国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年4月24日土曜日

WWE:ミッキー・ジェームズゴミ袋問題に進展!タレント部門シニアディレクター解雇、トリプルHが謝罪しCMパンクなども反応

0 件のコメント :

 

ミッキー・ジェームズが自分の持ち物がゴミ袋に入ってWWEから送り返された事を明らかにした数時間後、ジョン・ローリネイティス、トリプルH、ステファニー・マクマホンの3人は、ジェームズに事件を謝罪し、責任者が解雇されたことを発表するツイートを送りました。Wrestling Incは元タレントリレーションズのシニアディレクターであるマーク・カラノが解雇されたと報道しました。

このニュースには何人ものレスラーが反応しています。CMパンクは、物議を醸すようなWWEからの離脱には慣れていますが、トリプルHの声明を引用し、「あなたがそう言うなら」というGifを添付しました。

現在、Impactのプロデューサーを務め、ノックアウト・チャンピオンに7回輝いたゲイル・キムはより直接的な反応を示しています。

「ハンターが率先して行動したのは良い事ですが、私がいたずっと前から起こっていた事です。いつも同じ人がやっていたんでしょうか?少なくとも彼等は何かをしました。」

このコメントは、昨年リリースされた後、WWEから同じような扱いを受けたと述べたマリア・カネリスのコメントと同じです。トリプルHの発言の真意を疑問視するファンに答えました。

「私達には(真意は)分からない。もし誰かが解雇されたら、その人が犠牲になったということでしょう。もしそれで今後の状況が変わるのであれば、少なくとも何かのきっかけにはなるでしょう。」

「(1人の人間よりWWEの文化に責任があるという声に対し)正しいです。システムと文化を変えるのです。非難した人間を解雇するのはやめましょう。それは何の解決にもなりません。」

ステファニー・マクマホンも謝罪した事に対し、キムはこう指摘します。

「それなら過去10年以上働いてきた全ての女子が謝罪を受けるべきですね。」

元WWEスターのジリアン・ホールもカラノの解雇に反応しています。

「どうやら10年以上前にリングギアをゴミ袋に入れられたのを間違えた人のせいにしていたようです。彼女はもう会社にいません。私は公に彼女を責めることはせず、誰がやったのかは知っていると思っていました。なんて失礼なことをしているのだろうと思い、自分にだけ起こった事だと思った事を覚えています。」

今回のリリースでは、幾人かのレスラーはWWEに対し、批判的な姿勢を見せていたことをきっかけにリリースされたと考えられています。しかし、このゴミ袋に入れて荷物を返すという行為がその批判をさらに炎上に繋げる形になってしまいました。既にリリースされたレスラーからこういう声が上がることで、WWE自体にこれまでも同じような状況があったことが明らかになっています。

Wrestling Inc

0 件のコメント :

コメントを投稿