AEW:もう1人のカーンが示すWWEニック・カーンとの育成の違い「プロフェッショナルレスリングはアートです。」


 トニー・カーンは、プロレスを芸術だと考えています。

WWE社長のニック・カーンはBT Sportのアリエル・ヘルワニとのインタビューでNXTの将来と同ブランドに訪れる刷新について語りました。

「私達が発見したのは、昨日トライアウトを行った理由の一部として、WWEスーパースターになりたい人達が簡単になれるようにする、なる方法を考える事です。高名なスポーツ選手の人生を考えてみると、彼等のキャリアを通して、どこかでプレーする"機会"は常に簡単に得られます。どこかでプレーすることが"できるかどうか"は難しいことなのです。もしあなたが高校で素晴らしいサッカー選手であれば、大学はあなたを追いかけ、あなたはリクルートされて、彼等のシステムに入って、成功すするのかしないかのどちらかです。そこに到達するために必要なことはとても難しいことですが、システムは難しくありません。私達のシステムはスーパースターになりたい人達が私達のところに来る方法を知っていて、彼等が来る事ができるような簡単なシステムにしたいのです」

このインタビューが投稿された直後、AEWのもう1人のカーンこと、トニー・カーンは次のようなツイートを投稿しました。

「プロフェッショナルレスリングはアートです。全てのレスラーに同じ方法で絵を描かせても、偉大なアーティストは生まれません。」

WWEは2013年にパフォーマンスセンターを設立し、長年に渡ってアスリートや独立系レスラーを採用し、開発システムやNXTを経てメインロスターに向かう可能性のある選手を育ててきました。

一方AEWは長い間、会社のスタイルとしてレスラーが「自分の音楽を演奏する」ことを認める事を理念としてきました。

 

Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???