WWE:元MLWレスラー、ランス・アノアイがタマ・トンガについて語る「ハクは俺達のおじさんでタマは俺達のファミリーだ。一人ぼっちのジェイを助けることも出来る」

イメージ
  アノアイ家はTama Tongaを自分たちのものと考えている。 本誌のデイブ・メルツァーが昨日報じたところによると、トンガはWWEに向かっており、一部のファンは彼が到着したときにThe Bloodlineに参加する可能性があるのではないかと考えています。 今月初めのレッスルマニア40の記者会見で披露された 「ザ・ロック」 の家系図にはトンガは登場しなかったが、ハク (トンガ・フィフィフィタ) と彼の息子たちは王朝の一部と考えられています。 元MLWのレスラー、ランス・アノアイは最近、スティーブ・フォールとトンガ、兄弟、父親との家族関係について話しました。 アノアイ氏は次のように述べている。 「ハクは俺達のおじさんだよ。彼を尊敬しています。島の文化に似ていると思います。みんな南太平洋から来たんだ。だから島民は1つの品種のように人間をくっつけているだけなんです。でもね、タマトンガの成長を見たんだ。私は日本にいる間彼らと遊んだ。私たちのスケジュールが合って夕食を食べることを祝福したときはいつでも。そこにはいつも愛がある。本当かどうかは知らないけど。タマトンガがサインしたとネットで読んでいます。彼がそうしたなら、彼のために良いことだ、十分に値すると思う。」 アノアイ氏は引き続き、トンガがRawでジェイ・ウーソと連携することを望んでいると述べた。 「ジェイはひとりぼっちだ。タマは家族だと思っています。だから、ジェイは助けを借りられると思う。特にソロとジミーが壁を乗り越えてジェイを攻撃し続けているのを知っているときに、私はレッスルマニアの試合を信じているので、うまくいけばセットアップ。それが私たちが望んでいることです。」 2人の間に血縁関係がないにもかかわらず、ロックは長い間ハクのことをおじさんと呼んできた。2015年、彼は 「トンガおじさん」 にトラックをプレゼントしています。 トンガと弟のタンガ・ロアは、ゲリラズ・オブ・ディスティニーとしてNJPWで7回のIWGPタッグ王者です。トンガがバレットクラブから追い出された後、グループは現在、ロア、ヒクレオ、邪道、ELPで構成されています。ヒクレオとELPは現在のストロングオープンウェイトタッグ王者です。 ランスは10月にMLWから釈放されました。彼は以前のインタビューで、解雇を求めた理由の一部は、WWEの番組で家族と一緒にい

12.4 AEW DARK 試合結果 PNPがジュラシック・エクスプレスを破壊!!



先週の振り返り、ナイヤがシャナをバックステージで襲撃。今週のDARK解説にはナイヤが登場

▼ジミー・ハボックvsブランドン・カーター

ロックアップからコーナーに押し込む、序盤の腕取りの流れに英国レスラーらしさ溢れるハボック。コーナーに詰めての展開からカーターが身軽な動きで反撃。場外にハボックを出して、カーターが飛ぼうとしたところでハボックは正面からステーブルガンを向けて威嚇。

レフェリーがそれを取り上げたところで、カーターの股間を蹴り上げ、場外戦へ。やはりハボックの庭。硬軟織りまぜやりたい放題。リングに戻してカウントは2。


カーター、捉えたハボックを回転させてのスラム。ロープ際、場外に半身を出して動けなくなったところへ、カーターが場外に飛び出すドロップキック!

レインメーカーで3カウントを奪った後、カーターの額にステーブルで紙を打ち付ける!試合後、バックステージで詰め寄るスタッフとカーター。ハボックは全く気にしていないそぶり。

▼ショーン・スピアーズvsソニー・キス

スピアーズはソニーを見て「なんだありゃ」と常にニヤニヤしている。しかし、ソニーは運動神経の良さから挑発のダンス。反対にショーンは臀部の筋肉を震わせると会場は大盛り上がり。

ショーンをコーナーのロープの間に据え付けたソニーが反対コーナーに走ると、縦回転の蹴り。場外での攻防からデスバレーボム、これで3カウントを取ると、セコンドについていた父タリー・ブランチャードが耳打ち。場外に引きずり出すや、鉄階段に登った父親との合体パイルドライバー。ソニーはピクリとも動かない。

当たり前のように入ってくるスパーリングワインのCM

明日のDynamiteではThe ELITEvsインナーサークル、トレントvsフェニックス、そして、因縁深いクリストファー・ダニエルズ、ペンタゴンJr.の開催を発表

"ジュラシックプラネット"某自然系チャンネルっぽい。ジャングルボーイの生態を紹介。川で体を洗い魚を銛で突く。木から葉を直接食べるルチャ・サウルス。踊りまくるマルコをベイビーサウルスと紹介。ルチャ・サウルスに手を引かれるマルコ。お母さんかな?

▼PNPvsジュラシック・エクスプレス

ナイラがしきりにマルコを可愛いと表現。 タッチロープを鼻の下に乗せて遊ぶマルコが可愛い。サンタナがコーナーに詰めていく。しかし負けじと腕を穫るジャングルボーイ。高速のロープワーク。ジャングルボーイが上回る。コーナーでダウンするサンタナにマルコがドロップキック。さらにジャングルボーイがマルコを抱え上げて、2人まとめてサンタナに突っ込んでいく。

互いにコンビネーションを見せる。マルコが捕まる展開。しかし、PNPの方が一枚上手。ブレーンバスターの体勢を保ったままタッチを繰り返すPNP。だが、マルコはくるりと丸め込んでみせる。ならばとばかりにロコモーション式ブレーンバスター。これは2カウント。

場外、2人を抱え上げたPNPは互いをぶつけ合う。さらにジャングルボーイの上にマルコを叩き付ける。場外で椅子をセットし、ジュラシック・エクスプレスの2人を座らせるや、四つん這いになったオーティスをステップしての背中からぶつかっていく。

マルコはなんとかジャングルボーイにタッチ、客席から大歓声。ロープ際の攻防、オーティスがトップロープを飛び越えて丸め込む。これを堪えるジャングルボーイ、しかし、サンタナがこれをジャックナイフ。そこへコーナートップに上がったマルコがドロップキック。

肩に担いだサンタナにコーナートップのマルコが飛びついての合体のカッター、カウントは2。マルコのドラゴンラナを堪えたサンタナ。しかし、オーティスのキックのアシストを受けて投げ飛ばすと3カウント。

スマホを手にしたゲバラがやってきて2人をいたぶると、ルチャ・サウルスがやってきて、インナーサークルを1人で圧倒。さらに、ヘイガーがやってきて、ルチャ・サウルスとフェイス・トゥ・フェイス。ついにリングインすると、殴り合う両者!しかし、PNPが背後から妨害。ルチャ・サウルスを4人で囲むと、今度はヤングバックスが滑り込む。ゲバラが1人取り残される。次々と技を食らい、最後はジュラシックエクスプレスの合体式ヨシタニック(手足を持って両サイドから振り子のように振られたマルコが飛び出してのヨシタニック)で動けなくなるゲバラ。




【11.28 AEW Dyamite Ep9 試合結果 スコーピオ・スカイの手はジェリコの持つAEW王座へ伸びるのか】





https://www.wrestlingismylife.fun/search/label/AEW








コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について