国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2019年12月5日木曜日

12.5 AEW Dynamite Ep10 試合結果 ジャネラとモクスリーのハードなコア戦の行方は!

0 件のコメント :





▼ヤングバックス、ダスティン vs インナーサークル

昨日公開されたDARKのラストでも激しい攻防を見せたインナーサークルとThe ELITE。ヤングバックスの後に出てきたダスティンは花道でマッチョマンポーズ。衣装もヤングバックスに合わせ、ワッペンや足下のフリンジをつけた新衣装。

ダスティンとゲバラ、ゲバラの速いロープワークも難なく対応するダスティン。一度は互いに交錯するも、The ELITEが圧倒。マットが鉄柱越えのトペ、ニックがトップロープのトペを見せると、ダスティンもエプロンを走ってのコンヒーロ協奏!PNPが上手く介入し、流れを取り返す。


ダスティンが大暴れ、リングに入ってくるPNPをパワースラムで次々と投げ捨てるも、ゲバラには息切れをしたと一旦ストップさせる。だが、走ってきたゲバラをパワースラム。コーナーに上がってダイビングボディ!さらに、ゲバラに対し、ゴールダスト時代を思わせる呼吸ポーズからのカナディアンデストロイヤー!!サンタナが滑り込むと、形勢を入れ替えたゲバラが630°セントーン、これをカウント2で返す!

ヤングバックスが一気にギアを上げて、リング内外で空中技を連発。会場が一気にヒートアップ。しかし、PNPも逆転。ゲバラがスマホを取り出してコーナートップからの空中技を狙うもヤングバックスのスーパーキックで撃墜。リング中央に落ちたスマホをダスティンが拾って、自撮りしながらのThe ELITEのスーパーキックパーティー。PNPが滑り込むも、2人ともパイルドライバーに捉えられる。ニックがコーナーからパイルされるPNPへドロップキック、その反動を使ってのセントーンでゲバラを押しつぶして3カウント!

ダスティンが八面六臂の活躍。ベテランにここまでさせるか。

▼トレント vs レイ・フェニックス

トレントにはベストフレンズの相棒チャッキーT、オレンジ・キャシディが付く。 ルチャ・ブラザーズはシングルでの戦いでランキングに影響をしているので、ここはしっかりと勝ちたい。

早々にお互いにフィニッシャーを狙う2人。フェニックスはロープフェイントからの上段回し蹴り、これをトレントがかわし、睨み合うと客席から歓声。コーナーでの攻防、セカンドロープに登ったトレントの足をタイガーフェイントで刈る荒技、トレントは後頭部をターンバックルに叩き付けてしまう。

エプロン際、リング内から体を乗り出したトレントにアッパーカット、場外から走り込んでのキック。さらにトップロープとセカンドロープの間をくぐり抜けて着地から飛び上がってのフロッグスプラッシュとフェニックスが畳み掛ける。しかし、コーナーからのボディアタックはトレントがドロップキックで迎撃。

場外の攻防、フェンスに投げつけられるもすぐさま振り向いてのタックル。エゲツない音がしてフェニックスは頭を押さえて動けない。モンキーフリップから手を離さず、もう1度狙うもこれをトレントはウラカン狙い、フェニックスはさらにパワーボムで切り返す。ロープにもたれたトレントの側頭部をロープ上を走っての膝蹴り、トレントは倒れずクローズラインで反撃。エプロンでの攻防、ハーフダウンのトレントにフェニックスはコーナーを駆け上がり後頭部を踏みつける。

ダウンしたトレントにフェニックスはコーナートップからアタック。これを膝で迎撃。リング中央、ランニングニーからパイルドライバー、2カウント 。ロープに走ったトレントをカッターで止め、コーナーでの反転してのローリングソバット。一気に抱え上げるとブラック・ファイヤ・ドライバーで3カウント。

試合後も言い合う2人、チャッキーTにも言いがかりをつけるフェニックス。トレントが突き飛ばす。一度はチャッキーTが介入するも、再度襲いかかるトレント!


映像は切り替わり、バックステージを歩くコーディ

▼怒れるコーディ

コーディ、リングに登場。妻は女子部門に新しい風を起こそうとしてるなどを上げながら、MJFを非難。MJFの上げた”コーディとは試合をしないという”ツイートをあげつらい。お前と試合するなら、乗っている車も付けていた時計も靴も用意させた現金も何でもやるとリングに投げ捨て、現金紙幣を1枚そのままリングサイドの子供に渡す。客席はこの熱意を大歓声で応える。








▼ハードコア対決なるか

ジャネラが意気揚々とプロモーション。しかし、現れた対戦相手のモクスリーは一瞥をくれると「ガキか」と一言。

▼今宵のライブラリアン劇場

ピーターがいつも通り、客を罵ると、レヴァがマイクを取り上げ、ピーターを激しく諌める。バツが悪そうな顔のピーター。

映像切り替わり、インターネットでヘイトを書き連ねる男性。自己啓発から新興宗教的なCMを打ち続けてきたダークオーダー、今回の映像ではついに宗教的な儀式。体格のいい男性を何人もで取り囲む。

先週、シェナを襲撃したナイラ・ローズ。ゴング即顔面を蹴り込まれるレヴァ。ロープに体を預けたレヴァ、コーナートップから飛んだナイラの膝が後頭部を抉る。パワーボムの体勢、ピーターが思わずリングに入るも、ナイラは立てた人差し指を掴んで折りにかかる。レヴァは背後から本で殴り掛かるも効かず。コーナーからピーターが飛んでくるも、そのまま掴んで、同時に投げ捨てる。レヴァを特大のライガーボムで叩き付けると、試合終了。一度花道に戻ろうとするも、帰ってきて、さらにライガーボム!!ナイラは腹部にベルトを巻くポーズでアピール。

ここで乱入したシェナがコーナーから、先週のお返しとばかりにドロップキック。しかし、ロープに走ったところを捉えたナイラがカナディアンの体勢から前方に叩き付ける。さらにテーブルを取り出して、シェナを投げようとするが、レフェリーが阻止。握手を求めたと見せかけてレフェリーをテーブル葬。さらにその上へシェナを投げ捨てると、客席からはHolly shitの大合唱!

▼ジェリコ'sリスト再来

ヘイガーを引き連れリングに現れ、"Little Bit of the bubbly"のCM。選手の名前を使った新たな辞書を作ってきたという。"Lexicon of le champion"次々と選手の名前を呼んでいくが、口汚く罵っていく。

ここで、ジュラシック・エクスプレスがリングイン。ジェリコは済まない。君たちはここには載っていないと返すが、マルコが持ってきたマイクでルチャ・サウルスが喋り出す。マルコを推すも、ジェリコはジャングル・ボーイに興味がある。お前は父親が有名な俳優(『ビバリーヒルズ青春白書』で知られるルーク・ペリー)だから応援されている、10分は持たないと煽る。ジェングル・ボーイはマイクを奪うと「あんたのケツを蹴り飛ばしてやる」と返し、なんと平手打ち。大歓声の中、ジェリコをドロップキックでリングから追い出す。

顔を真っ赤にしてリングに物を投げ込みながら、花道を戻るジェリコ

▼新たな戦いの始まり

クリス・スタッドランダーと志田の一戦。先週、組んだものの負けてしまった2人。志田は現在、女子ランキング1位。

ロックアップ、フェイスロックをネックスプリング一撃で抜けるクリス。先週は分からなかったが、クリスは謎の宇宙人キャラ。側転の連続から志田の額に指で触れる。志田を場外に落とし、エプロンからムーンサルトを狙うクリス。これを除け、椅子をステップしてのニーを狙うが、クリスはこれを受け止めフェンスに叩き付ける。リングに戻り強烈な顔面ウォッシュ。 ローリングクレイドルからカウントは2。

エプロンでの攻防、堪えた志田が場外のクリスへ走り込んでの膝。リングに戻してコーナーからのドロップキック、2カウント。クリスが風車式バックブリーカーを繰り出すも、志田はさらに腕を取って腕固め!フジワラアームバーがすらすら出てくる解説。

走り込んでの膝を掴んで阻止。延髄蹴りから肩に担ぎ上げての高角度フェイスバスター、さらにシザーズキック。これを2カウント。志田は反撃に転じ、強烈な膝!

しかし、回転式みちのくドライバーⅡ。パイルドライバーから3カウント、クリスが勝ち名乗りを受けようとしたところ、会場が暗転。オーサムコングとブランディ・ローズがヒット!!リングに上がってくると、ここで自分達の仲間、ナイトメア・コレクティブになるか、髪の毛を失うかビジネスをしようと言う。しかしリングサイドから現れたソーニャ・デビルがブランディの仲間になることを懇願。オーサムコングが髪の毛を刈り、これを受け入れる。非常にフェティッシュだが、チャットでは不評の模様。

▼ペンタゴンJr.、クリストファー・ダニエルズ、遺恨清算マッチの行方は!

後から入場したペンタゴンJr.にいきなりコーナーから襲いかかるダニエルズ。しかし、花道でこれを切り返したペンタゴンJr.はさらに助走をつけてのトラースキック。リングに戻ると、ペンタゴンJr.がゴングを要請。

コーナー、セカンドロープに足をかけてたダニエルズの足を蹴り飛ばし、宙づりに。コーナーに上がったペンタゴンJr.が踏みつける。ペンタゴンJr.の強烈なチョップ、客席からはもう1度とコールが起きるも、目つぶしでフェイント。

リング中央、エルボーの攻防。 しかし挟み込んだキックでペースを握らせないペンタゴンJr.。コーナーでの攻防から一瞬の隙をついて切り返すダニエルズ。一気に畳み掛けるもカウント2。ペンタゴンもロープに走ってのスリングブレイド、カウント2。コーナー際、走り込んできたところを後ろに回って、ペンタゴンJr.のバックスタバー、これでも決まらない。

花道から飛びついてのカナディアンデストロイヤーは阻止。しかし、ダニエルズもトップロープの反動を利用してのムーンサルトを失敗してしまう。

Xでフォールを狙うも、レイ・フェニックスがバックステージから入ってきて、レフェリーが3カウントを取らない。ダニエルズが持ち込んだマイクスタンドでペンタゴンJr.が殴り掛かるも、避ける。ダニエルズはマイクスタンドを手にするも、これは使わず投げ捨てた。レフェリーの視線が逸れた瞬間、金的からパッケージパイルドライバーで3カウント。


The Bucher & The Bladeの映像。「全員を地獄にたたき落とす」とアリーが喋る。コーディだけが目標ではないということか。MJF達と組むと厄介なユニットがまた増えそうな空気。

▼ジャネラvsモクスリー、ハードコア最新型バトル

先日掲載したインタビューでも、インディーでやってきたことを誇るジャネラ。モクスリーはそれをぶっちぎるように、バックステージの映像から客席に現れ、大歓声を起こすメジャーレベルのトップレスラーの風格を見せつける。

ゴング、組み付くと、バックを奪い一気にテイクダウン。背中を踏みつけ、余裕を見せるモクスリー。フィジカルの違いで圧倒していく。しかし、ロープワークからのエルボーでモクスリーを倒す。挑発するジャネラ。リング中央、逆水平合戦、モクスリーの一撃にどよめき。

花道に飛び出した両者、花道から振られてロープに返ったジャネラ。待ち構えたモクスリーのクローズラインで一回転!!カメラにアピールし、ロープに駆け上がったモクスリーに大歓声が集まる。ジャネラの両足を掴んで腹部を蹴り飛ばしたモクスリーは、体を反転させるとその足をロックしながらのフェイスロック!ジャネラは指に噛み付いて、これを逃れる。

場外での攻防。エプロンに背中を打ち付けると、モクスリーは再びチョップ、強烈な音。ジャネラは反対にフェンスにモクスリーを叩き付ける。

リングに戻り、ジャネラを叩き付けたモクスリーの執拗なフォール。これを全て返したジャネラ。花道に進んだモクスリーが花道でのパラダイムシフトを狙うも、ジャネラが逃げる。リング内に着地すると反対のロープに走って、場外のモクスリーへのスイングDDT。モクスリーは花道に顔面を打ち付けて動けない!

ジャネラは場外のモクスリーに対し、鉄柱を飛び越えてのダイブ!!"Holly shit"と"This is Awesome"の連呼、エプロンに上がったモクスリーに対し、コーナーからジャネラが狙うも、反対側からモクスリーが上がっていく。危険な場所での攻防、ジャネラの両腕をロックしたモクスリーはコーナーのターンバックルに叩き付ける危険なパラダイムシフト!リング中央で再度正調式のパラダイムシフト!これで3カウント。

勝ち名乗りを受けると、ジェリコのテーマがヒット!!!!先週、モクスリーが現れたように観客席からインナーサークルを引き連れ、睨み合う!!


関連:【AEW:ジョーイ・ジャネラ「AEWと契約したのはケニー・オメガと試合をするため」、これまでのこと】



https://www.wrestlingismylife.fun/search/label/AEW




0 件のコメント :

コメントを投稿