ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

AEW:トニー・カーン、CMパンクの契約は既にペイ出来たと応える「いろいろな意味でお金の問題ではありませんでした。」


 

AEW社長のトニー・カーンがル・バタール & フレンズの South Beach Sessionsに参加し、AEW RampageでCM PunkがAEWにデビューしたことについて話しました。カーンは特に、パンクのプロレス復帰が、チケット販売、視聴率、商品など、AEWにもたらした成功について語りました。


「この週末は、今までで一番良い週末だったと思います。多くの指標で1位となりました。金曜日の夜に開催されたAEW Rampageでは、ユナイテッド・センターに集まったファンの数が過去最高となりました。すべてのソーシャル指標を更新しました。ESPNから聞いたのですが、彼らが得たトラフィックは、誰もが予想していた以上のものだったそうです。実際、夏季オリンピックやNBAファイナルを含む5月以降のソーシャル投稿の中で、最も多くのトラフィックを記録したそうです。CMパンクのプロレス復帰とAEWへの参加に対する関心の高さは、プロレス界でも今年のスポーツ界でも前例のないものです。」

「我々の会社にとっても、ここで働くみんなにとっても、ファンのみんなにとっても、とても大きなことです。しかし、CMパンクは本当に素晴らしい時間を過ごしたとも言えます。彼は戻ってきたことをとても喜んでいましたし、シカゴのリングに戻ってきたパンクの喜びようを見て、ファンの皆さんもより一層喜んでくれたと思います。そして、ファーストダンスは、あらゆる意味で私たちにとって大ヒットとなりました。」

ルバタールが知りたがっていたのは、前週の成功を受けて、パンクのAEWとの契約(条件はまだ未公開)はすでにペイしたのかということでした。カーンは当初それを明らかにしませんでしたが、短いレスリング人生の中で、これが最高の契約の一つであると感じていることを隠しませんでした。

「これまでの人生で最高の取引だったと思っています。そして、それはお金だけの問題ではなかったと思う。彼と私が行った記者会見で50分ほどのスクラムを組んだんだ。あの夜、彼は多くの時間を割き、ファンとの時間を大切にしたいという意味で、誰に対しても寛大でした。さらに、何千本ものアイスバーを購入し、ユナイテッド・センターにいる全員が無料でアイスバーを食べられるようにして、この素晴らしい瞬間を作り出しました。これはとても素晴らしいことで、人々の記憶に残ることでしょう。彼がファンのためにしたことは、本当に素晴らしいことでした。また、バックステージに行って、本当に親切にアドバイスをしてくれたり、レスラーとの時間を大切にしてくれたりと、とてもクールな人でした。」

「彼はとてもフレンドリーな人で、若いレスラーが次のレベルのスターになるために彼がしたことは、とても意義深いことだと思います。そして、それは我々がビジネスを成長させ、今後何年にもわたってAEWを維持するのに役立つでしょう。ですから、これまでに行った中で最高の取引の一つだと思います。いろいろな意味でお金の問題ではありませんでした。彼と私が記者会見で言ったように、それは本当にお互いを知るためのものでした。パンデミックの影響で、人々は家に閉じこもっている時間が多くなりましたからね。私は彼と電話で話し、お互いをよく知り、信頼関係を築くことに多くの時間を費やしました。だから、これは長い間の出来事だった。1年半前からよく話をしていたんですよ」

ル・バタールは再びカーンに、パンクの契約はすでに元が取れていると思うかと尋ねた。今回、カーンはル・バタールに答えを出しました。

「ああ、そう思うよ。この契約が我々のビジネスにもたらしたものという意味では、この結果を見た瞬間に、始める前から、これは我々ができる最高の契約だと確信していた、と私は本当に信じています。」

Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!