WWE:元MLWレスラー、ランス・アノアイがタマ・トンガについて語る「ハクは俺達のおじさんでタマは俺達のファミリーだ。一人ぼっちのジェイを助けることも出来る」

イメージ
  アノアイ家はTama Tongaを自分たちのものと考えている。 本誌のデイブ・メルツァーが昨日報じたところによると、トンガはWWEに向かっており、一部のファンは彼が到着したときにThe Bloodlineに参加する可能性があるのではないかと考えています。 今月初めのレッスルマニア40の記者会見で披露された 「ザ・ロック」 の家系図にはトンガは登場しなかったが、ハク (トンガ・フィフィフィタ) と彼の息子たちは王朝の一部と考えられています。 元MLWのレスラー、ランス・アノアイは最近、スティーブ・フォールとトンガ、兄弟、父親との家族関係について話しました。 アノアイ氏は次のように述べている。 「ハクは俺達のおじさんだよ。彼を尊敬しています。島の文化に似ていると思います。みんな南太平洋から来たんだ。だから島民は1つの品種のように人間をくっつけているだけなんです。でもね、タマトンガの成長を見たんだ。私は日本にいる間彼らと遊んだ。私たちのスケジュールが合って夕食を食べることを祝福したときはいつでも。そこにはいつも愛がある。本当かどうかは知らないけど。タマトンガがサインしたとネットで読んでいます。彼がそうしたなら、彼のために良いことだ、十分に値すると思う。」 アノアイ氏は引き続き、トンガがRawでジェイ・ウーソと連携することを望んでいると述べた。 「ジェイはひとりぼっちだ。タマは家族だと思っています。だから、ジェイは助けを借りられると思う。特にソロとジミーが壁を乗り越えてジェイを攻撃し続けているのを知っているときに、私はレッスルマニアの試合を信じているので、うまくいけばセットアップ。それが私たちが望んでいることです。」 2人の間に血縁関係がないにもかかわらず、ロックは長い間ハクのことをおじさんと呼んできた。2015年、彼は 「トンガおじさん」 にトラックをプレゼントしています。 トンガと弟のタンガ・ロアは、ゲリラズ・オブ・ディスティニーとしてNJPWで7回のIWGPタッグ王者です。トンガがバレットクラブから追い出された後、グループは現在、ロア、ヒクレオ、邪道、ELPで構成されています。ヒクレオとELPは現在のストロングオープンウェイトタッグ王者です。 ランスは10月にMLWから釈放されました。彼は以前のインタビューで、解雇を求めた理由の一部は、WWEの番組で家族と一緒にい

WWE:シン・カラが明かすリリース要求を決めたポール・ヘイマンの一言「シン・カラは死んだ」

 

WWEのベテランであるシンタ・デ・オロ(シンカラ/フニコ)は先日放送されたThe Wrestling Inc.Dailyに出演し、カタール・プロレスへの出演に着いて語りました。また、先週の一連のリリースを踏まえ、彼がリリースされた時について語りました。

「簡単な事ではありませんでした。1人の人間として、エルパソやフアレスから来た小さな子供が一生懸命夢を持って、世界で一番大きな会社に行って、素晴らしい事が起こると思い続けて、自分の才能のおかげでチャンスを得た時の事を想像してみてください。しかし、残念ながら、もう才能の問題ではないのが現実です。多くの人にとって、そして、多くの素晴らしいレスラーにとって、それは不幸な事です。」

「全てを達成したいという意識を持っていました、世界を征服したいとか。しかし、何年か経つうちにそれは関係のないことだと気付いたんです。シン・カラに対して「どんなことがあろうと、子供や多くの人が愛してくれていた」と思っています。しかし、私の才能は見落とされていたので、ただ悲しかったです。」

「誰かと一緒に仕事をすることは抵抗ありませんでした、誰かを助けることも。一緒に働いていた人達は、私がそういう意味で無欲であることを知っています。彼等が私に必要とする事、求める事は何でも、良い目的のため、特に試合のためにすることは何でもしてきました。そういうことは嫌いではありませんでした。だからこそ、成功する機会を得られなかったのは残念でした。」

メインロースターでは、デ・オロはカリストとのタッグ「ルチャ・ドラゴンズ」として活躍していましたが、解散すると、デ・オロのテレビ出演が少なくなってしまいました。WWEでの起用方法について詳しく語り、リリースを要求するに至った難しさを説明しました。

「その間に少しずつ出番はありましたが、1年間テレビに出続ける事はありませんでした。私は何度かミーティングを行い、「とにかく私にチャンスをください。1年だけでいいです、テレビで1年やって、乗り越えられないかどうかを見て欲しい」と言いました。シンプルな話です、他の人々には1年、2年のチャンスを与えていて、毎週テレビに出て、彼等を成長させているんです。彼等と一緒に物語を作っているんです。」

「しかし、私を1週間だけ使い、次の4週間は休み、また1週間使い、さらに2ヶ月休むというのは誰のためにもなりません。一緒に仕事をしているタレントにとっても、何の役にも立ちません。私の悩み事の最大のポイントはここです。この事について数年間考えました。今日釈放してもらって、はい終わりというわけではありませんでした。」

「私は結婚をしていて、妻に相談もしました。彼女はいつも「あなたのキャリアややりたいことのためにベストだと思う事をすればいいの、私達はあなたをサポートするわ」と言ってくれました。ですが、多くの人が私を頼りにしていて、大変な部分もありました。”マスク”を作っている人、ブーツを作っている人、私の周りにはたくさんの人がいて、私がどんなに努力をし、トレーニングをし、どんなにアイデアを出しても、みんなこの人に相談して、この人に相談して、という風なことに気付くのはつらいことでした。みんな誰かにボールを投げるのです。もううんざりしていました。疲れてしまったんです。」

デ・オロはヨーロッパツアー中に釈放を要求しました。当時、RAWのエグゼクティブ・ディレクターだったポール・ヘイマンがシン・カラのキャラクターについて語ったことを振り返りました。

「ヨーロッパで打ち合わせをしていた時です、テレビもありました。私の最後の試合はドリュー・マッキンタイアとの試合でした。その日、オフィスや後方の人達と話をしたのを覚えています。私はただ「もう終わりにしたい。疲れました。依頼された人達と話したのに何も起こらないんだ」と訴えました。ポール・ヘイマンが私に言ったんです「シン・カラは死んでいる」って。私は思わず「どういうことだ?あなたたちが彼を殺したんだ」と言いました。私が愛し、一緒に働きたいと思い、私が人生の10年間を捧げてきた、全てを捧げたいと思っていた会社ですが、私が本当に成功し、スターになるための機会を与えくれなかったのです。」

「私はこのスポーツを愛しています。ビジネスも大好きです。スポーツを愛し、ビジネスを愛し、私の周りにいる人々を愛しています。友達と一緒にいるのも好きです。多くのボーイズと素晴らしい関係を築いてきましたが、何も自分の立場が変わらない事を知るのは辛い事でした。彼等は私のリリースを考えてみると言いました。私は「正直な話、もう幸せじゃないんです。幸せではないのに、なぜ私をここに置くのでしょうか?解放してくれ」と告げました。ここで働き続けたいと思っている人達がいます、それはそれでいいです。ただ、私はもう幸せではないので、ここにはいたくなかったんです。」

「自分の好きなものに対する愛情を失ってしまったんですから。その瞬間に気付くのが一番辛かったです。ツアーにも出ました。ドリューとの試合をしましたが、終わってもゴリラにも立ち寄らなかった。ロッカールームに直行して、シャワーを浴びて、バスに乗りました。みんな、ゴリラに戻っていきました。私はもう疲れてしまったんです。こいつらは俺の事なんかどうでもいいんだ、と思いました。だから、辞めたんです。誰かの悪口を言うつもりはありません。ビジネスだということも分かっているし、私達は数字を持っています。それは人生の一部であり、ビジネスの一部です。シンタ・デ・オロやシン・カラが可哀想だとは言いません。ただ、もう自分の居場所ではないと悟ったんです。」

デ・オロの最後の活躍やアンドラーデやゼリナ・ベガとの抗争が記憶に残りました。ヘイマンの「シン・カラは死んだ」というコメントについて語り、自分のキャラクターをさらに進化させるために提案したアイデアを明かしました。

「マイケル・ヘイズと話しました。彼等がシン・カラをどうしたいのかについて会話しました。アンドラーデやゼリナ・ベガとの抗争がすごくクールだったんだ。この次はどうしたいの?と聞いていたんです。チリ出身のカタリナをメインロースターに上げて一緒に仕事をしましたが、みんなが成し遂げたい事はなんですかと聞いていたんです。」

「その後、ポール・ヘイマンを捕まえました。ケータリングにいたんで、単刀直入に聞いたんです。「あなた方は私に触れていません、一体私をどうしたいんですか?」と。何が起こっているのかを知る必要があります、このままキャリアを続けたくはありませんでした。1週間出て、家に帰ってきてまた惨めな気持ちになる。そこで彼が「シン・カラは死んだ」と言ってきたので、私もいくつかのアイデアを出したんです。」

「"スパイダーマン"のようにスーパーヒーローになった時にマスクを被るようにしようとか言われました。でも、そうすると顔が見えてしまうから、シン・カラではなくなってしまいます。彼等は次から次へと色んな事を言ってきます。私は長い間、敬意を表して何も言いませんでしたが、結局のところ、彼等は私の事を気にかけていないのだから、そんな人間に気をかける必要は無いんです。私は彼等が多くの人を抱えている事を理解しています。それが悪いとはいいません。個人的なことではなく、これはビジネスです。ですが、それを経験することになったのは、残念なことでした。」

Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について