国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年4月11日日曜日

WWE:トリプルHとHBKが語るアダム・コールのWWEでの未来「これは彼らの語る"The Saga"の一章に過ぎない」

0 件のコメント :

 

 

WWE NXTは先日、史上最大のTake Overを開催、WWE NXT TakeOver .Stand&Deliverと題された2日にわたるイベントでした。第二夜のメインイベントに設定されたアダム・コールとカイル・オライリーの一戦は、互いに徹底的な熾烈な争いになりました。最後はオライリーがコールの膝を金属チェーンとスチールチェアで挟んで勝利しましたが、この結果によりアダム・コールがWWEのメインロースターに上がるのではないかと多くの人間が考えました。



Lucha Libre Onlineのマイケル・モラレスによると、NXTの創始者で、エグゼクティブ・プロデューサーを務めるトリプルHは、元NXTチャンピオンの次の展開をこう考えています。

「一度でも負けたら退場。変な話ですが、ここで成功し、長い期間やっていると、今夜のような事が起きた時に人々は「これで終わりだ」と考えるようです。確かに、これで本は終わりです。彼は前に進まなければいけない。しかし、そんなことは無い。だとしたら、今晩にでもロースターの半分はいなくなってる。そうじゃないんだ。これは物語の一章に過ぎない。彼等が語る"The Saga"の一章に過ぎないんだよ。カイル・オライリーが自らアンディスピューテッド・エラのリーダーだと言い続けた男に、自らを証明したんだ。我々は彼等の下僕ではないと叩き付けたんだ。だけど、もし自分がアダム・コールだとしたら、それが心に響くとは思えない。だから、この話はまだこれで終わりではないと思うんだ。」

ショーン・マイケルズもトリプルHの発言に同調します。

「正しいね、これはカイル・オライリーを次のレベルに引き上げるんだ。アダム・コールが1年以上前からトップレベルにいることは誰もが認める事だろう。今、カイル・オライリーはアダム・コールと同じ位置にいるんだ、それはもう止まらないだろう。」

アダム・コールはWWEのブラック&ゴールド・ブランドの尊敬すべき歴史におけるトップスターの1人であり、WWE史上最多の403日間に渡って、NXT王座を保持していた絶対的な王者でした。

Sportskeeda

0 件のコメント :

コメントを投稿