Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

NJPW:棚橋、IWGP US王座はアメリカで防衛する事に意味がある「月に一度はアメリカに行きたいという願望はあります。たまには週に1回でもいいです。」」


 棚橋弘至は、NJPW Resurgenceでランス・アーチャーからIWGP US王座を奪取し、再びアメリカに戻ってベルトを防衛する事に興奮しています。彼がいつアメリカに戻るか不明ですが、現在のスケジュールよりも頻繁にアメリカに行く事になるでしょう。

Sports Illustratedのジャスティン・バラッソのインタビューを受け、IWGP US王座をどのように防衛するかを語っています。

「IWGP US王座はアメリカで防衛する事に真の意味があると思っています。月に一度はアメリカに行きたいという願望はあります。たまには週に1回でもいいです。今回、1年半ぶりに声を出してくれるお客さんの前でレスリングが出来ました。本当に爽快な気分で、私に大きな力を与えてくれました。ものすごい気合いが入りました。最高の環境で試合が出来ました」

対戦相手となったランス・アーチャーに対してはこのような評価をしています。

「彼とレスリングをする度に、彼の進化を感じていました。彼は素晴らしいレスラーです。彼のパワーとスピードは驚くべき物で、彼の一番の魅力はスマートなところです。彼は新日本に入ってからずっとヒールのれすらーでした。でも、彼はハンサムなので、ベビーフェイスとしてのレスリングを見てみたいですね。」

また、ジョン・モクスリーから名指しをされており、「Forbidden Door」の相手として名前が上がっています。棚橋もAEWでのレスリングに意欲を示しています。

「「世界に見せたい」とか「自分を証明したい」という気持ちはありませんが、AEWには以前に対戦した事のあるレスラーが何人かいます。そして、彼等には絶対に負けたくない」

「これまで海外進出の際には、言葉の壁が一番の問題でした。しかし、新日本ワールドが英語解説を加えた事で海外の人々はより一層新日本のプロレスを楽しんでくれるようになったのではないでしょうか。まだ海外で活躍していない素晴らしいレスラーもいますので、新日本はこれからもっと広がっていくと思います。」

棚橋がAEWのリングにあがるかどうかは不明です。9月4日、レッスルグランドスラムで飯伏幸太相手に防衛戦を行う予定です。

Fightful

 

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!