Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

WWE:パフォーマンスセンターに新加入のメンバーが公開、既出のSarrayに加え、コーチングスタッフとして鈴木秀樹の登用も!

 

WWEパフォーマンスセンターの海外からの新メンバーが発表されました。

このクラスは、今週ゾーイ・スタークに勝利してWWENXTデビューを果たしたサレイが中心となっています。このクラスには他にインドのサンジャナ・ジョージ、メキシコのジェニファー・メシェル・カントゥ・イグレシアス、オーストラリアのマット・ファレリー、"The Python Powerhouse"ステファニー・デランドルがいます。

また、このクラスには、コーチングスタッフとして日本のベテランレスラーである鈴木秀樹も参加しています。

NXTでSarrayとしてデビューした藤村沙里はすでに10年近くのリング経験をもつ24歳の選手です。Sareeeという名前でレスリングをしていた彼女は、里村明衣子の仙台ガールズ、JWP女子プロレス、ワールド・ウーマン・プロレスリング・ディアナなどのプロモーションで、日本の女子プロレス界にその名を轟かせました。

サンジャナ・ジョージはインドのバンガロール出身、24歳。過酷な障害物コースを走る事に情熱を注ぐだけでなく、総合格闘技で5勝1敗の戦績を持っています。

ジェニファー・ミシェル・カントゥ・イグレシアスは、メキシコ・モンテレイ出身、23歳。パワーリフティングのチャンピオンです。

鈴木秀樹がWWE PCのコーチングスタッフに加わりました。北海道出身の彼は、日本のスネークピットで伝説のビル・ロビンソンの元でキャッチ・アズ・キャッチ・キャン・レスリングの訓練を受けた後、大日本プロレス、WRESTLE-1、ZERO1などのリングに上がりました。2017年、鈴木はSamurai TVのインディープロレスのMVPに選ばれました。

オーストラリア・シドニーのマット・ファレリーは元歴史教師で、リングやリアリティTVの経験があります。2019年に「オーストラリアン・サバイバー:チャンピオンズvsコンテンダー」に出場しました。

同じくオーストラリア・シドニーのステファニー・デランドルはダンスとサッカーの経験があり、インディペンデント・レスリング・シーンで目立った活動をしています。

今後のWWEパフォーマンスセンターからの活躍に注目です。

Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!