・オブ・ディスティニーとしてNJPWで7回のIWGPタッグ王者です。トンガがバレットクラブから追い出された後、グループは現在、ロア、ヒクレオ、邪道、ELPで構成されています。ヒクレオとELPは現在のストロングオープンウェイトタッグ王者です。 ランスは10月にMLWから釈放されました。彼は以前のインタビューで、解雇を求めた理由の一部は、WWEの番組で家族と一緒にい

WWE:トリプルHが語るNXT改変の噂とトライアウトではどんなことを見ているのか


 

今日ラスベガスで行われたWWEのオープントライアウトの最後に、WWEのトリプルHがメディアコールを行いました。Wrestling Inc.のニック・ハウズマンが招待され、トリプルHにWWEがNXTとその育成システムをオーバーホールするという噂を受けて、リクルートの方針を変えたのかと質問しました。トリプルHによると、そもそも物事がシフトしていないので、シフトはしていないそうです。


「変な話ですが、人々は何かというとシフトすることについて話します。変な話だけど、みんな何かを変えようとしているけど、実際には変わっていないんだ。だから、さかのぼって採用プロセスを見てみると、テレビ番組の採用プロセスではなく、誰を育成してWWEスーパースターにしようとしているのかという採用プロセスなんだ。同じプロセスを繰り返しています。私は誰も否定しません。『インディペンデント系のレスリングをやっていた』という立場でもね。それは私にとっては関係のないことです。「よし、お前を入れよう」となる要素でもありません。今日の試合でも、誰かが試合に出て、毎回完璧にロープに当たり、ロールも完璧で、すべてのことをこなし、トレーニングしてきたから簡単に見えたとしても、それは私には何も示していません。トレーニングをしていれば、インディーで働いていれば、そのようなことができるはずなんです。」


「私にとって、長期的な可能性は何か?その可能性とは何か?そして、その可能性に応えるために仕事をする意思があるかどうか。ビンスはいつも『我々はバラエティ番組だ』と言っていました。我々はそうだ。ある意味では、すべての要素が少しずつ必要です。それがすべての鍵なのです。しかし、人々はひとつの発言を聞いて、ひとつの仮定の判断をする。「今はあれだ。いや、今はこれだ』と。いつもそうなんだよ。」


その後トリプルHは、WWEはこのトライアウトで何人のタレントと契約したのか?正確な数字はわからなかったものの、かなりの概算を出すことができました。


「(冗談混じりに)私は数えていません。今日は38人の選手が集まったが、昨日から今日にかけて脱落者が1人出た。負傷者が出て、さらに脱落者ではないが、今日はトレーニングを短縮したんだ。その結果、13人と16人というところでしょうか。この2、3日の間に多くの情熱と意欲が湧いてきました。そして明らかに我々は何か違うものを求めている。ビンスが何度も言っているのを聞くだろう。多くの人には間違っているように聞こえるかもしれませんが、それは正しいのです。私たちはプロレスラーではなく、スーパースターを求めているのです。それを突破できる人を探しているんだ。あとは勝手にやってくれればいい。」


「"ダイヤモンドの原石 "や "100万人に1人の逸材 "などを探しているのです。それが難しいところなんだ。それ以外の部分は自分で解決するし、そうなるんだ。そして、そのプロセスを進めていくのです。だから私は、今はチャンスを与えることが大事だと思っています。」

「ここには、突破するためのツールを持っている人がたくさんいて、部屋を歩いていると目立っていました。彼らは何かしらの要素を持っていて、それをどれだけ望んでいるかをここで証明してくれました。そして今、この瞬間に、もう少し先に進んで、彼らにチャンスを与えることができると思うのです。彼らは成功するでしょうか?いや、それは長いハードな旅だ。でも、みんなが成功したら、そこに到達したときに特別なものにはならないでしょう?」。


トリプルHは、いわゆる "it "ファクターについても議論し、男性と女性の間でそれを識別することに違いがあるかどうかについても言及しました。トリプルHは、女性に焦点を当ててこの質問に答えました。


「"it factor, x factor, charisma "という言葉があります。それが何であるかを特定するのは難しい。女性の場合、"ここに来たとき、彼女は100万ドルの価値があるように見えた "ということが強調されているように感じることがあるんだ。決まった服を着て、決まったメイクをして、決まった髪型をして、そういうことを全部やっている。それは重要なことです。でも結局のところ、私にとっては個性の方が重要なのです。お金がなくて化粧をしない人がいても気にしませんよね。でも、高額なヘアエクステンションをしたり、たくさんのメイクをしたり、高額な服を着て他のことをしなくても、ここに来て「ああ、彼らは持っているな」と思うことができるのです。私にとって、それはほとんど何の関係もありません。」


「"個性 "であり、"関わり方 "であり、"つながり方 "であると思います。彼らが仕事をしているとき、あなたに何かを感じさせてくれますか?その人たちとの接点は何ですか?あなたは彼らから何かを感じますか?彼らはあなたと何らかの形で関わっていますか?人によっては、彼らがここにいるときにはそれがわからないこともあります。」

「時には、赤いランプが点灯して、「ブーン」という音がすることもあります。カメラが彼らを愛しているという言葉を聞いたことがあると思います。ええ、彼らは素晴らしい写真を撮ります。私もそれをよく見てきました。トライアウトに参加すると、「この人は素敵だな」と思いますよね。しかし、実際に行ってみると、「いつになったら入れるんだ?人前では響かない。カメラでは響く。そういう要素はありますが、イメージの問題ではありません。それは消えていくものです。それが、2日間の旅、3日間の旅、4日間の旅、それぞれのトライアウトのスタイルに応じたプロセスの一部だと思っています」


トリプルHは続けて、外見だけではどうにもならないことを改めて強調しました。最終的には、男性、女性にかかわらず、それぞれのタレントに違いがあると結論づけた。


「誰かが部屋に入ってくると、その人は一瞬目を引くかもしれません。そして、あっという間に、その人は他に何もしていないのに、この人はしている。化粧もしていないし、髪の毛も整えていない。だから、決して他のことではないのです。それらを見過ごすかもしれない。本当はここにあるもの、それが要因であり、カリスマ性であり、そういったものすべてです。その一部として、その人への情熱やつながりがあり、それを感じられれば、その人にはカリスマ性があり、itファクターがあるということになります。面白いことに、私はこのトライアウトを全く違った目で見ることがあります。1日目の前半には、同じ人を振り返っている自分に気がつきました。」


「気がつくと、なぜか同じ人を振り返っていたり、同じ10人、15人でもいいんです。その人のやっていることに興味を持っている自分がいるんです。そして、精神的にそれが見えたら、そこにチェックを入れる。その人を10回チェックして、その人がこれをしているのを見続けるんです。その人は下手かもしれない。しかし、私はそれを繰り返し見ています。何か理由があって、その人が私の目を引いているのだと思います。それを理解する必要はないし、その理由が何であるかを伝える必要もない、ただそれがそこにあることを知っていればいい。だから、わからないけど、ちょっと違った見方をしているんだ。でも、それは要因のひとつです。男性と女性では違いますか?一人ひとり違いますよ。男でも女でも関係ありません。誰にとっても違うのです。あなたはただ、それを受け入れるしかないのです。」

 

Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

里歩を巡る数奇な状況について