WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

イメージ
  皆さん、AbemaでWWEしてますか? 多くの人がリアタイで楽しんでいる様子がXのTLを賑わせていますが、その盛り上がりを見て、無料だし見てみようかなと思ってる人もいるかと思います。さて、そんなTLの様子を見てると、フジの深夜ぶりに見るとか、昔は見ていた、初めて見るという人も大勢いるようです。 Abemaでは適宜、日本語字幕などで選手の紹介などがされていますが、もう少しだけ詳しくなると、もっと今のWWEが楽しくなるポイントを解説していきます。 【その1:2023年のWWEとはBloodlineである】 今週のRAWでドリュー・マッキンタイアがジェイ・ウーソに対し信頼していない、という旨の発言をしていました。これはジェイがかつてBloodlineに所属していたことに端を発します。 Abemaでの放送では、ジェイがBloodlineを離脱した後から始まっているため、あまりこの関係性について深く語られていませんが、2023年のWWEのストーリーラインの主軸はBloodlineそのものであると言っても過言ではないでしょう。 まず、Bloodlineはワイルド・サモアンズとして知られるシカ・アノアイを父に持つ"トライバル・チーフ(一族の長)"ローマン・レインズ、リキシを父に持つ双子でレインズの従兄弟に当たるジミー・ウーソ、ジェイ・ウーソ、その末弟のソロ・シコアが中心的なメンバーです。 レインズはWWEユニバーサル王座を1130日以上防衛し続ける現在のWWEの絶対的王者です。しかし、その防衛には絆を誓う家族の存在が不可欠であり、レインズのピンチとなれば、Bloodlineのメンバーは介入だけではなく、襲撃などもいとわない無法なヒールユニットとも言えます。 しかし、ここに一人、密告者が加わったのが2022年9月。サミ・ゼインはウーソズと抗争中だったRK-Broらがバックステージで彼らの悪口を言っていたと告げ口したところから始まり、Bloodlineにすり寄るとサミは旧知の仲であるケビン・オーウェンズとも仲違い。徐々にBloodlineの信頼を勝ち取り、名誉メンバーとして受け入れられました。 ですが、2022年最後のスマックダウンでレインズと組んだサミは、オーウェンズ、ジョン・シナ組に敗北、徐々にレインズからの信頼を失っていき、オーウェンズとの王座戦を前にレ

AEW:ジム・ロス「マンデーナイト・ウォーズやアティテュード・エラを経験していない若いファンにとって、これは良いことだと思う」


 CMパンクがAEWにデビューしたことは先週のプロレス界の話題となりましたが、業界ではハルク・ホーガンがWCWに移籍したことと比較する人もいました。Gelling JRの最新エピソードで、ジム・ロスはAEWの現在の状況について語り、その観客をアティテュード・エラの観客と比較しました。この会社でレスリングをコールすることがどれほど楽しいかを述べ、彼等には大きな勢いがあると信じています。

「これは素晴らしい事で、幸せなことです。私達の多くは、かつての異なる時代、異なる場所に戻っています。アティテュード・エラのようです。看板、ポスター、騒音、最初から最初までの熱気など、まさしく素晴らしいものでした。「Rampage」は好評で、人々はそこで見ているものを気に入っています。金曜の夜、一週間の締めくくりとしてショーが行われることに満足していると思います。全てが順調で、良い勢いがあり、それは全てファンのおかげです。ファンの皆さんのサポートに感謝していますし、ブランドの確立にも貢献しています。」

Rampageのデビューはピッツバーグで行われ、その前週の水曜日のDynamiteもピッツバーグから放送されました。ロスは会社と一緒にピッツバーグに戻る事、そして2017年に妻のヤンが亡くなって以来、初めてのことであると明かしました。

「そこは亡き妻の故郷です。彼女はピッツバーグで育ち、スティーラーズの大ファンで、ピッツバーグのあらゆるものに興味を持っていました。2017年3月に彼女が亡くなってから1度しか戻っていないので、感情的になってしまいましたが、ファンの皆さんの感想や反応を見る事が出来て良かった。ピッツバーグでの素晴らしい2日間、これからも期待しています。」

水曜日に放送されたDynamiteでは、CMパンクがダニエル・ブライアンの加入を示唆しました。ロスはプロレスファンにとっていかにエキサイティングな時代であるかを語り、若いファンがWWEやWCWの頃のような体験が出来る事を嬉しく思うと述べました。

「私の人生は毎日がプロレスファンにとってGood dayだが、特に今はそうだ。当時のマンデーナイト・ウォーズやアティテュード・エラでのマンデーナイトRAWの成功などを経験出来なかった多くの若いファンにとってはね。これは良いことだと思いますし、今まさにそう感じています。願わくば、私達は若いタレントを成長させ続け、地元出身のタレントも成長し、成熟し、より良い物になっていきたいと思います。そして、カメラの前だけでなく、カメラの後ろ手も我々を助けてくれる素晴らしいベテラン達が加わってくれています。トニー・カーンは私達のブランドのために素晴らしい基盤を気付いてくれていると思います。まだまだ成長途中ですが、これでいいのだと思っています。テレビの視聴率もいいし、私はこのような状況を見る事が出来て、とても恵まれていると思います。全てのもののファンであるべきだが、AEWでやっていることを気に入ってくれているファンには本当に感謝をしています。」

「私は、ファンのために良い事だと思っています。見たいものを選んで、もし何かを見ないのであれば、ソーシャルメディアで見ない理由についてプロモする必要はありません。放っておいて、全てをサポートすればよいのです。みんなが好きなものを宣伝して、政治的なスタンスを取らない方がよっぽど楽なんです」


Wrestling Inc

 

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:ビンスの性的不正行為追求を担当していたマンジット・シンとイグナス・ラフードの辞任は、ビンスの復帰に反対しての辞任と判明