AEW:CMパンクデビューのRampageが視聴率で全米2位に!その数字はSmackdownに差し迫る勢い!


 AEW Rampageのライブ視聴率が発表され、タッカー・カールソンやショーン・ハニティの番組を含むFOXニュースの番組を抑えて、金曜の夜のケーブルテレビのランキングで2位となった事が明らかになりました。1位はESPNで放映されたNFLのプレシーズン・フットボールでした。

Rampageの視聴者数は112万9000人、18-49歳の視聴率は0.53でした。先週の視聴者数は74万人、視聴率は0.31でした。中でも、CMパンクのAEWデビューをフィーチャーしたオープニングの15分は、平均134万1000人、18-49層で0.65の視聴率を誇りました。印象的だったのは、今回の18-49層の視聴率はDynamiteのデビュー回以外の全ての回よりも高かった、ということです。

また、この数字はFOXで放送されるSmackdownの視聴率に近いという事も注目されるべき点です。スマックダウンの視聴数は210.2万人、キーデモ視聴率は0.57となっています。

パンクのデビューに関する話題性は、水曜日の数字にも影響すると思われます。

Wrestling News.co

 

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???