WWE:リック・フレアーのリリースは自ら求めたのか、ビンスが判断したのか謎が深まる


 

最新のレスリング・オブザーバー・ニュースレターで、リック・フレアーのWWE退団についての詳細が発表されました。


デイブ・メルツァーは、フレアーの退団に関する矛盾した話を指摘し、WWEのウェブサイトでの声明には、彼の今後の活躍を願う部分が含まれていないと指摘しました。


WWE関係者はビンス・マクマホンの判断で手放したと主張していますが、フレアーは自分から放出を求めたと主張しています。


メルツァー氏はオブザーバー誌で、フレアーの高額な給料を含め、いくつかの事情があったと指摘しています。会社のアンバサダーとして、最近の契約では、WCWでの世界チャンピオンとしての最盛期に稼いだ金額よりも多く稼いでいると言われていました。


複数の関係者がメルツァーに指摘したところによると、フレアーは娘のシャーロットに関するクリエイティブに不満を持っていたという。フレアーは、数ヶ月前に自分とシャーロット、レイシー・エヴァンスを絡めたストーリーを公に批判していました。


AEWへのジャンプの可能性については、フレアーはトニー・カーンと仲が良いです。実際、2018年に行われたフレアーの結婚式には、カーンがゲストとして参加していました。彼がすぐにAEWと契約することを妨げるような競業避止義務があるかどうかは不明です


Wrestling News.co

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???