Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

GCW:マット・カルドナ「これは俺のレッスルマニアだ」ジョーイ・ジャネラとの試合は壮絶な一戦に!元カート・ホーキンス合体!X-Pacも登場!!


 

マット・カルドナはGCWManiaへの準備が整っています。

WWEで元ザック・ライダーであるマット・カルドナは1月23日にハマースタイン・ボールルームでジョーイ・ジャネラと対戦します。

トリプルH、ショーン・マイケルズ、リック・フレアー、アンダーテイカーなどとリングに上がったカルドナは今回は彼のキャリアの中で最も特別なショーの1つで、レッスルマニアと比較しているそうです。

「このショーは俺にとって、多くの理由で超特別なものなんだ。俺がGCWに来た時、正直、俺なしではハマースタインを完売させることなんて出来なかったと思うし、俺が作り出した話題性もあった。だから、彼等は皆、俺に感謝をするべきだ。ブレット・ローダーテールは、このインタビューが終わった後、個人的に俺に電話をかけてきて、俺に感謝をし、お礼を言うべきだ。」

マットにとって、このショーはレッスルマニアと同じくらい壮大である必要があり、彼は既にその理由の1つ、2つを知っています。

「超偉大な、素晴らしいことが待っています。誰も知らない特別なことにGCWは取り組んでいます。これは俺のレッスルマニアだ、ベイビー。マニアのエントランスはハマースタイン・ボールルームで行うつもりだ。両親もそこに連れて行く。バルコニー席でGCWのファン達と一緒に床には座って欲しくない。蛍光灯やピザカッターみたいな野蛮なものばかりだ。もっといい席で、もっといい景色で、出来れば誰も俺の両親を襲おうとしないようにしてほしい。」

マット・カルドナとジョーイ・ジャネラの試合は想像出来る限りの悪ふざけと奇策で埋め尽くされていました。スマート・マーク・スターリングが「Vince」ビンス・マクマホンのテーマ曲が流れれば、バージルはビンス・マクマホンのマスクを被り、ジャネラの気を逸らすと、さらにリング下からホーンスォーグルも現れました。マルコ・スタントとチェルシー・グリーンも体を張りましたが、最後に現れたもとエッジヘッズ、元カート・ホーキンス、ブライアン・マイヤーズが2006年のワン・ナイト・スタンドでエッジが着ていたようなトレンチコート姿で現れるとジャネラを襲撃して勝利。

カルドナとマイヤーズはそのままジャネラを襲撃しようとするも、そこに現れたのは"X-Pac"ショーン・ウォルトマン、カルドナにXファクターを叩き込んで助けると、ジャネラと祝杯をあげてみせました。

Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!