国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2019年12月2日月曜日

AEW:アーン・アンダーソン語る「現代のフォー・ホースメンを作るならこの4人」

0 件のコメント :

リック・フレアー、タリー・ブランチャードと並び、オリジナル・フォー・ホースメンとして名を馳せるアーン・アンダーソンは度々AEWの画面に現れ、衝撃を与えています。

時には、ショーン・スピアーズへお決まりのスパインバスターを、時には、AEW王座戦でかつて死闘を繰り広げたダスティ・ローデスの息子コーディが王座戦に挑むのをジャッジしてきました。


「いぶし銀の職人」である彼は18年に渡り、WWEに所属、フレアーの右腕として活躍する一方、プロデューサーの1人として活動。多くの選手を輩出してきました。

先日行われたWrestleCadeのインタビューにて「現代のフォー・ホースメンを選ぶなら、誰を選択しますか?」と問われ、「コーディ・ローデス、The Rivival、ブラウン・ストローマン」の名を挙げたのです。

▼コーディへ引き継がれるリック・フレアーの存在

コーディは労働者層から這い上がった”アメリカン・ドリーム”と呼ばれた父親のキャラと、"既に金持ちの息子"として生まれた自分を上手くミックスし、常に質のいいスーツをまとい、自らが特別であることを誇示します。

これは、リック・フレアーが新時代のフォー・ホースメンとしてトリプルH、ランディ・オートン、バティスタと組んだエボリューションを通じ、オートン、コーディ、テッド・デビアスJr.のレガシーへ持ち込まれた文脈そのものです。

フレアーとコーディは直接ユニットを組んだことはありませんが、コーディにはオートンを通じて、そのイズムは受け継がれています。



▼タッグの名手が選ぶ本物のタッグ屋

The RivivalはWWE史上でも名うてのタッグチームであり、アンダーソン自身が当時のアンダーソン、ブランチャード組によく似ていると評したと言えます。インサイドワークに長け、タッグとして勝つためにはどうしたらよいか、非常に計算されている良いチームです。

彼等は今年、アンダーソンに対し「近いうちに会おう」という意味深なメッセージを送っています。WWEに対し離脱を申し出たものの許可が出なかったとされており、彼等のメッセージはAEWへ行くことを示唆していたと言われています。

この2人だけでなく、多くの若いレスラーからアンダーソンは慕われており、彼の選択次第ではAEWはより多くの人から注目を浴びることになると思います。

▼後ろに控える力持ち担当

ブラウン・ストローマンのイメージはフォー・ホースメンに馴染みませんが、かつてレックス・ルガーのようなパワーファイターもいたため、ユニットのバランスを考えての選択なのかもしれません。確かにこのメンツにストローマンが入ると、いざという時に手出しが難しいように感じます。

先述したエボリューションで言うなればバティスタの立ち位置と言えるでしょうし、AEWで言うなら、ジャック・ヘイガーの立ち位置です。

インナーサークルはそう考えると、これらのユニットのいいところ穫りをしています。アイコンと言うべきジェリコ、タッグ屋のPNP、若手で勢いのあるゲバラ、後ろに控えるヘイガーの存在です。ジェリコが蓄積してきた様々な勘から絶対的なユニットの構築に影響を与えています。

(引用元 sportskeeda)



https://www.wrestlingismylife.fun/search/label/AEW


0 件のコメント :

コメントを投稿