国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年4月8日木曜日

WWE:初の黒人女性2人でのタイトルマッチに挑むビアンカ・ベレール、数奇な運命に導かれたWWEへの道とは

0 件のコメント :

 

 

ビアンカ・ベレールは、プロレスを見て育った訳ではありません。またレスリングのタイトルマッチやチャンピオンベルトを夢見る事もありませんでした。本名、ビアンカ・ブレア・クロフォードは、陸上競技と体操競技をしていました。彼女が尊敬していたのは、フローレンス・グリフィス・ジョイナー、ゲイル・デヴァーズ、ドミニク・ドーズの3人の黒人女性アスリートのチャンピオン達でした。

しかし、このような計画を誰かが立てたわけではないですが、ベレールは今、同じような状況に置かれています。WWEのメインロースターに加入して1年、彼女は今週末レイモンド・ジェームス・スタジアムで開催されるレッスルマニア37でヘッドライナーを務めます。さらに土曜のスマックダウンでのサーシャ・バンクスの対戦は、黒人女性2人による初のレッスルマニア・タイトルマッチとなります。



ベレールは、自分のロールモデルが少女時代にどのような影響を受けたかを考えます。

「彼女達のおかげで、私はアスリートになりました。プロの陸上選手や体操選手ではありませんが、そういったことをしてきたからこそ、今の私があるのだと思います。私の人生や成功は、彼女達から大きな影響を受けています。私自身、これが自分だけのものではなく、また歴史を作るためだけのものでもないという事実が好きです。女性のため、黒人女性のため、代表として活動する事です。素晴らしい事だと思います。」

31歳のベレールは、WWEにとってニュースターの1人です。彼女はプロレスで成功するために必要な運動能力とカリスマ性を兼備えており、土曜日のタイトルマッチはそれを証明する最初の試合になるでしょう。

「私のWWEへの道はユニークなものでした。現実になるまで、それが夢だと気付きませんでした。だけど、私がレスリングを見つけたんじゃありません。レスリングが私を見つけたのです。」

大学の陸上部とクロスフィットの選手だったベレールがレスリングの世界に入ったのは、偶然の産物でした。彼女は肋骨と胸骨の間の軟骨が炎症を起こす、肋軟骨炎を発症しました。そのため、靴ひもを結んだり、死角に視線を向けるだけで心臓発作と見まがう程の痛みを感じることがありました。クロスフィットの大会に向けてトレーニングをしている最中、ついに肋骨が胸骨から飛び出し、そのキャリアを終える事となりました。

ベレールの治療中に、彼女は新たな挑戦を探していたのですが、重量挙げの全米チャンピオンであり、オリンピックのパワーリフティング選手でもある元WWEレスラーのマーク・ヘンリーが彼女のインスタグラムを見つけコメントをしたことから、WWEのトライアウトを受ける事となったのです。

現在、WWEのグローバル・タレント戦略、開発担当副社長を務めるポール・"トリプルH"・レヴェスクは「彼女は入ってきた時にクレイジーなアスリートでした。WWEが何であるかすら知らなかったと思います。だけど、彼女は強烈な個性と光り輝くカリスマ性を持っていました」と語ります。

ベレールはNXTでのサーキットで、キャラクターとしての声を開発し、自信に満ちた魅力的な人物像を押し出しました。彼女はNXTのESTであり、サーキットで最も強く、速く、美しいと自負しました。長い三つ編みのポニーテールは彼女のトレードマークの一つであり、リング上ではムチのように使う事さえありました。そして今、彼女はWWEのESTになることを目指しています。

「私にとって最も難しかった事は、ビジネスの歴史やパフォーマンスの芸術的な部分を学ぶ事に追われていたような気がします。ビアンカ・ベレールというキャラクターは私自身の性格に近いと思いますが、1000倍にパワーアップしています。」

ベレールは肋骨周辺の筋肉を鍛える事で、症状を克服しました。「幸いな事に、これまで大きな問題はありませんでしたが、これに対処しながらここまで来るのは大変な道程でした」と振り返ります。

彼女は昨年のレッスルマニアの後RAWでWWEデビューしました。また今年1月に行われた女ロイヤルランブルで優勝し、レッスルマニアへの出場権を得ました。2月にはタイトルホルダーであるサーシャに挑戦する事が発表になりました。

「サーシャは自分のことを自らボスと呼び、自らをブループリントだと言いますが、彼女は嘘をついていないし、その全てを持っていると思います。確かに彼女は自らベストだと言いますが、私はアスリートなので、競争から逃げたりしません。私は競争が大好きで、切望しているんです。レッスルマニアで彼女と一緒にリングに上がれる事に興奮しています。なぜなら、私は自分の事をB-E-S-Tと呼んでいるからです。そしてその夜、誰がトップに立つのか見てみましょう」

例え、彼女がタイトルベルトもってスタジアムを後にしなかったとしても、トリプルHはWWEでのベレールの将来は明るいと述べます。

「彼女がWWEに来てまもない頃、私は「彼女がレスリングを学べるようになるには少し時間がかかるだろうが、一度学べば、ここには天井がない」と思っていました。彼女は現在全てのツールを持っています。謙虚で、ハングリーで、まさに今の彼女は、私達がこれまで見た事も無いような大スターになるでしょう」と述べたのです。

Tampa Bay Times

0 件のコメント :

コメントを投稿