ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

AEW:クリスチャン、AEWデビュー戦を幼なじみのエッジと一緒に再観戦

 

 

水曜日のAEW Dynamiteでのクリスチャン・ケイジとフランキー・カザリアンの1on1は彼にとって7年ぶりの本格的なシングルマッチとなりました。彼は2014年、脳震盪関連の怪我とリスクで欠場していました。

「リングに戻ってくるのは素晴らしい気分でした。正直なところ、少し非現実的な気分になっていました。出場する直前は、自分自身でつねらなければいけないくらいでした。ロープをくぐって、リングにきすをしたんです。あれは7年前に失ったものを取り戻すための象徴のようなものでした。まるで家に帰ってきた気分だったんだ。」



「あのロープをくぐった時に全てが戻ってきた。どんなにトレーニングを積んでも、実際にそこに行ってやってみることには敵わない。今回の試合は自分自身に対するテストであり、フランキーに対するテストであり、長い休養期間を経て戻ってきたことによる全ての要因に対するテストだったんだ。まぁ、私はいつも自分に厳しい批評家であるからして、自分自身にはBプラスの評価をしたけども」

クリスチャンと幼なじみのエッジはプロレス界で最も多くの実績を持つタッグチームの一つです。エッヂはクリスチャンがAEWやWWEでの将来を考える際の相談相手として活躍しましたが、ケージは親友と一緒にAEWのデビュー戦を再観戦しました。

「(エッジは試合を見たのか)あぁ、見たよ。うちに泊まってるからね。タンパではSmackdownとRawの撮影があるから、一緒に見たんだ。彼はとても喜んでくれて、めっちゃ褒めてくれたんだ。もちろんいつもお互いに細かいことを言ったり、建設的な批判をしたりもしてるんだけど。大体、同じ意見。復帰一発目としては、これ以上はないねって感じ」

ET CANADA

コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!