Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:ビッグ・スウォールが投げかけた人種平等問題、謝罪を求めてたリオ・ラッシュがトニーと緊急会談し、和解。


 リオ・ラッシュは、トニー・カーンと会話し、AEWの人種平等に関して将来を安心していると語りました。

ビッグ・スウォールがAEWから離脱する事を選んだ理由の中に多様性の欠如と構造があったと説明したのに対し、トニー・カーンはTwitterで会社が多様であると信じる全ての理由を挙げて、毛の女の契約満了を許可したのは、彼女自身のリングでの能力に対する信頼の欠如であったと述べました。このツイートに対し、リオ・ラッシュはトニーに謝罪を求めるなど、何人かがこの話題について自分の気持ちを率直に語っていました。

リオはこのツイートの後にトニー自身と会話し、社会的平等に関する会社の将来について安心しており、会社をより良くする為に積極的にアプローチしていくとTwitterで語りました。

「これだけははっきりさせておきたい。俺はこの問題を多様性の問題だとは思っていないし、AEWやトニーが人種差別主義者だと思った事も行った事もない。プロレス全体、そして、AEWのロスターが常に多様であることは、俺達全員が明確に理解出来る。今回の問題は、人種的な無神経さの問題だ。トニーとメガと会話し、俺達は黒人社会の苦労をさらに理解する努力に付いて話し合った。トニーとメガ自身の民族的背景をより理解できるようになったことに感謝し、アフリカ系アメリカ人の視点からの意見を積極的に取り入れている事を嬉しく思っています。このような社会的平等を実現しようとする上司や会社のもとで働ける事を誇りに思います。これからもトニーと一緒に、ポジティブな変化への一歩を踏み出して行きたいと思っています。2022年があらゆる面でポジティブな変化の年となる事を祈ります。良いお年を、そして、GOD BLESS」




Fightful

 

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!