WWE:ロイヤルランブルの出場選手に驚愕!!現IMPACTノックアウト王者ミッキー・ジェームズの電撃参戦!IMPACT幹部スコット・ダモアが経緯を明かす

 

WWEではロイヤルランブルの季節がやってきました。

毎年恒例のこのイベントは1月29日に開催される予定です。

現在、参加者は下記となっています。

・ニッキーA.S.H.
・アリーヤ
・ナタリア
・ミッキー・ジェームズ
・シェイナ・ベイズラー
・サマー・レイ
・ターミナ
・ダナ・ブルック
・ケリー・ケリー
・リア・リプリー
・リタ
・ナオミ
・ニッキー・ベラ
・ブリー・ベラ
・カーメラ
・クイーン・ゼリーナ
・ミシェル・マクール
・ショッツィ
・シャーロット・フレアー

注目すべきは、ミッキー・ジェームズの名前があることでしょう。現在、IMPACTとNWAに出場している彼女は、現IMPACTノックアウト王者であり、明日1月8日のIMPACT PPV「Hard to Kill」でデオンナ・プラッツォとの対戦が決まっています。挑戦者であるデオンナはROHの最終興行に現れ、ROH女子王者であるRok-Cに、自分がノックアウト王座を手に入れた暁には自身の持つAAAのレイナ・デ・レイエス王座と会わせて3本のベルトを賭けた一戦を行おうと誓っており、ミッキーが防衛するのか、デオンナが奪取するのか注目が集まっている一戦です。

IMPACT幹部スコット・ダモアはIMPACTのウェブサイトで「WWEがそれを望み、ミッキーが望み、IMPACT Wrestlingの哲学は常に他の主要なプロモーションと協力して、ファンのために話題を作る事です。全てはWWEとIMPACT Wrestlingの間で署名され、合意されています。唯一の問題は、ミッキーがWWEで最も歴史的な年間試合の1つに、現役のノックアウト世界王者として参戦するかどうかです。」

ミッキーは2020年4月にWWEから解雇された際、自身の荷物がゴミ袋に詰められて送られた事件があり、団体から謝罪を受けたという経緯があります。

その他にも、リタやベラ・ツインズなど懐かしい名前もあります。

ベラ・ツインズは2018年以来、レスリングをしていません。昨年9月にニッキーは医師から「生涯引退のベンチ」に入れられたと語っており、11月にもリングに戻ることが出来るかどうか分からないと語っていました。

また、リタも2018年以来、レスリングを行っていません。


Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???