AEW:タヤ・ヴァルキリーがAEWを視野に?オーエン・ハート・カップへの出場に「カナダ人として、私は間違いなくトーナメントに出るべきだと思う。」


 タヤ・ヴァルキリーは11月4日にWWEからリリースされ、現在フリーエージェントとなっています。既にAAAやジッキー・ダイスのOutlandish Paradiseなどの複数の日程が決まっており、ファンは彼女がいつアメリカのメジャープロモーションと契約するのか疑問に思っています。East Coast Auctionsのサイン会で彼女はAEWにいく可能性について質問されました。

「もちろん、私はAEWに行くでしょう。AEWは他とは違う事をしているし、あそこには、私の仲間や親友、フェニックスとペンタゴンの兄弟もいます。何故でしょう?何が起こるか注目していてくださいね」

(ヴァルキリーは元々、AAAでも活動しており、顔馴染みの仲間も多い)

また、AEWの話題でヴァルキリーはオーエン・ハート・カップへの出場について聞かれました。彼女は「カナダ人として、私は間違いなくトーナメントに出るべきだと思う。」と述べました。(AEWで開催されるこのトーナメントは、男子部門と女子部門とに分かれて開催される)AEWと契約しているもう1人のカナダ人としてアリー(ザ・バニー)を挙げ、トーナメントにはもっとカナダのフレーバーが必要だと述べました。

その後、IMPACTへの復帰と一般的な彼女の将来について質問されました。

「待つしかありません。あなたと約束をします。可能な限り最善な方法がとられます。私は、私が幸せになるもの、私の家族のため、私の為に最高の場所であるかを理解するために私の時間を利用しています。待つだけの価値があるはずです。」

彼女は2017年から2021年IMPACTに所属し、ノックアウト王者として1度の在位期間が最も長い選手です。ノックアウト王座はWWEでロイヤル・ランブル出場が決まったミッキー・ジェームスが、AAAのレイナ・デ・レイエスはIMPACTに所属するデオンナ・プラッツォが保持しています。また、1月15日のOutlandish ParadiseではAEW所属のサンダー・ロサとの対戦が決まっています。

Fightful

 

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???