WWE:元MLWレスラー、ランス・アノアイがタマ・トンガについて語る「ハクは俺達のおじさんでタマは俺達のファミリーだ。一人ぼっちのジェイを助けることも出来る」

イメージ
  アノアイ家はTama Tongaを自分たちのものと考えている。 本誌のデイブ・メルツァーが昨日報じたところによると、トンガはWWEに向かっており、一部のファンは彼が到着したときにThe Bloodlineに参加する可能性があるのではないかと考えています。 今月初めのレッスルマニア40の記者会見で披露された 「ザ・ロック」 の家系図にはトンガは登場しなかったが、ハク (トンガ・フィフィフィタ) と彼の息子たちは王朝の一部と考えられています。 元MLWのレスラー、ランス・アノアイは最近、スティーブ・フォールとトンガ、兄弟、父親との家族関係について話しました。 アノアイ氏は次のように述べている。 「ハクは俺達のおじさんだよ。彼を尊敬しています。島の文化に似ていると思います。みんな南太平洋から来たんだ。だから島民は1つの品種のように人間をくっつけているだけなんです。でもね、タマトンガの成長を見たんだ。私は日本にいる間彼らと遊んだ。私たちのスケジュールが合って夕食を食べることを祝福したときはいつでも。そこにはいつも愛がある。本当かどうかは知らないけど。タマトンガがサインしたとネットで読んでいます。彼がそうしたなら、彼のために良いことだ、十分に値すると思う。」 アノアイ氏は引き続き、トンガがRawでジェイ・ウーソと連携することを望んでいると述べた。 「ジェイはひとりぼっちだ。タマは家族だと思っています。だから、ジェイは助けを借りられると思う。特にソロとジミーが壁を乗り越えてジェイを攻撃し続けているのを知っているときに、私はレッスルマニアの試合を信じているので、うまくいけばセットアップ。それが私たちが望んでいることです。」 2人の間に血縁関係がないにもかかわらず、ロックは長い間ハクのことをおじさんと呼んできた。2015年、彼は 「トンガおじさん」 にトラックをプレゼントしています。 トンガと弟のタンガ・ロアは、ゲリラズ・オブ・ディスティニーとしてNJPWで7回のIWGPタッグ王者です。トンガがバレットクラブから追い出された後、グループは現在、ロア、ヒクレオ、邪道、ELPで構成されています。ヒクレオとELPは現在のストロングオープンウェイトタッグ王者です。 ランスは10月にMLWから釈放されました。彼は以前のインタビューで、解雇を求めた理由の一部は、WWEの番組で家族と一緒にい

Lucha:IWRGとは一体、何者なのか






先日のNOAHに参戦し、大きな反響を読んだ人のルチャドール。そして、NOAHとの提携が発表されたIWRGという団体は一体、どんな団体なのか、解き明かしていきたい。

▼CMLLやAAAではない、第三の団体

メキシコといえば、新日本と提携をしているCMLL、バンディードやフラミータ、ルチャ・ブラザーズ、最近ではケニーがベルトを穫ったAAAは日本のファンにもなじみ深いが、この他にも様々な独立系の団体が存在している。

プロライセンスさえ取れば、タクシーの運転手や教師でもルチャドールとして活動が出来るというのは、日本の団体システムから考えると不思議なものである。そんな中でも、IWRGは選手層や規模で言えば、三番目に大きな団体と言える。


この団体の話をするには、まず1970年代に遡る。プロモーター アドルフォ・モレノは生まれ故郷であるナウカルパン・デ・フアレスでプロレスの興行を行っていた。UWA、ユニバーサルレスリング協会に所属しており、77年にアレナ・ナウカルパンを買収、常設会場として運営し始める。

UWAの名前を聞いて、勘づいた人は鋭い。UWAは同時期、EMLL(後のCMLL)の創設者サバドール・ルテロートの引退に伴い政治があり、レイ・メンドーサらが独立。エル・カネックやドスカラス、フィッシュマンなど多くのスターが所属。WWF、新日本プロレス、JWPと提携するなど、日本のリングとの繋がりも強い。当時のEMLLはUWAの人気に押され、80年代はかなり苦しい時期を過ごしていた。

90年代に入り、UWAはEMLLへのトップ選手の流出に苦しみ、92年にはアントニオ・ペーニャがUWAを離脱し、AAAを設立。これが大きな影響を与え、UWA解体。結果、EMLLと合流したタイミングでCMLLという統一された名称に変更されることとなる。

アドルフォ・モレノはそこでCMLLへは行かず、96年IWRGを旗揚げする。フルタイムの選手契約ではなく、その時々の出演選手と契約を結んでいくという形に変え,現在は息子のセザールとマルコが団体の所有権とアレナ・ナウカルパンの所有権を所持している。


▼アレナ・ナウカルパンに聞き覚えのある人

この会場の名前に覚えがある人は、おそらくかつての闘龍門のファンだろう。IWRGは設立当初からウルティモ・ドラゴンとの繋がりをもち、2001年までウルティモ・ドラゴン・ジムと提携。CIMAや神田裕之、横須賀享、SUWA、マグナムTOKYOなどの面々はIWRG選手権に関わったこともある。 

かつては、CMLLやAAAを離脱したフリーの選手の集まりという形だったが、多くのレスリングスクールにとってもCMLLやAAAよりも選手が上がりやすいリングと言える。

現在、W-1に来日しているエル・イホ・デル・パンテーラは父もCMLLやAAAを経て、IWRGに腰を落ち着けたベテランの1人。イホ・デ・ドスカラスJr.はドスカラスJrとして知られるアルベルト・デル・リオの実弟。その他にもエレクトロやドクターセレブロやシルバーキングなどのベテランなど多くの選手が参加している。

ドラゴンベインはその中でもまだ若いルードの選手ですが、時折、選手からもワガママだと嫌悪される程の我の強さを持っており、バンディードのように海外でも自分のファイトがもっと広がるチャンスを夢見ていたのかもしれない。

イホ・デ・カニスルプスはルードユニット、ロス・インスポータブルズとして知られるカニスルプスの名を引き継いでいます。メキシコ時代のBUSHIも対戦経験があり、2010年のナウカルパンは彼のマスカラ戦がメインのストーリーラインになっていました。ドラゴンベインは実弟であり、彼の一族はカルネロ家として皆、ルチャドールである。

IWRG自体にレスリングスクールがあり、多くの若い選手がここで学び、ナウカルパンのリングで日々修行をしている、というのは、ドラゴンゲートのかつての姿によく似ているのである。


▼日本からチェックする方法は?

日本で彼等の動きをチェックするには、公式のTwitter(@LUCHALIBREIWRG)はもちろんだが、公式のYoutubeもある。

さらに細かく見たいならLuchaDBを活用するという方法もあるが、ただでなくても様々な団体が多いのにまだまだ増えるのかという気持ちになるだろう。

ただIWRGは2世、3世の選手も多く、今後さらに選手の注目度を上げていくのは間違いない。是非、チェックしてほしいところである。

新日本はROH-CMLL-Revpro
DDTはAEW、そして多くのアメリカインディとのコネクション、OWE
NOAHはインパクト-MLW-IWRG

とそれぞれ様々な形で、世界の動きを見据えた展開を見せている。これはWWEがNXT UKを皮切りに各大陸レベルでNXTとパフォーマンスセンターを立ち上げ、新たなタレントを獲得しようとしている動きにも連動している。

AEWでの記事でタレントの奪い合いが熾烈化し始めていることを何度か書いているが、今週のDynamiteで志田と対戦したクリス・スタッドランダーはまさにWWEとの交渉中にAEWに上がっているという状況にある。

あるいは、WWEを離脱したACHは「新日本プロレスでまだまだやりたい事がある」と話しながら、NOAHと提携しているMLWに上がった。

これらを考えると、日本国内での動きだけでなく、海外の選手の動きというのも団体がどこへ向かっていくのかという意味では大きな注目をしなければいけないのだ。


【その他のルチャに関する話題はこちら】


 


コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

里歩を巡る数奇な状況について