国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2019年12月13日金曜日

AEW:リックフレアーがAEWのプロモーション手法を絶賛

0 件のコメント :

WWEのHOFであるリック・フレアーがWrestlingIncに対し、インタビューを受けた。

AEWでは、より長く、そしてより多く個性を出すためのプロモーションが重ねられている事に対して伝説的なレスラーは語った。

WWEとAEWの数多くの違いの1つでしかないが、WWEは作家がプロモーションを作成してから、スクリプトをレスラーに渡してる一方、AEWには別なアプローチが存在している。AEWは才能のあるレスラーをプロモーションでどんどん押していく、というところが気に入っている。

これは彼等のプロモーションの非常にポジティブな部分だ。ジェリコにとっては地獄のような仕事だっただろう。 彼等がコーディーとのチャンピオンシップのためにやった仕事は、私はとても素晴らしいと思った。心から溢れ出る真実のものだった。

それは、ローマン・レインズが現れて「私は白血病です」と世界に告白したようなものだ。私は前の週にもそこにいたのに、それについて聞いたことはなかった。「キリストよ、何故それを知らないのか」と思うようなものだ。
 
(引用元:WrestlingNews.co)

 
 
WWEのスクリプト主義というのは、フレアーにとっても余り好ましくないと見ているようです。特にジェリコはバズワードの天才であり、過去のY2Jを始め、プロモーションの中で彼が発した言葉を元に大きなうねりを作るのに長けたレスラーですが、その多くはスクリプトにはない彼のセンスで生まれた造語や瞬間的なワードであると言われています。

また、モクスリーがWWEを離脱した1つにも、スクリプトが彼のアイデンティティにないものを求められる事も多く、修正などを求めて、毎回のようにスタッフの元へ行ったり、ビンスのところへ押し掛けるようなこともあったと言われています。

タッグトーナメントを終えて、新たなAEWの流れを生む中でジェリコは新たな才能を世に出す事を自らの目的と語っていますが、スコーピオ・スカイの一戦や来週のジャングル・ボーイとの対戦によってそれまでメジャー団体で光を浴びてこなかった優れた才能が、ジェリコとの対戦によって、より多くの人に見出されるターンがやってきた、といえるでしょう。





https://www.wrestlingismylife.fun/search/label/AEW


0 件のコメント :

コメントを投稿