Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

新日本:タマ・トンガ、The ELITE、グッドブラザーズへの批判の真相を明かす「多くの人が俺がソーシャルメディア上でやってることを現実と混同していると思う。」


 タマ・トンガはバレットクラブ創設時からのオリジナルメンバーです。それはケニー・オメガとヤングバックスが新日本プロレスで同じ派閥に所属していた数年間も含まれます。The Eliteとの密接な関係にも関わらず、タマはAEWにジャンプする機会を提供された事は無いとAll Real Wrestling Podcastに話しました。

「他の選手にはあったと思う、俺にはなかった。俺は何のオファーも受けなかった。俺は今のままで満足してる。」

タマはThe EliteがAEWの基礎を築く為に新日本を去った事について、何の恨みも無いと言っています。グループのモチベーションを理解すると語りました。

「あいつらがしたことに悪意や反感は持っていない。俺は常にハッスルすること、奮発することに尊敬をしているし、あいつらが費やした仕事も尊敬している。あいつらがやったこと、今やっていることにも敬意を抱いている。」

The ELITEとの最後の数ヶ月はタマや他のバレットクラブのメンバーとのカメラ上での衝突がありました。サブグループは派閥の将来の為に異なるビジョンを持っていたと述べました。

「どんな同僚でも、ある人はこのやり方を好むし、自分は別のやり方を好む事がある。時にはぶつかることもある。でも、それを乗り越えて、前に進むんだ。誰だってそういうものだ。」

タマは昨年1月、AEW、IMPACTのケニー、ヤングバックス、グッドブラザーズの再結成を公然と批判し、見出しを飾りました。自身のポッドキャスとTama's Islandで彼はそのグループを"Bootleg(海賊版) Club"と呼びました。タマはファンが彼の言葉を真剣に受け止め過ぎたと語りました。

「多くの人が俺がソーシャルメディア上でやってることを現実と混同していると思う。俺のおちゃらけた感じとか、しゃべり方とか………分かるよな?こそれがこのソーシャルメディア、プラットフォーム、Twitter、Instagram、Facebook、ポッドキャストの好きなところなんだ。何をやっているにせよ、キャラクターを出しているってわけだ。だから、ファンとしては「彼はキャラクターなのか、それとも本物なのか?どっちなんだ?俺のおどけた態度に、俺が誰かに悪意を持っているんじゃないか」と思う人もいるみたいだ。でも、決してそんなことはない。俺はいつもみんなのためにベストを尽くしたいと思っているんだ。」

Wrestling Inc

 

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!