Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:タヤ・ヴァルキリーがAEWを視野に?オーエン・ハート・カップへの出場に「カナダ人として、私は間違いなくトーナメントに出るべきだと思う。」


 タヤ・ヴァルキリーは11月4日にWWEからリリースされ、現在フリーエージェントとなっています。既にAAAやジッキー・ダイスのOutlandish Paradiseなどの複数の日程が決まっており、ファンは彼女がいつアメリカのメジャープロモーションと契約するのか疑問に思っています。East Coast Auctionsのサイン会で彼女はAEWにいく可能性について質問されました。

「もちろん、私はAEWに行くでしょう。AEWは他とは違う事をしているし、あそこには、私の仲間や親友、フェニックスとペンタゴンの兄弟もいます。何故でしょう?何が起こるか注目していてくださいね」

(ヴァルキリーは元々、AAAでも活動しており、顔馴染みの仲間も多い)

また、AEWの話題でヴァルキリーはオーエン・ハート・カップへの出場について聞かれました。彼女は「カナダ人として、私は間違いなくトーナメントに出るべきだと思う。」と述べました。(AEWで開催されるこのトーナメントは、男子部門と女子部門とに分かれて開催される)AEWと契約しているもう1人のカナダ人としてアリー(ザ・バニー)を挙げ、トーナメントにはもっとカナダのフレーバーが必要だと述べました。

その後、IMPACTへの復帰と一般的な彼女の将来について質問されました。

「待つしかありません。あなたと約束をします。可能な限り最善な方法がとられます。私は、私が幸せになるもの、私の家族のため、私の為に最高の場所であるかを理解するために私の時間を利用しています。待つだけの価値があるはずです。」

彼女は2017年から2021年IMPACTに所属し、ノックアウト王者として1度の在位期間が最も長い選手です。ノックアウト王座はWWEでロイヤル・ランブル出場が決まったミッキー・ジェームスが、AAAのレイナ・デ・レイエスはIMPACTに所属するデオンナ・プラッツォが保持しています。また、1月15日のOutlandish ParadiseではAEW所属のサンダー・ロサとの対戦が決まっています。

Fightful

 

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!