Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AAA:AAAメガ王座戦!ケニーとドラゴン・リーの夢の対決!



AAAのビッグマッチで、レイ・フェニックスから奪取、先週のAEW Darkでジャック・エバンスを相手に防衛戦を行ったAAAメガチャンピオン王座をかけ、ケニー・オメガがドラゴン・リーを迎え撃つ。
新日本のリングでは直接交わることのなかった両者だが、それ以上に1年前はケニーはAEWの所属ではなかったし、ドラゴン・リーに至っては反対側の団体CMLL所属だったわけだから、このAAAのリングに上がるなぞ予想だにしなかった事態としか言いようが無い。

AEWでもケニーはモクスリー、PACとの戦いが主であり、シングルの試合は今年かなり数が少ない。一方、ドラゴン・リーはCMLLを離れた後もROHを中心に活発に活動もしており、どのような試合になるかと期待が高まった。




AAAのビックマッチといえば、この6面体リング。かつてTNAでも採用されていたこのリングだが、闘龍門を見ていた方ならT2Pのリングといえば、分かりやすいだろうか。
一辺の距離が短い分、ロープワークも変則的に。

TNAで戦ってたAJスタイルズ、クリストファー・ダニエルズ、サモア・ジョーはかなり独創的な使い方の印象。

しかし、それを上回るような速度のドラゴン・リーのトペが突き刺さる。


"ガイジン"チャンピオンらしく憎たらしく観客を煽るケニー。ルチャは日本以上にメキシコ人vs外国人となると白熱。普段はルードの選手でも、メキシコ人だったらテクニコとして扱われる。


試合は、クロイツ・ラスからのVトリガー、片翼の天使のフルコースでケニーが勝利。

詳細は分かり次第アップデートします。




https://www.wrestlingismylife.fun/search/label/AEW




コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!