国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年4月2日金曜日

WWE:ペイジが語るどうやってドラッグや飲酒依存を断ったのか

0 件のコメント :

 

元WWEスターのペイジが、今週、レニー・パケットのポッドキャスト「Oral Sessions」にてインタビューを受けました。ペイジはイギリスのレスリングシーンからの道のりと、レスリング一家で育ったことについて語りました。また、WWEでの活動、ダスティ・ローデスを罵倒したこと、そして個人的な悪魔を克服したことについても語りました。

ペイジは断酒に付いて語りました。

「私は3年間薬物を使用しておらず、2年以上お酒を飲んでいません。これは素晴らしいことです。また、肉類と乳製品を完全に断っています。私は『ヴィーガンでなければいけない、そうでなければ地獄に堕ちる』というようなクレイジーなヴィーガンではありません。動物は好きですが、そういうことでもありません。私はただ、健康であること、気分がいいこと、肌が綺麗であることに夢中になっているだけです。」

また、薬物やアルコールの使用をやめたきっかけを聞かれました。

「正直なところ、WWEに戻れるという連絡を受けた時は、とても気分が高揚しました。私はもう失敗しなくていいんだ、って思ったんです。食料品店で小さな少女が私を偶然見かけた時は、まるでやせ細った鳥のようで、みすぼらしくて、バッドな時期でした。でも、彼女は私をスーパーヒーローのように、ワンダーウーマンか何かのように見ていました。もちろん、彼女はソーシャルメディアを読まないだろうし、私はヘッドラインにのったりすることもないのだけど、彼女は私を見てとても喜んでくれて、『いつかあなたのようになりたい』と言ってくれました。本当に目が覚めた瞬間でした。」

「世の中には、私達を尊敬してくれている女の子や男の子がたくさんいて、彼等は私達に導かれたいと思っているし、私達が手本になることを望んでいるのです。私が完璧な手本だとは言いません、だってそうじゃないから。でも、私は何度も失敗して立ち直り、今は前向きに良い度をしているので、人々は私を尊敬してくれているのだと感じています。」

Wrestling News.Co

0 件のコメント :

コメントを投稿