国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年8月24日火曜日

NJPW:棚橋、IWGP US王座はアメリカで防衛する事に意味がある「月に一度はアメリカに行きたいという願望はあります。たまには週に1回でもいいです。」」

0 件のコメント :


 棚橋弘至は、NJPW Resurgenceでランス・アーチャーからIWGP US王座を奪取し、再びアメリカに戻ってベルトを防衛する事に興奮しています。彼がいつアメリカに戻るか不明ですが、現在のスケジュールよりも頻繁にアメリカに行く事になるでしょう。

Sports Illustratedのジャスティン・バラッソのインタビューを受け、IWGP US王座をどのように防衛するかを語っています。

「IWGP US王座はアメリカで防衛する事に真の意味があると思っています。月に一度はアメリカに行きたいという願望はあります。たまには週に1回でもいいです。今回、1年半ぶりに声を出してくれるお客さんの前でレスリングが出来ました。本当に爽快な気分で、私に大きな力を与えてくれました。ものすごい気合いが入りました。最高の環境で試合が出来ました」

対戦相手となったランス・アーチャーに対してはこのような評価をしています。

「彼とレスリングをする度に、彼の進化を感じていました。彼は素晴らしいレスラーです。彼のパワーとスピードは驚くべき物で、彼の一番の魅力はスマートなところです。彼は新日本に入ってからずっとヒールのれすらーでした。でも、彼はハンサムなので、ベビーフェイスとしてのレスリングを見てみたいですね。」

また、ジョン・モクスリーから名指しをされており、「Forbidden Door」の相手として名前が上がっています。棚橋もAEWでのレスリングに意欲を示しています。

「「世界に見せたい」とか「自分を証明したい」という気持ちはありませんが、AEWには以前に対戦した事のあるレスラーが何人かいます。そして、彼等には絶対に負けたくない」

「これまで海外進出の際には、言葉の壁が一番の問題でした。しかし、新日本ワールドが英語解説を加えた事で海外の人々はより一層新日本のプロレスを楽しんでくれるようになったのではないでしょうか。まだ海外で活躍していない素晴らしいレスラーもいますので、新日本はこれからもっと広がっていくと思います。」

棚橋がAEWのリングにあがるかどうかは不明です。9月4日、レッスルグランドスラムで飯伏幸太相手に防衛戦を行う予定です。

Fightful

 

0 件のコメント :

コメントを投稿