国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2019年12月6日金曜日

MLW:12.5 Opera Cup 2019 デイビーボーイ・スミスJr. vs ロウキー 白熱の一戦!

0 件のコメント :



NOAHがIWRGと提携を結んだことで、一気に大きな流れに組み込まれたMLWでは今週からオペラカップ2019が開催。今話題のMJFが、1回戦でNOAHのN-1ビクトリーにも参戦した同じヒールユニット" The Dynasty"の仲間であるアレックス・ハマーストーンと対戦する。

【関連:MLW オペラカップにMJFが登場!アレックス・ハマーストーンとの対戦を発表】

ハート家の御大スチュ・ハートが1948年に優勝して以来、開催されていなかった伝統的なレスリングワンナイトトーナメントがテディ・ハートの手によって復活!

▼ TJP vs ブライアンピルマンJr.

ロス道場出身、元WWEで今年のスーパーJカップにも出場していたTJPが、ブライアンピルマンJr.と対戦。ピルマンの父はスチュ・ハートの元で修行し、WCW、WWFに所属、新日ではベストオブスーパージュニアでの参戦経験のあるブライアンピルマン。日本には関係の深い両者である。(ピルマンのコーチがランス・ストームというのも個人的には良い)

両者、しっかりとしたチェーンレスリングからのキックを互いに避ける。TJPはグラウンドの展開に持ち込み、ピルマンへシャープシューター。ハートダンジョン出身の父親への強烈な煽り。しかし、続いてのセントーンは自爆。

ロープに相手をかけてのDDTでTJPは流れを取り戻すと、コーナートップからのブレーンバスター。ピルマンはスーパーキックを放つも、TJPはスープレックス。しかし、これで決まらず、一瞬の隙を突いたピルマンがネックブリーカー一閃。勝利をもぎ取った。

バックステージでアリシアにインタビューされたピルマンは「今夜は物事が変わる一夜だ」とアピール。

▼デイビーボーイ・スミスJr. vs ロウキー

日本のファンにはお馴染みの2人。ゴングが鳴って、互いに握手する辺りが競技性を重視する彼等らしい。ロウキーは様子を見ようとするが、スミスが腕をコントロールして、優位に立つ。ロウキーはハイキックのフェイントを見せるが、スミスはすばやくこれを避ける。ロープを使ってのアームバーでロウキーは観客の歓声を引き出してみせる。

場外の攻防、スミスは重たい打撃で優勢に立つと、ベアハッグ。体格差を活かした攻撃にロウキーは苦悶の表情。しかし、コーナーでの展開は一転、セカンドロープに吊られたスミスをロウキーは踏み抜く。

なんとか流れを取り戻したスミスの蹴り。体重の違いが打撃の一発の重さに現れる。コーナートップ、空中技を狙ったロウキーを捉えるとスミスはそこで頭突きを2回!ロウキーがサブミッションに行こうとしたところをスミスが技ありの丸め込みで勝利。

試合後、両者はハグをして、互いの健闘を労った。こういう姿勢が日本人に好かれる所以である。

▼ティモシー・サッチャー vs リチャード・ホリデー

DG USA最後のオープン・フリーダムゲート王者でEVOLVEの競合として知られるサッチャーと" The Dynasty"第三の男ホリデーの対決。

ロックアップするもホリデーは顔面をかき、ペースを乱すとドロップキック。さらに首元への蹴りから首を中心にした攻めを展開。サッチャーは反対にボストンクラブからのアンクルホールド。互いに攻め場所を定めていくスリリングな展開。

互いに打撃の応酬、しかし、ホリデーの平手打ちからバックブリーカーとスパインバスターのコンボ。サッチャーはお返しとばかりに倍の平手打ちからのスープレックス2連発。

最後はサッチャーが電光石火のアームバーでホリデーをタップアウトさせて勝利を奪った。

▼MJF vs アレックス・ハマーストーン

" The Dynasty"同士の対決。お互いに健闘を近いハグをかわすと、指の探り合い、緊張の瞬間。MJFはハマーストーンを煽ると、少し動揺の色が。MJFが主導権を握るも、ハマーストーンは猛然と切り返してスープレックす。これを平手打ちと目突きで流れを変えるMJF。

ハマーストーンのバイシクルキックをMJFはキックで迎撃。ハマーストーンは堪えてラリアット、両者がダウン!セコンドについていたホリデーがレフェリーを欺く隙にMJFがハマーストーンにローブロー!しかし、2カウントしか奪えず。同じユニット相手になんてことを。

さらにMJFはここでAEWの宿敵となったコーディのクロスローズでMJFを叩き付ける。しかし、カウント奪えず、ハマーストーンがシットダウンパワーボムで3カウント。

ローブローの詫びとばかりに握手を求めたMJF、ハマーストーンもこれに応える。MJFはこれに歓声を上げて喜ぶ。自分が悪いと思う。

▼「Filthy」トム・ローラーの悪態

先週のMLWで、ロス・フォン・エリックを裏切り、椅子で襲撃。王座戦を失敗に終わらせたトム・ローラー。フォンエリック家との対戦を予告していたものの、ロスら、フォンエリック家は試合を予定をしていないと困惑をしていた。

試合前、ローラーは「フォン・エリック家はバカ、バカ、愚か者、愚か者、彼等より愚かなのが観客のファン共。あいつらは偽物のフォンエリックで、本物のフォンエリックはランス・フォン・エリックだ」と最大の侮辱。(ランス・フォン・エリックはウィリアム・ケビン・ヴォーンが80年代、フォン・エリック家の出身と偽ってレスラーをしていた。)そして、ランスの息子としてリップ・フォン・エリックを紹介、彼と対戦するという。

ローラーは序盤からリップを圧倒。ドロップキックを狙うもこれを阻止して踏みつける。投げ飛ばされ、叩き付けられ、ボロボロになりながらもリップがアイアンクローを出そうとするが、これも阻止されあっけなく敗北。

ローラーは「俺はフォン・エリック家無敗。ファンはクソ、奴らはフォン・エリック家と叫ぶんじゃなくて、「Filthy」トムと叫ぶべきだ」と終止悪態をついた。これに、ロスたちフォン・エリック家が乱入、しかし、スプリット・スクワッドもやってきて睨み合いに。

▼MLW世界ミドル級王座にエル・リンダマンが挑戦

リンダマンは 自分のパワーをアピールするも、チョップをする際にベストが邪魔になってしまう。リードが主導権を取ると、ダウンしたリンダマンの胸を踏み抜く強烈な攻撃。リンダマンがトップロープからの攻撃で反撃に転じると、蹴りを2発おみまいする。

スープレックスは切り返され、主導権はマイロンリード、リンダマンは苦戦を強いられる。リード1916、カウントは2。リンダマンもみちのくドライバーを放つがこれも2カウント。場外から飛び込んでのエースクラッシャーでリードが勝利。

▼インジャスティスの前にキング・モーとACH登場!

インジャスティスの2人が屋外でニューヨークなんて目じゃないぜと自分達を宣伝。New DayのBig Eはクソだとのたまうと、MLW世界ミドル級を防衛したリードを祝うべきだと続ける。フロントは自分達を評価しておらず、オペラカップにノミネートされていないことを不満に思っているとのたまい、リング内に椅子を持ち込み始める。キング・モーがリングに現れるも、握手に応じないので攻撃するインジャスティス。ここに現れたのが、WWEを離脱したばかりのACH!!

 ACHが序盤から圧倒的なパフォーマンス、インジャスティスのコットブラジルとジョーダンオリバーを瞬く間にドロップキックで倒していく。だが、インジャスティスはチームワークでACHを翻弄してみせる。

何度もキング・モーにタッチしようとするも阻まれる。ようやくリングインしたキング・もーが大爆発。ブラジルを叩き付けると大暴れ。しかし、インジャスティスは二人掛かりでモーを止める。なんとかタッチしたACHは機動力でインジャスティスに迫ると、ブラジルに対し、強烈なスプラッシュからのレッグロックで勝利!

▼セミファイナル ブライアンピルマンJr. vs ティモシーサッチャー

ピルマンは肩にテーピング、サッチャーは序盤からピルマンを圧倒。スープレックスを避けるピルマン。サッチャーは痛めた肩に照準を絞る。さらに痛めつけるようにハーフボストンクラブ、さらに戻って腕を後ろに極めていく。じりじりとグラウンドでいたぶる。

ピルマンはスーパーキック、チョップをまじえ、主導権を取り返すも、コーナーの展開でサッチャーが逆転。クロスボディに来たピルマンを切り返してのスープレックス!サッチャーが再びアームバーを狙ったところをピルマンは丸め込んでの3カウント。

▼"The Dynasty" vs "Hart Foundation"

ハマーストーンとデイビーボーイ・スミスJr.の一戦。この2つは敵対するユニットの対決でもある。ハマーストーンにはセコンドにリチャード・ホリデーがつく。スミスはハマーストーンの腕を攻めていく。一方的にやられるハマーストーン。しかし、ホリデーが介入、場外に逃げたところをハマーストーンがフェンスに投げつける。リングに戻ると、スープレックスからスリーパーに入り、ギブアップを迫る。

切り返したスミスはビックブーツの連打からレッグドロップ、さらにスープレックスからのクロスフェイスロックで攻める!ハマーストーンはこれを逃れるも、介入しようとしたホリデーにキックを誤爆。これを逃さなかったスミスがコーナートップからの攻撃をヒットさせて勝利。

▼暗躍するコナン

AAAではLAパークと共にルーシュらロス・インゴベルナブレスと結託したコナンがMLWに登場。MLWとAAAのパートナーシップを促進すると話す。 現在、MLWに所属するジーノ・メディナの未来を躍進させると言い、彼がエル・グリンゴス・ロコス、エデイ・ゲレロやコナンとチームを組んでいたエル・サングナリオの息子であると話すも、メディナはコナンは自分を利用しようとしていると話す(よく分かってる)コナンはメディナが連れている女性サリーナ・デラレンタが彼の最高の状態を阻んでいるといい対立。

サリーナとコナンは酷い言い争いをしていると、そこへ "The Dynasty"が現れる。MJFはマイクで「俺が誰よりも優れている」と煽ると、コナンと対峙。彼等はコナント殴り合い、メディナに加われと言う。MJFは「2つの選択肢がある。メディナがトップになりたいんだったら、正しい行動が何かを知っている」と話すと観客は無慈悲なコーディ・ローズチャント。

ホリディーとハマーストーンが口々にどうすべきかを話すと、メディナはコナンの手を握ると見せかけて攻撃を加える。なんと衝撃の "The Dynasty"入り!!グッチのスーツに身を包み、ルイ・ヴィトンのサングラスをかける彼にはお似合いの選択だったか。

 ▼スプリット・スクワッドvsフォン・エリック家

総合格闘技出身のトム・ローラーに習ったMMA仕様で現れたスプリット・スクワッド。序盤は主導権を握るも、合体チョークスラムとアイアンクローであっけなく終了。試合後に乱入したリップ・フォン・エリックもまとめてお仕置き。

 ▼プリンスオブダークネスマッチ

ジミー・ハボックは試合前からビールをがぶ飲み。その状態で両者目隠しをしての試合。
マンスワーナーはハボックに強烈なストンピング。観客は両者を発見するための手助けをする。ハボックは触られないように腰を低く下げている。ワーナーが誰かに触れるもこれはレフェリー。

ハボックはマスクを外してカンニングするもこれを戻される。ワーナーを殴りつけるもエルボードロップは自爆。ハボックは合法的にマスクを外すためにレフェリーをマンスにぶつけると、プリシラ・ケリーがマンスに攻撃するために乱入!そのままハボックがラリアットでマンスに勝利。

▼ニューヨークシティストリートファイトマッチ

ジーノ・メディナには早速 "The Dynasty"の面々が。サビオ・ベガとの対戦。ベガは竹刀でメディナをめった打ち。チョップで反撃するも、ゴミ箱の蓋でぶん殴られる。メディナは椅子で反撃を示す。

 一時停止の標識、ホッケースティック、ゴミ箱が飛び交う乱戦。コーナーにベガを叩き付け、平手打ちをするも、ベガも主導権を取り返すと背中をホッケースティックでぶん殴る!メディナがエルボーからの蹴り。 "The Dynasty"が介入して、メディナはパラダイスイントラブルをヒット!!

試合後、アリシアが彼等にインタビュー。MJFは「彼には座るべき椅子が用意されている。」と言うとアリシアは試合に勝った方法に付いて疑問を投げた。「カナダは奇妙な事がある。アメリカでは敬意と呼ばれるものがある。カナダのやり方で"Sorry"と言え」と侮辱。メディナは改めて "The Dynasty"に加わったことをアピール。

▼CONTRA Unit vs #STRONG HEARTS

MLW世界王者ファトゥ率いる極悪集団CONTRA Unitと世界を股にかける#STRONG HEARTS。何故かリンダマンが2試合やらされているが、CIMAと入江がいるというのは心強い。

やはりリンダマンが捕まる展開。クォンとゴッチが代わる代わるコーナーでいたぶる。ようやく入江にタッチ、ゴッチと共に場外に落ちると、ゴッチはパイルドライバーを狙う。入江は拒否。ファトゥと入江の衝突!!アノアイファミリーのファトゥと体格の似た入江の超弩級の衝突合戦、クローズラインは互角、クロスボディでお互いに意地を張ってみせる。スワンダイブのムーンサルトはCIMAがカット。

ストロングハーツが一気にチームで畳み掛けるがファトゥがこれを全て弾き飛ばす。ドラゲー仕込みの連携技を返すのだからファトゥの異次元っぷりは伝わるだろうか。CIMAのトップロープからのストンプ、入江のバックスタバー、リンダマンのジャーマンを全て返したファトゥはCIMAを強烈なサモアンドロップで一撃!!さらにコーナートップからのムーンサルトをくわえて3カウント。

入江とファトゥの絡みは、まだまだ見たい。

▼ オペラカップ決勝 デイビーボーイ・スミスJr. vs ブライアンピルマンJr

互いに父親まで遡ると、ハート・ダンジョンに辿り着く2人がこのオペラカップの決勝で顔を突き合わせる。両者ともにロックアップからスタート。まるでハート家の地下練習場のような空気。スミスがリード、肩を狙って腕を中心に責め立てる。

ピルマンは場外に叩き出して、一気に責め立てる。しかし、ビックブーツで逆転すると、硬い床にピルマンを叩き付ける。戻ろうとするピルマンを何度も遮る。チンロックと同時に肩を攻め、動けなくなったところへレッグドロップ。ピルマンは流れを変えようとスープレックスから丸め込み、しかしエルボーでこれを止めるスミス。スーパーキックでなんとかスミスに一矢報いる形に。

スプリングボードエルボードロップを放ったピルマンさらなる追撃を狙うもスミスがチョップで止める。ツームストンパイルドライバーからのダイビングヘッドバッド 、これをカウント2で返す。ならばと、パワーボムからのクロスフェイスを狙うがピルマンはこれを丸め込む。しかし、スミスは諦めずにクロスフェイスに捉えてピルマンがタップ!!

勝利したスミスはトロフィーを受け取ると、ピルマンと共にポーズを決めてみせた。





オペラカップの成り立ち自体がハート家の物語ではあるものの、WWEを見てる人にとってはナタリアの堅実なレスリング=ハート家だし、MLWにとってはテディ・ハート、スミス、ピルマンなどハート家やハート・ダンジョン(ハート家にレスリングを習った人達)に関わりのある人達の大きな物語の中にある。

その中でも、スミスが決勝で見せたツームストンからのダイビングヘッドバッドは彼が敬愛してやまない父デイビボーイ・スミスのパートナー、ダイナマイト・キッドの技だし、最後に見せたクロスフェイスはカナダの盟友クロス・ベノワの代名詞である。そして、どちらも日本のファンには心に刻まれた存在だ。

やはり彼のファイトが日本で見たいと思う。NOAHがインパクト・レスリング、MLW、IWRGと一時の鎖国宣言から軸足を変えたことで、新日本ではない景色というのを見せようとしているのは感じとれる。というのもNOAHを離れた秋山が社長に戻った全日本の盛り上がりというのがNOAHとしてはかなり意識せざるを得ないというのを感じる。

選手の離脱や整理こそれど、若手が体が大きい選手が多く、諏訪魔や石川などキャリアもある選手もいて、全日らしいデカくて強いプロレスが戻ってきた印象がある。

これを打開していくためには、NOAHとしては海外で丸藤が求められているうちに、新しい局面を打ち出したいという気持ちはあるのだろう。

幸いにも、インパクトにはNOAH出身と言うべきエディ・エドワーズ、丸藤をリスペクトするマイケル・エルガン、MLWのフォン・エリック兄弟はノアの練習生上がりだし、スミスも鈴木軍としてNOAHには長い事参戦していた。耐えぬいたからこそ、ここまでの速度で物事が進んだと言える。

先日の興行で、中島と潮崎の一戦、興行全体が非常に評価が高いことからも、この提携の波がうまく動けば、新日の後ろを追いかけるには絶好のチャンスとなりうるだろう。

エルガンとタッグを組むスミス、対する杉浦、藤田とか見てみたいと思うのは勝手な話だが。


【その他のMLWの話題はこちら】 


0 件のコメント :

コメントを投稿