国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2022年1月28日金曜日

WWE:フィン・ベイラー、RAWやSDでヒールとしての側面を見せたいと語る「ハンマーロックで学んだ事、そして、日本で学んだ、ただ本当にプロレスをするというコツに立ち戻る事が出来る。」

0 件のコメント :


 フィン・ベイラーはWWEメインロスターにいる間、ベビーフェイスであり、ファンは彼がデーモンのペルソナでない限り、如何に頻繁に微笑んでいるかに注目をしていました。しかし、彼はこれまでとは異なる側面を見せたいと考えており、それは新日本でのバレットクラブでの方法を彷彿とさせます。

「RAWとスマックダウンのレベルで、フィンのヒールとしての側面を鍛えたいと思っているんだ。日本ではたくさんやってきた。NXTでもやろうとしたけど、なんだか違う方向に行ってしまった。俺はヒールとしての行動が大好きなんだ。」

ベイラーは2019年のNXT復帰時にヒールとして活躍し、最終的にNXT王者として二度目の登場を果たしました。今がキャリアの全盛期だと感じているかと聞かれると、まだこれからだ、と答えました。

「少し陳腐化していたと思うし、団体内の政治やライターやそれにまつわるすべてのことに対処して、疲れて、疲れて、なんだか疲れ切ってしまってもういいやってなったんだ。NXTに戻った時に、少し若返ったような気がした。」

「パンデミックの悪影響っていうのもあるけど、ファンを排除してプロレスをすることで、試合のリズムやテンポを変える事も出来る。俺は「イエーィ」とか「ブー」とか「ホーリーシット」とかをもらうために試合をプロデュースするんだ。でもその要素を取り除けば、俺がハンマーロックで学んだ事、そして、日本で学んだ、ただ本当にプロレスをするというコツに立ち戻る事が出来る。パンデミックによってもたらされたネガティブな要素にも関わらず、俺が好きなプロレスに戻る事が出来る。たった1つのポジティブな要素がもたらされたんだ。」

「今はテレビプロレスの限られた時間の枠の中で、いかにして大観衆の前で自分の好きなプロレスを続ける事が出来るか、そのバランスを探っているところです。そのバランスを見つけるのが最も難しいことなんだ」

Fightful

 

0 件のコメント :

コメントを投稿