国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2019年12月15日日曜日

長与の口からこぼれた"紅の血"という言葉、そして、次はイギリスへ!

0 件のコメント :

先日のMarbelousの興行の直後、長与は書き置きだけを残して、海外へ渡航した。団体の社長としては残るものの、代表取締役としての任は彩羽に託し、ブシロードの後ろではなく横に並ぶために仕掛けていくと告げた翌日の行動に誰もが目を丸くした。

そして、今日の昼、突然の帰国から姿を現したのは新木場1stリング、そう、スターダムの興行である。昼にスターダム、夜に夏すみれの自主興行だったが、この両公演を視察したのである。







24日で引退する葉月、そして大江戸隊のリーダー花月のチーム月に対峙するのは、葉月にとってはスターダムの直接の先輩であり、今やMarbelousの大将となった彩羽匠、花月がフリー時代に苦楽を共にした小林香萌という組み合わせ。このマッチメイクは花月達のたっての希望で組まれているという話だったが、これを長与が目にするというのはまた意味合いが変わってくる。

長与から花月に対してこぼれた紅の血という言葉、これは長与自身のイメージカラーでもあり、Marbelousのカラーでもあり、同時に長与の教えを受けた仙台女子プロレス、"横綱"里村明衣子のイメージカラーでもある。里村を倒すために団体を出た花月の前に現れた女子プロレスで最も偉大な存在であり、自らのルーツは彼女にどんな影響を与えるのだろうか。

そして、長与は帰国早々にイギリス行きを予告したのである。


プログレスといえば、ウィル・オスプレイがデビューした団体としても有名である。里村は現在、プログレス女子王者であり、この防衛戦を行うため、渡英している。




まるで友達に家に行くかのような気軽さでイギリス行きを告げると、さすがの里村も混乱。これが本当なのか嘘なのか………全く分からないものの、いざ火がついた時の長与のまるで乾き切ったスポンジのような吸収力に目を見張る。それ以上に、やはりいざ動き出した時のインパクトの大きさというのが、尋常じゃないことを思い知らされる。

ブシロードの横に並ぶということが、どんな形になるのかはまだ見えてこないが、これから何かが起こることは確実だと言える。そして、少しずつ色々な人間がその事の大きさに気付き始めているのではないだろうか。



0 件のコメント :

コメントを投稿