Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:ダスティン・ローデスが女子選手のテレビ出演時間に喝「時々、彼女達がそのチャンスを得られないのは不公平だが、今、チャンスを掴みつつある。」


 

AEWは2019年の誕生以来、WWEのトップオルタナティブを担ってきました。しかし、トニー・カーンのプロモーションは女子部門の扱いに批判が集まっています。男性選手と女性選手のテレビ出演時間に大きな格差があるのです。女子には世界王座とTBS王座があるにも関わらずです。

AEWのベテラン、ダスティン・ローデスは「Throw Down with Renee Paquette」に出演し、この件に関する意見を述べました。AEW DYnamiteとRampageで女性がもっと取り上げられるようにと言う願いを述べました。

「DynamiteかRampageで2試合出来るようにしたい。不公平だが、我々はそこに到達し、飛躍している。女性タレントはとてもアスレチックで、場合によっては男子と同じかそれ以上の実力があり、素晴らしい事だ。」

ローデスは女性スターはまだ相応の評価を得ていないものの、そこに到達しつつあると言い続けます。

「彼女達はそれに値する。時々、彼女達がそのチャンスを得られないのは不公平だが、今、チャンスを掴みつつある。私が何かを教えるとき、彼女達はそれをきちんとこなす。あの笑顔を参照してください、私の為の報酬です。」

元ゴールドダストとして知られるダスティンは、リング上での活躍だけではなく、コーチとして女子レスラーをサポートしており、働きかけが評価されています。


元WWEライターのフレディ・プリンゼ・ジュニアはAEWに全女子興行の制作を望んでいます。女子部門の話題はAEWの焦点であり、ファンやロスターからも不満の声が上がっています。そこで、女子部門にもっとスポットを当てていく為に、女性だけのショーをポッドキャストの中で提案しました。

同時に、AEWはクロスオーバーから新規契約まで女子部門を強化するオプションを持っている事は確かです。AEW女子世界王者ブリット・ベイカーはIMPACTのデオンナ・プラッツォ、チェルシー・グリーンとの再会を希望していますし、トニー・ストームやタヤ・ヴァルキリーという名前もWWEリリース後のフリーエージェントとして残されています

Sportskeeda

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!