WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

イメージ
  皆さん、AbemaでWWEしてますか? 多くの人がリアタイで楽しんでいる様子がXのTLを賑わせていますが、その盛り上がりを見て、無料だし見てみようかなと思ってる人もいるかと思います。さて、そんなTLの様子を見てると、フジの深夜ぶりに見るとか、昔は見ていた、初めて見るという人も大勢いるようです。 Abemaでは適宜、日本語字幕などで選手の紹介などがされていますが、もう少しだけ詳しくなると、もっと今のWWEが楽しくなるポイントを解説していきます。 【その1:2023年のWWEとはBloodlineである】 今週のRAWでドリュー・マッキンタイアがジェイ・ウーソに対し信頼していない、という旨の発言をしていました。これはジェイがかつてBloodlineに所属していたことに端を発します。 Abemaでの放送では、ジェイがBloodlineを離脱した後から始まっているため、あまりこの関係性について深く語られていませんが、2023年のWWEのストーリーラインの主軸はBloodlineそのものであると言っても過言ではないでしょう。 まず、Bloodlineはワイルド・サモアンズとして知られるシカ・アノアイを父に持つ"トライバル・チーフ(一族の長)"ローマン・レインズ、リキシを父に持つ双子でレインズの従兄弟に当たるジミー・ウーソ、ジェイ・ウーソ、その末弟のソロ・シコアが中心的なメンバーです。 レインズはWWEユニバーサル王座を1130日以上防衛し続ける現在のWWEの絶対的王者です。しかし、その防衛には絆を誓う家族の存在が不可欠であり、レインズのピンチとなれば、Bloodlineのメンバーは介入だけではなく、襲撃などもいとわない無法なヒールユニットとも言えます。 しかし、ここに一人、密告者が加わったのが2022年9月。サミ・ゼインはウーソズと抗争中だったRK-Broらがバックステージで彼らの悪口を言っていたと告げ口したところから始まり、Bloodlineにすり寄るとサミは旧知の仲であるケビン・オーウェンズとも仲違い。徐々にBloodlineの信頼を勝ち取り、名誉メンバーとして受け入れられました。 ですが、2022年最後のスマックダウンでレインズと組んだサミは、オーウェンズ、ジョン・シナ組に敗北、徐々にレインズからの信頼を失っていき、オーウェンズとの王座戦を前にレ

WWE:衝撃!2022年最初のリリースに、ウィリアム・リーガルや鈴木秀樹の名が!!


 

WWEが複数名のリリースを発表しました。

WWE殿堂入りを果たしている"ロード・ドッグ"ブライアン・ジェームズは消費者製品担当上級副社長として働いていたサラ・カミンズと共にいち早く発表されました。さらにウィリアム・リーガルやライアン・カッツの名前も上がっています。

・ウィリアム・リーガル WWEのタレント開発ディレクター兼グローバル採用責任者として同社のメインタレントスカウトとして働いていた。またこの秋までNXTゼネラル・マネージャーとしてTVにも出演していた。

・デイブ・カプーア WWEのストーリーラインではライアン・ジンとして知られる。以前はクリエイティブ担当上級副社長として働いていた。2007年にWWEで働き始め、2020年にフロリダに移住、NXTの舞台裏でフルタイムで働き始めるようになった。

・ライアン・カッツ 長年NXTのクリエイティブプロデューサーを務めたカッツは、NXTのクリエイティブなキャラクター開発やヴィネットに多く携わっていた。ダスティ・ローデスの死去後、プロモクラスを担当しており、数多くのレスラーのキャラクターを向上させたと評価されている。2015年からWWEに所属、MTVの「Wrestling Society X」でGQ Moneyとして知られる。

・スコット・アームストロング ベテランのプロレスラーであり、レフェリーとして知られる。2020年にパンデミックの影響から一時解雇されるまでメインロスターのプロデューサーとして働いていた。昨年秋に復帰、NXTでバックステージを担当。

・ジョージ・キャロル 元MLWとNJPWの社員だったキャロルは2020年にNXTでプロデューアーとクリエイティブライターとして採用された。

・クリストファー・ガイ 元エース・スティールとして知られている。ゲスト・オーチとして働いた後、2019年10月にッウェパフォーマンスセンターコーチとして採用。NXTで試合のプロデュースも行っていた。

・鈴木秀樹 The Diamond Mineのコーチとして登場しており、火曜日に行われていたNew Year's Evilにも出演していました。

・ティモシー・サッチャー NXT TVを欠席している間、コーチとして活動していました。8月24日のNXTでリッジ・ホランドに敗れたのが最後のレスリングで、ストーリー上は喉の負傷により離脱していました。

・ダニー・バーチ 肩の負傷により、2021年はほぼ活動出来なかったもののコーチとしての仕事もしていました。8月下旬に復帰、オニー・ローカン、ピート・ダン、リッジ・ホランドと組んでいたものの、9月にダンとホランドに裏切られ、11月にはローカンとのタッグも解消していました。

・キャシー・コリノ 女子プロレスのベテラン、アリソン・デンジャーとして知られている。5月にゲストコーチとして働いた後、10月にコーチとして契約。スティーブ・コリノの妹。

Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:ビンスの性的不正行為追求を担当していたマンジット・シンとイグナス・ラフードの辞任は、ビンスの復帰に反対しての辞任と判明