AAA:AAAメガ王座戦!ケニーとドラゴン・リーの夢の対決!



AAAのビッグマッチで、レイ・フェニックスから奪取、先週のAEW Darkでジャック・エバンスを相手に防衛戦を行ったAAAメガチャンピオン王座をかけ、ケニー・オメガがドラゴン・リーを迎え撃つ。
新日本のリングでは直接交わることのなかった両者だが、それ以上に1年前はケニーはAEWの所属ではなかったし、ドラゴン・リーに至っては反対側の団体CMLL所属だったわけだから、このAAAのリングに上がるなぞ予想だにしなかった事態としか言いようが無い。

AEWでもケニーはモクスリー、PACとの戦いが主であり、シングルの試合は今年かなり数が少ない。一方、ドラゴン・リーはCMLLを離れた後もROHを中心に活発に活動もしており、どのような試合になるかと期待が高まった。




AAAのビックマッチといえば、この6面体リング。かつてTNAでも採用されていたこのリングだが、闘龍門を見ていた方ならT2Pのリングといえば、分かりやすいだろうか。
一辺の距離が短い分、ロープワークも変則的に。

TNAで戦ってたAJスタイルズ、クリストファー・ダニエルズ、サモア・ジョーはかなり独創的な使い方の印象。

しかし、それを上回るような速度のドラゴン・リーのトペが突き刺さる。


"ガイジン"チャンピオンらしく憎たらしく観客を煽るケニー。ルチャは日本以上にメキシコ人vs外国人となると白熱。普段はルードの選手でも、メキシコ人だったらテクニコとして扱われる。


試合は、クロイツ・ラスからのVトリガー、片翼の天使のフルコースでケニーが勝利。

詳細は分かり次第アップデートします。




https://www.wrestlingismylife.fun/search/label/AEW




コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???