WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

イメージ
  皆さん、AbemaでWWEしてますか? 多くの人がリアタイで楽しんでいる様子がXのTLを賑わせていますが、その盛り上がりを見て、無料だし見てみようかなと思ってる人もいるかと思います。さて、そんなTLの様子を見てると、フジの深夜ぶりに見るとか、昔は見ていた、初めて見るという人も大勢いるようです。 Abemaでは適宜、日本語字幕などで選手の紹介などがされていますが、もう少しだけ詳しくなると、もっと今のWWEが楽しくなるポイントを解説していきます。 【その1:2023年のWWEとはBloodlineである】 今週のRAWでドリュー・マッキンタイアがジェイ・ウーソに対し信頼していない、という旨の発言をしていました。これはジェイがかつてBloodlineに所属していたことに端を発します。 Abemaでの放送では、ジェイがBloodlineを離脱した後から始まっているため、あまりこの関係性について深く語られていませんが、2023年のWWEのストーリーラインの主軸はBloodlineそのものであると言っても過言ではないでしょう。 まず、Bloodlineはワイルド・サモアンズとして知られるシカ・アノアイを父に持つ"トライバル・チーフ(一族の長)"ローマン・レインズ、リキシを父に持つ双子でレインズの従兄弟に当たるジミー・ウーソ、ジェイ・ウーソ、その末弟のソロ・シコアが中心的なメンバーです。 レインズはWWEユニバーサル王座を1130日以上防衛し続ける現在のWWEの絶対的王者です。しかし、その防衛には絆を誓う家族の存在が不可欠であり、レインズのピンチとなれば、Bloodlineのメンバーは介入だけではなく、襲撃などもいとわない無法なヒールユニットとも言えます。 しかし、ここに一人、密告者が加わったのが2022年9月。サミ・ゼインはウーソズと抗争中だったRK-Broらがバックステージで彼らの悪口を言っていたと告げ口したところから始まり、Bloodlineにすり寄るとサミは旧知の仲であるケビン・オーウェンズとも仲違い。徐々にBloodlineの信頼を勝ち取り、名誉メンバーとして受け入れられました。 ですが、2022年最後のスマックダウンでレインズと組んだサミは、オーウェンズ、ジョン・シナ組に敗北、徐々にレインズからの信頼を失っていき、オーウェンズとの王座戦を前にレ

WWE:NXT女性スーパスターが語るベス・フェニックスからの影響、そしてベスが語るチャイナへの憧れ

 

 

NXTで活躍する女性スーパースター達が、ベス・フェニックスから受けた影響について語りました。

ベス・フェニックスがWWEに登場した頃、WWEの平均的な女子レスラーは、リアリティ・コンペティションを経てプロレス入りしたスーパースターが中心でした。メリーナ、キャンディス・ミッシェル、レイラなどがそうです。ベスは元々プロレスファンで、プロレスラーになりたいと思いながら入ってきました。

WWEファンであると同時に、ショーン・マイケルズやブレット"ザ・ヒットマン"ハートなどのスーパースターのファンであったことから、リング上でのスタイルも確立していました。そのおかげで、ベスは当時のWWEのテレビ番組出は一般的ではなかった、よりアスレチックなスタイルを披露することが出来、エンバー・ムーンやリア・リプリー、そして女子プロレスをまったく新たな次元に導き、現在の多くの女子スーパースター達に刺激を与えました。

WWE Icons Netwaorkのスペシャル番組で、2人はベス・フェニックスが彼女達のプロレス人生にどれほどの影響を与えたかを語りました。エンバー・ムーンが"グラマゾン"について語ります。

「初めてベスを見た時には、女子プロレスの世界に目を見張るものがありました。「この子はとてもユニークだ、私も彼女のようになりたい」と思いました。それが私のキャリアに影響を与え、「私は私のやり方でなければいけない」とおもうようになりました。誰かの次二なろうとする必要はありません。彼女は自ら人と違う事をしたからこそ、成功したのです。」

続いてリア・リプリーも明かします。

「彼女はまるで男性のようなレスリングをしますが、私はそれが大好きです。高校時代、私はいつも筋肉質で、男のようだと言われていたので、何年もの間、本当に落ち込んでいました。しかし、彼女も同じような悩みを抱えていた事を知っています。ベス・フェニックスのような人が私のテレビに登場し、私が好きだったことをやっているのを見て、感動しました。」

現在、NXTの専任コメンテーターを務めるベス・フェニックスが今の世代の女性達に与えた影響を間近で見る事が出来ました。ベス自身もチャイナから影響を受けたことを明かしています。

「私は固定観念から来るプレッシャーで、不健康に体重を減らそうとしていました。自分の体重にとてもこだわっていました。スクールカウンセラーや良心が介入して、その時期のカウンセリングを手伝ってくれることもありました。私の人生の中でボディイメージは私にとって挑戦的なものであり、ありのままの自分を受け入れる方法を見つけなければいけないと感じていた時期でした。」

「80年代、90年代のレスリングでは女性の表現が希薄でした。チャイナが登場した時、私は夢中になりました。それまでにも女性のボディビルは男性と並んでスター性を持っていました。それが私の中ではとくに光り輝いて、チャイナから刺激を受けたんです。チャーナがどこかで特集を組まれる度に、私はフィットネス雑誌を読み漁り、「どうやってあの強さを手に入れたのか、どうやってあの体を手に入れたのか」という秘密を解き明かしていました。私もあんな風になりたい。だから、自分の心の中で、どうやってWWEに入るかという自分の旅程を組み上げ、「まずはレスリングチームから始めよう」と言ったのです。」

ベスは2007年ノー・マーシーでキャンディス・ミッシェルを破り、初の女子王座を獲得します。

「当日、私はコスチュームを作っていませんでした。試合は直前にブッキングされたので、予想していませんでした。私はコルセットをチャイナの衣装を作ってた裁縫師のジェリーにところにもっていき、彼女に「どうしてもチャイナの雰囲気を出したいの、パワフルな女性を」と話しました。"グラマゾン"のアイデアは、チャイナとトリッシュの中間的なものだったんです。トリッシュがやっていたことを少しでも前進させたいのと同時に、チャイナのようにパワフルで型破りな女性になりたかったのです。」

「ジェリーはコルセットをクリスタルで飾ってくれました。その他の衣装にも革とクリスタルをつけてくれたことで、私の心の中の小さなプロレスファンにとってとても特別なものになりました。私自身、これから先チャイナとの類似性を持ち続ける事になるという、とても意味のあるものでした。チャイナ、トリッシュ、モリーが獲得するのを見ていたのと同じタイトルですから、とても感慨深いものです。この歴史の一部は私にとってのヒーロー達が持っていたものです。本当に特別だったのは、次のトリッシュになろうとするのをやめて、最初の私になり始めたときでした。」

ベスはチャイナの足跡を追って、同じタイトルを持っただけではなく、2010年には男子のロイヤルランブルに出場し、チャイナが99年と2000年に達成したのと同じ目標を達成しました。

「ディーン・マレンコが私のところに来て、「男子ランブル戦のアイデアがある」って言ったの。私は心臓がバクバクして、「待って?なんて?」彼は"秘密を守れるか?"というから"もちろん"と返しました。もし何かが漏れたら、何も起きません。みんな、私に興奮して、とても喜んでくれました。アマチュアのレスリングチームで優勝したときのあの瞬間に戻ったようでした。チャイナはランブル戦に参加した最初の女性で、私は彼女の靴を履いて、女性の歴史の壁を破るために自分の貢献を加える事が出来た瞬間でした。個人的には男性レスラーのみんなにも応援してもらえたことがとても嬉しかったです。」

ベスはその試合で、ザ・グレート・カリを退けました。またWWEの歴史の中で男女両方のロイヤルランブルマッチに出場経験があるのは、ベス・フェニックスとナイア・ジャックスの2人だけです。

Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:ビンスの性的不正行為追求を担当していたマンジット・シンとイグナス・ラフードの辞任は、ビンスの復帰に反対しての辞任と判明