WWE:元MLWレスラー、ランス・アノアイがタマ・トンガについて語る「ハクは俺達のおじさんでタマは俺達のファミリーだ。一人ぼっちのジェイを助けることも出来る」

イメージ
  アノアイ家はTama Tongaを自分たちのものと考えている。 本誌のデイブ・メルツァーが昨日報じたところによると、トンガはWWEに向かっており、一部のファンは彼が到着したときにThe Bloodlineに参加する可能性があるのではないかと考えています。 今月初めのレッスルマニア40の記者会見で披露された 「ザ・ロック」 の家系図にはトンガは登場しなかったが、ハク (トンガ・フィフィフィタ) と彼の息子たちは王朝の一部と考えられています。 元MLWのレスラー、ランス・アノアイは最近、スティーブ・フォールとトンガ、兄弟、父親との家族関係について話しました。 アノアイ氏は次のように述べている。 「ハクは俺達のおじさんだよ。彼を尊敬しています。島の文化に似ていると思います。みんな南太平洋から来たんだ。だから島民は1つの品種のように人間をくっつけているだけなんです。でもね、タマトンガの成長を見たんだ。私は日本にいる間彼らと遊んだ。私たちのスケジュールが合って夕食を食べることを祝福したときはいつでも。そこにはいつも愛がある。本当かどうかは知らないけど。タマトンガがサインしたとネットで読んでいます。彼がそうしたなら、彼のために良いことだ、十分に値すると思う。」 アノアイ氏は引き続き、トンガがRawでジェイ・ウーソと連携することを望んでいると述べた。 「ジェイはひとりぼっちだ。タマは家族だと思っています。だから、ジェイは助けを借りられると思う。特にソロとジミーが壁を乗り越えてジェイを攻撃し続けているのを知っているときに、私はレッスルマニアの試合を信じているので、うまくいけばセットアップ。それが私たちが望んでいることです。」 2人の間に血縁関係がないにもかかわらず、ロックは長い間ハクのことをおじさんと呼んできた。2015年、彼は 「トンガおじさん」 にトラックをプレゼントしています。 トンガと弟のタンガ・ロアは、ゲリラズ・オブ・ディスティニーとしてNJPWで7回のIWGPタッグ王者です。トンガがバレットクラブから追い出された後、グループは現在、ロア、ヒクレオ、邪道、ELPで構成されています。ヒクレオとELPは現在のストロングオープンウェイトタッグ王者です。 ランスは10月にMLWから釈放されました。彼は以前のインタビューで、解雇を求めた理由の一部は、WWEの番組で家族と一緒にい

AEW:クリス・ジェリコが語るWWEとのクリエイティブでの違い「もっとも大きな違いは偏頭痛が減った事」

 

今週のBates Open Rasioのインタビューで、AEWのスターであるクリス・ジェリコがAEWとWWEのクリエイティブ・プロセスに着いて語りました。もっとも大きな違いは偏頭痛が減ったことと話します。

「WWEでの仕事を考えてみると、素晴らしい場所であり、素晴らしい時間を過ごせるが、精神的なプレッシャーが大きいんだ。何かを変更しなきゃ行けない時は、ビンスと話すために待っていなきゃいけない。彼がいそがしかったら、オフィスの外で1時間でも2時間でも待たなきゃいけない。そういうストレスがなくなったことが、AEWの醍醐味の一つだね。俺達は本当によく協力し合っていると思うよ。」



「異なる2つのシステムなんだ。WWEは巨大で、彼等が億万長者のテレビ会社だってこと。AEWはWWEよりも仕事を楽しんでいるってこと。」

続いて、ジェリコはThe Wednesday Night WarsでのAEWの勝利について聞かれました。ジェリコはこれまでにも答えているように、驚きは無く、NXTに注意を払い過ぎる事も無く、自分達の道を進んだAEWを評価しています。

「バックステージでちょっとケーキを食べるくらいしかしなかったけど。この戦争は数ヶ月前から決まっていて、我々が求めた戦争でも、我々が作り出した戦争でもない。あいつらがやることなんだ、そして負けた。あっさりと負けた。酷い目にあった。NHLのためにあいつらは移動せざるをえなかったのは、彼等にとって都合がよかったのかもしれない。あいつらは我々の視聴率を気にしない方がいいし、我々もあいつらがいないほうがいいんだ。」

「心配した事はないな。番組中にNXTを流したこともないし、次にどんなセグメントと対戦するのか、何が起こっているのかも分からない。我々は自分達のショーをするだけだったんだ。WWEのことをよく知っているから、あいつらはこっちがショーをやってる間、テレビ画面の一つにはこっちのショーを映していただろう。こっちはそんなことしなかったけど、自分達で精一杯だったし。NXTに勝ったことは素晴らしい事かって?もちろん!でも、一番いいのは、その夜を自分達だけで過ごせる事なんだ。心配する必要がないからね。10万、20万か分からない、50万、それ以上の人が我々のショーを見に来てくれるという事は素晴らしい事だよ」

「誰も来なくたって、それはそれでいい。何故なら、我々はこれまで通り、可能な限り最高のショーを開催するだけだからだ。それがNXTだろうが、政治的な問題だろうが、グラミー賞だろうが、気にしていない。自分達が変えれる事、取り組める事は、自分達の番組でより多くのファンを惹き付け、自分達のネームバリューとブランドを出来る限り高めるために、最高のプログラムを提供する事だけなんだ。」

ブリー・レイはジェリコにAEWのロッカールームにいる若いタレント達は多くのベテランの指導者をりようしているのかと尋ねました。

「利用しています。私は自分の経験からしか物を言えないが、私の部屋の外には時々行列ができます。ビンスやトニー・カーンのように誰もが質問に来たがる気がします。素晴らしい事だ。私と話したい人のために時間を割きます。時々、問題を抱えている人の気持ちを軽減してくれるバーテンダーのような気分になるんだ。クリエイティブなことを話したり、典型的な話をしたりね。「空回りしているような気がするんです、どうしたらもっとうまくできるんでしょうか?」とかね。」

「大勢のロースターがいて、多くのショーを行っています。いつもDynamiteは巨大だと説明しますが、DarkもElevationも同じです。Elevationはここまでのエピソードで100万人を動員したと思います、そういうことが沢山あります。」

「この番組のベテラン達の魅力は、私よりも経験豊富な選手達がいることです。タリー・ブランチャードやジェイク・ロバーツなどの選手と会話しました。私と同じレベルの選手もいる。ドン・キャリスやルーサーのように30年の経験をもつ者もいるし、ケニー・オメガのように20年のキャリアを持つものもいます。様々なレベル、様々な考え方を持ったベテランがたくさんいます。みんなのところに行って、色々な意見を聞いてみるといいと思います。ダスティンと話をして、そこにいる経験豊富な人達と話をして、自分のキャラクターをどのように広げていくか、自分にとってより良いものにしていくかを選ぶ事が出来ます。」

「昔ながらのアドバイスが欲しければ、それを得る事ができます。ケニー・オメガのように新しいと思われている選手からのアドバイスを得る事も出来ます。何十年続けている選手のアドバイスも得れます。このようにAEWには様々なスタイルの選手がいて、各国の選手の経験値も様々である事が重要です。」

ジェリコはAEWとパフォーマンスセンターの違いについて言及しました。

「ここは同じシステムで育ったからといって、みんなが同じように働き、同じように話すこうじょうではありません。AEWのメンバーは世界中から集まっていているので、その全てが関連しており、AEWのTV放送で活動する際にはその全てを利用する事が出来ます。」

Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

里歩を巡る数奇な状況について