ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

AEW:MJF、プロレスで成功したのは"白人"の特権と言われブチギレ!!「600万人以上の同胞が悪意を持って殺されたのに、特権階級だと思うのか?」


 AEWのマックスウェル・ジェイコブ・フリードマンはテレビでは口うるさいヒールとして知られていますが、ソーシャルメディアでもその口のうるささは止まりません。しかし、今回の例では、彼自身がユダヤ人としてAEWでの自分の居場所を守る為でした。

MJFが自身の自撮り写真に「born better」というキャプションをつけると、この投稿のコメントにMJFがプロレスで成功した理由として、白人で権利があると指摘しました。MJFはこれにこのように返信しました。

「"努力"が白人のレスリングでの成功において何の関係もない事を認めてくれて嬉しいよ」

このユーザーは最終的にそのツイートを削除しましたが、MJFから彼がAEWにどのように多様性をもたらしているかについて教育を受けた後ではありませんでした。

「ユダヤ人を攻撃し、礼拝所を破壊する反ユダヤ人やクランズマンが、俺を普通の白人だと思っているのか?600万人以上の同胞が悪意を持って殺されたのに、特権階級だと思うのか?マイノリティである俺の事を話すのはクールじゃないのが残念だ。」

「会社を多様化させるというあなたのカテゴリーに当てはまらなくてすいません。」

「俺はお前のいいねもクソみたいなスタンプも必要じゃない」

と最後はヒール節全開でブチギレました。

Wrestling Inc

 

コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!