国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2019年12月1日日曜日

WWE:ハーディーズ最後の刻、問題はお金ではなくどう扱われるか

0 件のコメント :

▼ハーディーズに迫る契約更改

10月過ぎからマット・ハーディーは自身のYoutubeチャンネルで『Feel The Delete』シリーズを更新している。


"Broken"Matt Hardyが人類と高次元の狭間に存在することを発見したマットは自らの肉体と引き換えに彼を呼び覚まし、為すべきことを為す準備に入るというストーリーラインの最新作が更新された。

ここでしきりに"13週"という言葉が繰り返される。これはWWEとの契約が2月末に切れるという噂を指している。


▼キャリアの最後をどう迎えるかの問題

PWインサイダーによると、契約についての議論は行われており、金額の面は問題ないが、今後マット・ハーディーをどのように起用していくのかという点で議論が続いているようだ。

"Broken"はインパクト時代に生まれたキャラクターだが、これと同じようにWWEでの"Woken"はヒットしなかったし、組んでいたブレイ・ワイアットは赤い照明が不評ではあるものの、マーチャンダイズでは飛び抜けた成績と言われており、ここに組み込むのも難しいだろう。(そもそもそんなにぶっ壊れたキャラが何人も必要かという)

ジェフ・ハーディーは彼の個人的な問題の解決をしている段階だが、マットはキャリアにおける最後の契約と考えており、RAWのアンダーカードでお茶を濁すような起用は認めない模様だ。

▼AEWにいる多くの友人達

マットは先週の金曜日にこのようなツイートを残している。「今は余り良くないが、この数ヶ月の間にグルーブを取り戻す」これがWWEではなく、その他の選択肢だった場合、最も可能性が高いのは、AEWとなるだろう。

クリス・ジェリコにしろヤングバックスにしろ、もしハーディーズが現れ、キャリアの最後を迎えるとすれば、彼等のクリエイティブを最大限に尊重することは想像するまでもない話だからだ。

WWEのクリエイティブチームとの乖離は度々話題になるだけに、マットの要求を彼等がこなせるようには到底思えない。となると、この可能性は非常に高くなると思われる。


アメリカにおけるタッグマッチの扱いが大きく変化したのは、ハーディーズの登場であり、ダッドリーズ、エッジ&クリスチャンの存在だ。この中で未だにリングに立ち続けているのはハーディーズだけといっても過言ではないだろう。

WWEにも優れたタッグ屋は多くいるにも関わらず、シングル王座の話題が先行される傾向は相変わらずで、これに批判は積み重なっている。AEWがタッグマッチを重視するのはここにも狙いがある。ケニーやモクスリー、ジャネラ、ハボックの行うハードコアスタイルも彼等のTLCから大いなる影響を受けた産物と言える。もし、今、AEWのリングで5mのラダーから場外の椅子盛りに落とされるマット・ハーディーが見れたら、彼等はより派手な試合を求められることになるはずだ。

何が彼等にとって幸せなのか、何が彼等のレスリングキャリアに必要なのか、我々は注視しなければいけない。

(個人的には、Ω出身のダニエルズと合体してくれないかなー、という淡い期待。ついでだから緑のヒーローも来てくれないかなー)

(引用元:WrestlingNews.co




https://www.wrestlingismylife.fun/search/label/AEW




0 件のコメント :

コメントを投稿