Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

WWE:レッスルマニア未出場のニッキー・クロス、女子部門活用問題に触れる

 

ニッキー・クロスはレスリングをしたいのに、なぜWWEは彼女をテレビに映さないのでしょうか。

WWEは、今年のレッスルマニアに向けて、RawでもSmackdownでも女子部門の活用があまりうまくいっていません。ベイリー、シャーロット・フレアー、ニッキー・クロスのようなより才能のあるパフォーマーの何人かでさえ今年の最大のショーを座って見ている状況です。

ニッキー・クロスはこのような状況に対し、ソーシャル・メディアを通じて、心のこもったメッセージを投稿しました。



「私は学士号を習得しました。私は修士号を習得しています。欲を言えば博士号も習得したい。私はパーソナルトレーナーとジムインストラクターの資格も持っています。その気になれば、スピンクラス(インドアサイクリング)を教える事も出来ます。しかし、私には欲しいものがあります。私はレスリングをしたいのです。楽しませたいのです。そのために生まれてきたのですから。」

このツイートには、レッスルマニアの予定から外されたシャーロット・フレアーも拍手の絵文字を送っています。ニッキーはシャーロットの誕生日ツイートに返信をしています。本日のRawはこれらの女性が活躍の場を得る最後のチャンスでしたが、何も変更は加えられませんでした。

Sportskeeda

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!