Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:12.19 AEW Dynamite 試合速報1 マイケル中澤がPACに連れ去られる!激怒のケニー!


※テストで前後半で記事を分けています。後半の記事は別記事にてアップされます。

▼ルチャ・ブラザーズ vs ケニー、アダム・ペイジ

先週フィニッシュの直前に不可解なタッチをし、自らの勝利にしたペイジ。リング上では目を合わせる事もなく去ったものの、バックステージではケニーに対し謝罪をしていた様子がYoutubeでフォローされていた。

ケニーとフェニックスからスタート。なかなか組まない両者に観客からチャント。一転、高速ロープワークで両者が交錯。タッチしたペイジとペンタゴンJr.。カウボーイ、セロミエドチャントが大爆発。観客は出来上がってる状態。タッチはあえて大きくしているのが分かる。ケニーとペイジはサンドイッチチョップ、ダブルチョップの連携を見せると、おそるおそるハイタッチ。ケニーが場外への特大コンヒーロ!!AEWコールが巻き起こる。


 パッケージパイルドライバーを仕掛けるペンタゴンJr.。なんとか逃れたペイジがエプロンに立つと、フェニックスがこっそり足を掴んでペンタゴンJr.をサポート。コードブレイカーの形で固定したところへコーナーからフェニックスが背中へミサイルキックを突き刺す。

ルチャ・ブラザーズの高速連携、足払いから次々と体勢を入れ替えながら攻撃を仕掛けると、ペンタゴンJr.が場外に引きずり出した直後にリング内からフェニックスのスイシーダ!

両者ダウン、ケニーがタッチしようとしたところ、ペンタゴンJr.がペイジを突き落とす。自軍コーナーでケニーの首を絞めると、フェニックスはレフェリーのオードリーを掴んでブラインドを作る。なんとかタッチしたペイジは1人で2人を相手、次から次と場外へ飛び出していく。

ルチャ・ブラザーズのコンビネーションに捕まってしまうペイジ。コーナーに控えるケニーも適宜カットしていくため、なかなかタッチできない。しかし、雪崩式のフォールウェイスラムで逆転するとなんとかタッチ。コーナーダウンするペンタゴンJr.に対しパワーボムでフェニックスを叩き付ける。

パイルドライバーを避けたケニーだったが、ここで誘い込んだペイジのクローズラインが誤爆!!畳み込まれるようにルチャ・ブラザーズのが炸裂、ケニーはそのままカウント3。リングに戻ってきたペイジはケニーに対し、何故負けたんだと罵る。これにケニー

PACはバックステージからの映像、「ケニー、俺が誰か思い出せ?」とアピール。そのまま男性更衣室に入ると、そこにはマイケル中澤の後ろ姿。 口元に指を立て、そっと中に入る。事態を把握したケニーはリングを飛び出すと客席をかき分けバックステージへ。しかし、さっきの部屋にはマイケルの姿はもうない。廊下に出たところでルチャ・ブラザーズが襲撃。追いついたペイジがこれを追い払うとケニーは苛立ちを隠せない。

さらに、廊下をスケートボードで移動するボビー・アリンの姿。先週、コーディーに対してを差し伸べた彼は何を思うのか。

▼ブッチャー&ブレイド vs コーディー、アリン

コーディーの入場に大きなコーディーコール。ブッチャーとコーディーから始まるかと思われたが、アリンがリングイン。ブッチャーはアリンの体をパワーで振り回す。変わったブレイドをスライディングでかく乱すると、コーナーに戻ったブッチャーをドロップキックで叩き落とし、ブレイドはロープをステップしてのアームホイップで一閃!

コーディーにタッチ、コーディーはインサイドワークを見せるがブッチャーはクローズラインでコーディーを一回転させる。ブレイドがサイドスラムの形、そこへブッチャーがレッグドロップを合わせダメージを増加させる。AEWによくいる飛びまくるタイプではなく、狡猾で的確な連携とタッチワークでペースを握っていくオールドスクールな良いタッグ。場外に落ちたコーディーをマネージャーのバニーが鉄柱に叩き付ける。

コーディーのタッチをブッチャーが阻む。

なんとかタッチしたアリン、飛び回るがフォールに入ったブレイドに試合権利がない。ブチャーは足を腕で絡める。コーディーが介入。アリンはブッチャーをカウンターのカッターで反撃、コーディーのクロスローズ!!しかし、バニーがレフェリーを押さえ込みカウントに入らせない。場外に叩き出したブッチャー&ブレイドにコーディーとアリンがダブルのスイシーダ!!!

ブッチャーにコーナーステップキックを食らわせると、アリンがすぐにコーナートップに上がり、エプロンでダウンするブッチャーに背面アタック!エプロンの狭いところでも的確に当ててみせる。コーディーはこれを受けて、コーナートップに駆け上がると、ブレイドに飛びついてカッター!3カウント

アリンはすぐさま花道を戻るも、振り返り、いつでも見ているとアピール。コーディーもそれに微笑んで見せる。アリンのダークヒーローっぷりが際立つ。

▼ミランダ・アライズ vs  オーサム・コング

スターダムにも参戦、WWEのメイヤングクラシックにも参加していたミランダだが、オーサム・コングは秒殺。ナイトメア・コレクティブは彼女の髪を切り取り去っていく。




【試合速報2へ続く】







https://www.wrestlingismylife.fun/search/label/AEW



コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!