国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2022年1月16日日曜日

WWE:流血戦を辞さないAEWに対して、自分達とは全く異なるビジネスであると牽制!

0 件のコメント :


 WWEはAEWが自分達とは全く異なるビジネスを展開していると考えています。

2019年にAEWが発足して以来、WWEと比較する会話がファンや識者を交えて交わされてきました。業界関係者の一般的な意見は、競争のメリットを強調するポジティブなものでしたが、いくつかのジャブが放たれた事もありました。最も顕著な例は2019年第二四半期決算の中でビンス・マクマホンが直接的にAEWが「blood and guts」を継続しないよう望むと発言し、TNTがそれに我慢出来るかどうか分からないと指摘した件です。

WWEはStarに提供した独占声明でも、AEW Rampageで行われた血みどろの女子タッグマッチに言及しています。ペネロペ・フォード、ザ・バニーがタイ・コンティ、アナ・ジェイに挑んだニューイヤー・スマッシュで、両者血まみれになる壮絶な戦いを見せました。

「12月31日のTNTでのイベントで何人かの女性が血まみれになった自傷行為を見れば、これらが全く異なるビジネスであることはすぐに明らかになります。我々は"アティテュード"時代にエッジの効いた製品を持っていたが、2022年の世界では危険で残忍なディスプレイのあのタイプは、ネットワークパートナー、スポンサー、会場、子供、または全体として一般市民にアピールしているとは思わない」

AEWのタレントは放送内でWWEに対して軽微なショットをいくつか行っているが、競争相手ではなく、代替物として見ている事を常に維持しています。また、トニー・カーンはWWEから今後、AEWのレスラーが映っているようなコンテンツ、伝記的なコンテンツへの起用についても連絡があったことを明かしています。

Fightful

 

0 件のコメント :

コメントを投稿