国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2019年12月16日月曜日

Lucha:ルーシュが生み出した新たな"インゴベルナブレス"、その正体は

0 件のコメント :

この週末、世界で最も忙しかった男の1人がルーシュであることは間違いないだろう。ただでなくてもビックマッチがひしめき合っていた週末。彼はアメリカでROHのPPV『Final Battle』に出場した後、メキシコに飛んでAAAのPPV『Guerra de Tittans』に出場したのだ。

▼増殖する第二、第三のインゴベルナブレス

ROHでは自身が持つROH世界ヘビー級王座を奪われる結果になったものの、AAAではテクニコのドクトル・ワグナーJr.、そして現AAAのエースと言うべきサイコ・クラウン(プラソ・デ・プラタの実子であり、ラ・マスカラの甥)らに対し、ルードの親分であるブルーデーモンJr.達と組んでの6メンタッグに挑んだルーシュ。

試合序盤から同世代であり、名門一家の出であるサイコ・クラウンを執拗に攻撃、流血、マスク剥ぎ、場外でのテーブル葬など手も足も出ない状態に陥らせたところで、さらに結託を宣言していたベテランLAパーク、コナンに加え、インパクトとの契約が切れたキラー・クロスも参加して完全にリングをジャック。テクニコでもない、ルードでもない第三の勢力である"ロス・インゴベルナブレス AAA"を結成したのである。

さらに、その夜、ROHで"La Faccion Ingobernable"として、実弟ドラゴン・リー、ケニー・キング、エイミー・ローズで結託する事を発表。"La Faccion"とは派閥を意味する言葉であるが、これまでCMLLでも実の兄弟であるリー達に対し、ロス・インゴへの勧誘というストーリーを繰り返してきたが、ここに来てついにメンバーに加わったというのはエポックメイキングになるのではないか。

▼新たなメンバーの顔ぶれとは

昨今の新日本プロレスから見始めた人にとっては、急に増えてきたメンバーが何者なのか分からないだろう。なので軽く紹介をしておこう。



・LAパーク

82年、16歳でデビューの大ベテラン、叔父がボラドール(息子のボラドールJr.が新日にも参戦)であり、87年にはエル・イホ・デル・サントに最初のキャラクターのマスクを奪われるなど、そのキャリアで幾度とない死闘を繰り広げてきたマエストロである。

AAA、WCW、CMLL、TNA、MLWと神出鬼没でいつどこに現れるか分からない彼は同時にアメリカ、メキシコの様々なインディー団体で活動。ルードとしてそのキャリアを始めながら、パルカウォークを代表とする陽気でコミカルさを含んだキャラクターは、ルチャドールの代表的な存在と言える。

現在のAAAのトップである、ワグナー、ブルーデモンとは半世紀に及ぶ結託と抗争の物語を描いている。

・コナン

アメリカとメキシコのレスリングを繋ぐ最重要人物。若い頃は車両盗難、麻薬売買などで荒稼ぎをし、裁判にかけられた過去を持つモノホンのワル。87年UWAにてデビュー、レイ・ミステリオ・シニアと組むなどしながら、WCW、WWF、CMLLに渡った後、AAAでペロ・アグアヨとの激闘の後、AAAにてブッカーとなる。またシンガポールでのツアーでポール・ヘイマンと結託し、ECWとのコネクションを得た。これが後のAAAにおける外国人の参戦とハードコアスタイルの融合へと繋がっていく。

その後もTNAにて3Live Kru、LAX(現在、AEWで活動するPNP)という凶悪なメキシカンユニットを率いる一方、Lucha Undergroundのプロデューサーで活動したり、WWEでアルベルト・デル・リオ、レイ・ミステリオJr.の活動に支障が出れば抗議をしたりなど、義理に厚い一方、人身売買と金にうるさいギャングスタのキャラクターを地で行く危険人物。

・キラー・クロス

GFW出身のクロスは、Lucha Undergroundに参加したことでコナンとのコネクションが出来、AAAに参加することとなる。WWE復帰で話題となったジョン・モリソンの王座戴冠をフォローしたことでチームとなり、エル・イホ・デル・ファンタズマとライバル抗争を描く。さらにフベントス・ゲレラ、テディ・ハートと結託、MADと呼ばれるユニットとなり、ワグナーを付け狙っていく。

2018年はインパクトに参戦、エディ・エドワーズやオースティン・エイリースとの抗争を経て、かつて組んでいたジョン・モリソンとの盛大な抗争を展開、ECWレジェンドであるトミー・ドリーマーも加わり、非常に大きな話題となったが、今年12月以降、インパクトとは契約を更新せず、再びAAAに現れた。191cmの巨体はかなり脅威となる。



・ケニー・キング

ケニーは02年、WWEの新人オーディションであるタフイナフでキャリアをスタートさせる。彼の師匠はアル・スノーやチャボ・ゲレロ・ジュニアである。WWEでのデビューとはならず、インディーを回った後、05年にTNA、07年にROHへ渡った。ROHではブライアン・ダニエルソン(現在のダニエル・ブライアン)、ケビン・スティーン(現在のケビン・オーウェンズ)と試合を重ねていき、レット・タイタスとのタッグで名勝負を繰り広げた。NWA、インパクトを経て、再びROHへ戻ってきたキングは17年、KUSHIDAからROH世界TV王座を奪取するなど今なお前線で動き続けるレスラーの1人である。

・エイミー・ローズ

ROHの女性インタビュアーとしてデビューしたが、チーム3D(ダッドリーズ)の指導によりレスラーとして14年にデビュー。インゴベルナブレスにおける初の女性メンバーとなる。

▼戦力を拡大するインゴベルナブレス

ルーシュが北米、メキシコで戦力を拡大する中、 ラ・ソンブラことアンドラーデにはシャーロット・フレアーとの熱愛が発覚。ホリデー・シーズンをメキシコで過ごすと言われており、後々のインゴベルナブレスの歴史にフレアーの血が混ざるとなれば、これはもはや事件と言えるだろう。




https://www.wrestlingismylife.fun/search/label/rush



0 件のコメント :

コメントを投稿