国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2019年12月13日金曜日

AEW:ジェリコがタッグチームのルールを明確化するためにチームミーティングを招集

0 件のコメント :

AEWは非常に多くの試合で賞讃を得ているが、一方でタッグチームの試合に関しては,ルールが無いとまで言われており、タッチなしでリングに入るか、レフリーを無視してリングに留まることが多々あります。そのため、実況のジム・ロスがしばしばイラ付く様子もありました。

ジェリコは、ステップアップするためにこれらのルールを徹底するよう、話し合ったとKeep It 100 Podcastにて語りました。

「チームミーティングを招集した。タッグ戦の欠如とタッグ戦のサイコロジーがおかしくなってしまっていると語った。この3週間〜4週間の間、この会社で起こっていた大きなポイントの1つだった」

「それはルチャ・ブラザーズに対する言い訳だ。タッチしてリングイン、リングアウト、それは怠け者で気にしないからだ。好きなときに出入りするが、それは正しくない。彼等は"ルチャリブレスタイルだろ?"と言うが、笑わせるな。俺は2年間、メキシコで試合をしていた。ルチャリブレのタッグ戦の作り方はどうだと思う?コーナーに立って、タッチするのを待って、そしたらリングインするんだよ。それがルチャのルールでタッグのルールだ」

「AEWクルー全員のミーティングに集めた。『お前達はレフェリーをないがしろにしている。ルールが無かったら熱は生まれない。それはショーを殺している。例えるなら、ハネムーンに行って全てが終わるようなものだ。観客は今、ルールが施行されないことに戸惑ってしまっている』と言ったんだ」

ジェリコはルチャ・ブラザーズは素晴らしいと思い、もしかすると誰かが彼等に言うまでルールを知らなかった可能性があるのではと述べた。

「彼等と何度も話し合ったら、どうなったと思う?ルチャ・ブラザーズがタッチを始めたんだ。多分、それは習慣だったんだろう、インディー団体の小さなロッカールームにいて些細なことを知らないんだ。『ギアを変えてくれ、お前等のは草野球レベルだ』と言ったんだ。彼等は新しいギアで帰ってくる。俺たちはこの会社で1つの物を見て進んでいるんだ」

PPV『FULL GEAR』でのヤングバックスvsPNPはこの試みが導入された最初のタッグ戦となりました。

(引用元:FIGHT FUL)





https://www.wrestlingismylife.fun/search/label/AEW



0 件のコメント :

コメントを投稿