国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2019年12月8日日曜日

12.8 Marbelous 試合結果 沈黙を破った長与を前に彩羽匠は立ち向かう

0 件のコメント :

今週の週刊プロレスでは長与の誕生日と合わせるように開催されるこの後楽園大会で、いよいよMarbelousのリングに現れるプロレスラー長与千種について本人の口から非常に面白い事がいくつも語られた。

旗揚げ当初、自らリングに上がらないことを宣言していたが、そこから3年。団体を持たせることに集中してきたと語ったが、それは同時に所属選手の成長、頭数が揃うことを待ったようにも見える。長与自身も自らが育てた選手達に自信があるのが分かる。

その上で対戦を名指しした彩羽匠に対しては、様々な優れた部分を認めながらも遊びが足りないと指摘。今や国内では誰もが認める最強の一角と言える彩羽を待ち受けるものは一体なんなのか。


また、長与はスターダムに対しても感謝という言葉にしながらも、一強時代ではなく、隣を見たらいる存在と口にした。確かにこれまでは並ぶ事はなかったものの、長与の持つプロレス力、影響力、動員というのは未だ衰えない。その頭の中には大きな地図が存在しているようだ………

第一試合
神童ミコト、Maria、フェイスハイデン vs 響、星月芽依、クィーンアミタナ

デビューから1年経過した新人達に外国人選手を加えての6メンタッグ。他団体に出る事も増えたが、住み込みでの練習量に裏打ちされた実力は他所でも実証済み。この辺り、GAEAの時もドロップキック、ボディスラム、押さえ込みのみという新人ではなく、それぞれの特性に合わせた得意技を携えていたことで、脅威の新人と呼ばれたわけだが、常にブラッシュアップしているのが活かされていると言える。

試合の中でも、高度な丸め込みなどの応酬から、一番若手の響がダイビングセントーンの連発を神童に返されるも、アミタナのフォローを受けての3発目で試合を決めてみせた。


第二試合
渡辺智子、山縣優、薮下めぐみ vs ダンプ松本、KAORU、DASHチサコ

序盤から薮下が裏切り、2vs4の状況。さらにダンプ組は歴戦のハードコア揃い。一斗缶、椅子、板が乱舞する荒れ模様。KAORUのヴァルキリースプラッシュを回避した渡辺だったが、毒霧からの丸め込みで敗北。


第三試合 ハードコアタッグマッチ
TARU、井坂レオ vs ヤンキー2丁拳銃 宮本裕向、木高イサミ

爆破王など大仁田と絡む試合でのイメージが強いTARUだが、元々はC-MAXやBoodo Mardersでありタッグ戦の名手である。対するヤンキー2丁拳銃言わずもがなハードコアにも精通したタッグ屋の代名詞のような2人。このメンバーの中で井坂はどんなファイトを見せるのか。

やはり試合は井坂が捕まる展開。しかし、宮本に一矢報いるとなんとかTARUにタッチ。イサミと対峙した、ラダーに叩き付けられたり、椅子盛りへの雪崩式フランケンシュタイナーなど非常に危険な技も受け切ってみせる。コーナーからの攻撃をTARUが阻止。コーナトップからのBTボム、ムーンサルトと畳み掛けるも奪えず。反対に宮本の机への雪崩式ファイヤーサンダーの餌食に。最後はイサミの垂直落下式ブレーンバスターからラダーてっぺんからのギガラダーブレイク。



ヤンキー2丁拳銃を初めて見た人も、このラダーからの攻撃はかなり驚いた模様。


第四試合
永島千佳世 vs 旧姓広田さくら vs 宮崎有妃


GAEAで散々顔を合わせた永島とお笑いバトルの双璧を成す宮崎に挟まれ、広田が出してきたのは、今日出場出来なかった桃野美桜の入場テーマと衣装!入場してくるのもどこかで見たような光景………

絶妙に似ているムーブ物真似からの宮崎の恥ずかし固めを永島は拒否、門倉と本物の桃野もどうぞ、どうぞの応酬から結局広田が食らうなどいつも通りの安心安全さ。最後はキスの誤爆からの永島のフィッシャーマンバスター。


第五試合 メインマッチ
彩羽匠、朱里 vs ナイラ・ローズ、朱祟花

今やMarbelousだけではなく、国内でも屈指の選手となった彩羽、組むのは先日のSareee自主興行では反対コーナーにいた朱里。朱里がアメリカへ飛び、UFCに挑戦している間に彩羽は一気に成長したと言える。

対するは、かつてMabelousにも上がっており、AEWを経験して一回り大きくなったナイラ・ローズ。組むのは、DDTなどのリングでも華やかさを見せる朱祟花。同じ共通点を持つ2人がコーナーに並ぶのは非常に興味深い。ナイラはAEWに対し、「Marbelousは第二のホームだ」と説明をし、今回試合に至ったという。

試合は、彩羽が朱祟花のコーナーステップ式のムーンサルトで腕を痛める。ナイラに対し、朱里とのコンビネーションで攻めるも豪快なデスバレーで切り返される。ナイラ組の誤爆を誘い、朱祟花へのランニング・スリーも決まらず。ムーンサルトはカットされ、朱祟花がジャーマンから再びコーナートップ。しかし、膝で迎撃した彩羽はこれを丸め込んで殊勲の勝利。

試合後、12.28横浜大会でのシングルを朱祟花に申し込む。さらにパートナーの朱里はナイラに対して、ライバル宣言!ナイラの参戦は定期になるのか、それとも朱里もアメリカへ渡ってAEWのリングで実現するとなれば、そこにはかつてのタッグパートナーの志田の姿も………?


エキシビジョンバトル
神童ミコト、星月芽依、Maria、(前半)ナイラ・ローズ 、(後半)長与千種
vs
KAORU、渡辺智子、響、(前半)長与千種、(後半)ナイラ・ローズ

入場曲を自ら歌って出てくる長与に対する親衛隊の熱に女子プロレスを見慣れた人も驚いている模様。試合は敵味方関係なく乱れる乱戦の中で、長与へのトレイン攻撃。さらには渡辺が長与に謝ってからの合体のサソリなど見所満載。若手にとっては初めて試合会場のリングの上で長与に触れたわけだが、あの紙テープの量に何を思ったのだろうか。


スペシャルエキシビジョンバトル シングル60分1本勝負
長与千種 vs 彩羽匠

彩羽にも大きな声援が飛ぶ会場。序盤、彩羽の蹴りをさばいた長与はグラウンドに引き込んで足を攻めていく。再び組み合うと、打撃の応戦から場外へ。場外でも激しい打撃の攻防。

彩羽の多彩な蹴りを徹底的に切り返してみせる。やはり自身も蹴りの使い手であり、長年見てきた弟子の攻撃は分かっているというところか。彩羽をコーナーに上げてランニング・スリーも返してみせる。

ニールキックを相殺すると、声を張り上げての打撃戦。しかし、水面蹴りをヒットさせたところから彩羽の蹴りが唸りを上げる。徹底的に叩き込むも、長与を崩すには至らない。掴み合っての打撃から終止符を打ったのは強烈な2回転蹴り、ダメ押しのランニング・スリーで3カウント。



リング上、長与は選手としての活動に終止符を打ち、彩羽を後継者とすること、Marbelousの取締役を降りること、その上でインタビューでも話していた"仕掛けていく"と発表。前々から全団体が集まっての大きな興行という話題を口にしていたが、今後はそれに向かっていくということなのだろうか。


【その他の女子プロレスの話題はこちら】 



0 件のコメント :

コメントを投稿