WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

イメージ
  皆さん、AbemaでWWEしてますか? 多くの人がリアタイで楽しんでいる様子がXのTLを賑わせていますが、その盛り上がりを見て、無料だし見てみようかなと思ってる人もいるかと思います。さて、そんなTLの様子を見てると、フジの深夜ぶりに見るとか、昔は見ていた、初めて見るという人も大勢いるようです。 Abemaでは適宜、日本語字幕などで選手の紹介などがされていますが、もう少しだけ詳しくなると、もっと今のWWEが楽しくなるポイントを解説していきます。 【その1:2023年のWWEとはBloodlineである】 今週のRAWでドリュー・マッキンタイアがジェイ・ウーソに対し信頼していない、という旨の発言をしていました。これはジェイがかつてBloodlineに所属していたことに端を発します。 Abemaでの放送では、ジェイがBloodlineを離脱した後から始まっているため、あまりこの関係性について深く語られていませんが、2023年のWWEのストーリーラインの主軸はBloodlineそのものであると言っても過言ではないでしょう。 まず、Bloodlineはワイルド・サモアンズとして知られるシカ・アノアイを父に持つ"トライバル・チーフ(一族の長)"ローマン・レインズ、リキシを父に持つ双子でレインズの従兄弟に当たるジミー・ウーソ、ジェイ・ウーソ、その末弟のソロ・シコアが中心的なメンバーです。 レインズはWWEユニバーサル王座を1130日以上防衛し続ける現在のWWEの絶対的王者です。しかし、その防衛には絆を誓う家族の存在が不可欠であり、レインズのピンチとなれば、Bloodlineのメンバーは介入だけではなく、襲撃などもいとわない無法なヒールユニットとも言えます。 しかし、ここに一人、密告者が加わったのが2022年9月。サミ・ゼインはウーソズと抗争中だったRK-Broらがバックステージで彼らの悪口を言っていたと告げ口したところから始まり、Bloodlineにすり寄るとサミは旧知の仲であるケビン・オーウェンズとも仲違い。徐々にBloodlineの信頼を勝ち取り、名誉メンバーとして受け入れられました。 ですが、2022年最後のスマックダウンでレインズと組んだサミは、オーウェンズ、ジョン・シナ組に敗北、徐々にレインズからの信頼を失っていき、オーウェンズとの王座戦を前にレ

AEW:"ベストプロモマシーン"CMパンクが選ぶ「最も話が上手い選手」に上がった意外な選手とは?

 

レスリングをしていた頃のCMパンクは良質のプロモを連発していました。観客の前で良いスピーチをするために何が必要か知っている人間は、同じくスピーチの上手い人間を見分けるのにも長けている筈です。そのため、CMパンクが「プロレス界で最も話が上手い選手は誰か」という質問のツイートに答えた時、彼の答えは意外なものでした。



CMパンクの答えは「エディ・キングストン」でした。

最近のTwitterでのセッションで、彼はしばらくプロレスを見ていないことを素直に認めていたため、解答は少し頭を悩ませる物になったのかもしれません。

「私は現在プロレスを見ていません。私が知っている事は、ソーシャル・メディアが大きく取り上げるような事を得ているだけです。誰かが何かやれば、フィードに表示されるので、そこから追いかけるぐらいです。」

どこまでが本当なのかはおそらく謎のままでしょう。しかし、WWEの収録で必ずと言っていい程名前が上がり、自称「世界最強」の彼がリングに戻ってくる可能性はほとんどないと思われます。

エディ・キングストンは現在、AEWに移籍してからビッグネームに成長し、昔からの顔見知りであるジョン・モクスリーとの新しいパートナーシップは、将来のエキサイティングな展開を指し示しています。

キングストンのリング上での繊細さに疑問を持つ人もいるかもしれませんが、彼は昔からの喧嘩屋です。彼は拳だけでなく戦いの準備をしています。キングストンが、今、最高のプロモを披露しているというCMパンクの言葉は正しかったのでしょうか?そうかもしれません。最近のWWEでは、オリジナリティや心のこもったトークが少なくなってきていますが、ジェリコが今までのようにマイクを握っていても、キングストンのスピーチには深みと根性が見え、それがCMパンクに評価されたのかもしれません。

Sescoops

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:ビンスの性的不正行為追求を担当していたマンジット・シンとイグナス・ラフードの辞任は、ビンスの復帰に反対しての辞任と判明