Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:ブリット・ベイカーは現在はForbidden Doorを越える必要すら無いと話す!トニー・ストームを名指しで対戦希望!!


 ブリット・ベイカーは、最近WWEで多くのリリースが発生した事で、プロレスの世界で「Forbidden Door」は少なくなったが、チャンスはもっと増えていると語りました。

彼女はAEW女子部門の顔です。現世界王者である彼女は女子部門の食物連鎖の頂点であり、現在同部門のトップ5にランクインしている選手は全員、ブリット・ベイカーに敗れています。またAEWはフリーエージェントや他プロモーションとの協力関係を活用し、所属タレントの新鮮なマッチアップを確立することで知られています。しかし、女子部門ではあまり大きな規模でのクロスプロモーションはあまり行われていません。

In The Kliqポッドキャストでベイカーは、この数年のWWEからのリリースにより「Forbidden Door」を超えて交差すると考えているか、IMPACTのデオンナ・プラッツォなど共に仕事をしたい重要な選手の名前を挙げました。

「私は、私の親友であり、現在最高の女性レスラーの1人であるデオンナ・プラッツォの名前を挙げます。彼女はiMPACTでレスリングをしています。彼女とロックアップしたい。ここで流れを変える訳ではありませんが、WWEは多くのタレントをリリースしているので、今は「Forbidden Door」を越える必要すらありません。今、フリーエージェントに驚く程才能のある人達もいます。今までレスリングしたことのない選手もたくさんいます。」

ベイカーは、最近リリースされたトニー・ストームについて、彼女は世界最高のレスラーの1人だと考えており、いつか彼女とリングに上がり、それを証明したいと語りました。

「トニー・ストームは女子レスラーのトップについて語る時に、彼女の名前が思い浮かばないなら、プロレスを見ていないに等しいと思う、彼女は絶対で、驚異的だから。彼女は世界中でレスリングをしています。私はまだ彼女とレスリングをしたことがない。どうにかして、どこかで、彼女とロックアップしたいの。」

トニー・ストームはシャーロット・フレアーの持つスマックダウン女子王座に挑戦した後、WWEからのリリースが許可されています。報道では、やるべき事をやり尽くしたと述べているとされていますが、実際にこのまま引退してしまうのかは定かではありません。

Fightful

 

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!