WWE:元MLWレスラー、ランス・アノアイがタマ・トンガについて語る「ハクは俺達のおじさんでタマは俺達のファミリーだ。一人ぼっちのジェイを助けることも出来る」

イメージ
  アノアイ家はTama Tongaを自分たちのものと考えている。 本誌のデイブ・メルツァーが昨日報じたところによると、トンガはWWEに向かっており、一部のファンは彼が到着したときにThe Bloodlineに参加する可能性があるのではないかと考えています。 今月初めのレッスルマニア40の記者会見で披露された 「ザ・ロック」 の家系図にはトンガは登場しなかったが、ハク (トンガ・フィフィフィタ) と彼の息子たちは王朝の一部と考えられています。 元MLWのレスラー、ランス・アノアイは最近、スティーブ・フォールとトンガ、兄弟、父親との家族関係について話しました。 アノアイ氏は次のように述べている。 「ハクは俺達のおじさんだよ。彼を尊敬しています。島の文化に似ていると思います。みんな南太平洋から来たんだ。だから島民は1つの品種のように人間をくっつけているだけなんです。でもね、タマトンガの成長を見たんだ。私は日本にいる間彼らと遊んだ。私たちのスケジュールが合って夕食を食べることを祝福したときはいつでも。そこにはいつも愛がある。本当かどうかは知らないけど。タマトンガがサインしたとネットで読んでいます。彼がそうしたなら、彼のために良いことだ、十分に値すると思う。」 アノアイ氏は引き続き、トンガがRawでジェイ・ウーソと連携することを望んでいると述べた。 「ジェイはひとりぼっちだ。タマは家族だと思っています。だから、ジェイは助けを借りられると思う。特にソロとジミーが壁を乗り越えてジェイを攻撃し続けているのを知っているときに、私はレッスルマニアの試合を信じているので、うまくいけばセットアップ。それが私たちが望んでいることです。」 2人の間に血縁関係がないにもかかわらず、ロックは長い間ハクのことをおじさんと呼んできた。2015年、彼は 「トンガおじさん」 にトラックをプレゼントしています。 トンガと弟のタンガ・ロアは、ゲリラズ・オブ・ディスティニーとしてNJPWで7回のIWGPタッグ王者です。トンガがバレットクラブから追い出された後、グループは現在、ロア、ヒクレオ、邪道、ELPで構成されています。ヒクレオとELPは現在のストロングオープンウェイトタッグ王者です。 ランスは10月にMLWから釈放されました。彼は以前のインタビューで、解雇を求めた理由の一部は、WWEの番組で家族と一緒にい

WWE:リリースされたEVOLVE創設者ゲイブ・サポルスキーが語るトリプルH、WWEとの関係「彼等がいなければ、2016年にEVOLVEは終わっていた」

 

ゲイブ・サポルスキーは、WWEからのリリースを受け、TwitterにてトリプルHとの関係について投稿しました。

かつてWWEは他の全てのプロレス・プロモーションから完全に隔離されており、スーパースターが他団体に言及することがあれば、衝撃的な瞬間と見なされていました。NXTの成長、WWEネットワークへの移行を経て、WWEはインディペンデント・レスラーの雇用を増やし、そこで築いたリングネームを使用、EVOLVEなどの会社で外部ブッキングを受けさせるようになりました。

ゲイブは、EVOLVEの創設者であり、その前はROHのブッカーとしても知られています。ポール・ヘイマンの弟子であり、CMパンク、サモア・ジョー、ブライアン・ダニエルソンなど様々なタレントのキャリアを成長させてきました。近年、トリプルH、ショーン・マイケルズとNXTで直接仕事をしてきました。この数日のリストラの一環としてリリースされ、トリプルHとの関係やインディペンデント・プロレスにおいて何を達成したかったのか語りました。

また、トリプルHがEVOLVEを救った事を信用し、彼とNXTが無ければ2016年にプロモーションは折れていただろうと言いました。

「(ゲイブは、自らの団体と仲間からのリスペクトを3年半に及ぶWWEでの活動で引き換えた、との指摘)その物語は間違っている。HHHとWWEはEVOLVEを救い、それをより大きなプラットフォームに置き、パンデミックの際にはタレントの半数を雇った。そうじゃなければ、EVOLVEは2016年に終了していた。」

「パンデミック前に採用されたり、トライアウトを受けた人全てを含むわけじゃない。インディーズからWWEへの繋がりを築いたことにとても誇りを持っています。そのことで熱烈なインディーズファンが俺を裏切り者だという気持ちも分かるけど、ROHで給料日前のような生活をし、40歳近くで解雇され、住宅ローンと赤ん坊を抱えて無一文になった男が言う事だ。だから、俺はインディータレントがいつかWWEに行けるようにと戦ってきたんだ。好きで信じていた人がそうなるのを見たくなかったんだ。」

「HHHはこれまでWWEで一緒に仕事をしてきた人全員に、俺を側近に加えるべきか尋ねたところ、全員がイエスと答えたんだ。20人くらいか。俺のDMやテキスト、メッセージがこの24時間でどんな感じか見てほしい。それが仲間からの真のリスペクトだ。」

「もし、彼等(これまで一緒に仕事をしてきた人達)が代わりにAEWに行ったとしても、俺は彼等の成功を祝福し、会話やメールをすればその成功がいかに嬉しいかを表現してきた。彼等に聞いてみればいい。炎上目的のバーナーアカウントで誹謗中傷して、それを張り付けてみればいい。」

Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について