国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2022年1月7日金曜日

WWE:サモア・ジョーのリリースに対する本人の声明、バックステージのリアクション!本人はリングに戻るのを希望しているのか??

0 件のコメント :

 

 水曜日に始まったWWE NXTとWWEパフォーマンスセンターの大改革の一環として、サモア・ジョーはWWE NXTとの契約を解除されました。ジョーはそれ以来、ソーシャルメディアのトレンドトピックになっています。

ジョーはリリースを受け、Twitterで声明を出しています。

「この数ヶ月感、一緒に仕事をすることができた若くて素晴らしい才能ある人達に、幸運と感謝を捧げます。ただ、彼等の継続的な成長と達成を見る為の"口実"が失われた事が悲しい。私は彼等の未来にとても興奮しています……そして、私も」

Fightful Selectによる最新情報では、WWEパフォーマンスセンターのタレントは実際には水曜日にジョーのリリースを聞いたものの、今日まで表立って流されていなかったようです。ジョーのリリースはWWE外にも伝わり、少なくとも1人の元WWEタレントが今晩発表になる前にその事を知っていたようです。

WWEの人々の間では、NXTの2013年から2021年のビジョン、トリプルHが築いたものをさらに解体する一環としてリリースされたという認識があり、水曜日にリリースされたウィリアム・リーガルなどトリプルH時代の一員であったベテラン社員と一致するものです。

怪我からの回復中にいたRAWアナウンスチームから外され、4月に再びリリースされた後、トリプルHが7月にリーガルのGMキャラクターの執行者としてNXTに呼び戻しました。その後、カリオン・クロスからNXT王座を奪取するためにリングに戻ったものの、非公開の負傷により欠場、獲得直後に王座を放棄しなければいけませんでした。パフォーマンスセンター関係者は、王座返還後、9月中旬に活動休止となってから数週間で、リング復帰の話題はあまり出なくなり、新しい役割にうまく馴染んでいたと指摘していますが、一部ではリーガルが放出されるなら、ジョーも同時にカットされるのではという意見もありました。

また、WWE内部では、ジョーがWWE以外でレスリングキャリアを続けるのではという感じもあり、今夜リリース後に出された本人の声明でもそれを予告しています。ある上層部はジョー自身がこの状況を「可能な限りプロフェッショナルに処理し、彼がここで過ごした最後の数年感を考えると、言うは易く行うは難し」だと指摘しました。

ジョーが今後、どのような計画を立てているのか、またどのような競業避止義務があるのかについてはまだ不明です。

Wrestling Inc

0 件のコメント :

コメントを投稿