WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

イメージ
  皆さん、AbemaでWWEしてますか? 多くの人がリアタイで楽しんでいる様子がXのTLを賑わせていますが、その盛り上がりを見て、無料だし見てみようかなと思ってる人もいるかと思います。さて、そんなTLの様子を見てると、フジの深夜ぶりに見るとか、昔は見ていた、初めて見るという人も大勢いるようです。 Abemaでは適宜、日本語字幕などで選手の紹介などがされていますが、もう少しだけ詳しくなると、もっと今のWWEが楽しくなるポイントを解説していきます。 【その1:2023年のWWEとはBloodlineである】 今週のRAWでドリュー・マッキンタイアがジェイ・ウーソに対し信頼していない、という旨の発言をしていました。これはジェイがかつてBloodlineに所属していたことに端を発します。 Abemaでの放送では、ジェイがBloodlineを離脱した後から始まっているため、あまりこの関係性について深く語られていませんが、2023年のWWEのストーリーラインの主軸はBloodlineそのものであると言っても過言ではないでしょう。 まず、Bloodlineはワイルド・サモアンズとして知られるシカ・アノアイを父に持つ"トライバル・チーフ(一族の長)"ローマン・レインズ、リキシを父に持つ双子でレインズの従兄弟に当たるジミー・ウーソ、ジェイ・ウーソ、その末弟のソロ・シコアが中心的なメンバーです。 レインズはWWEユニバーサル王座を1130日以上防衛し続ける現在のWWEの絶対的王者です。しかし、その防衛には絆を誓う家族の存在が不可欠であり、レインズのピンチとなれば、Bloodlineのメンバーは介入だけではなく、襲撃などもいとわない無法なヒールユニットとも言えます。 しかし、ここに一人、密告者が加わったのが2022年9月。サミ・ゼインはウーソズと抗争中だったRK-Broらがバックステージで彼らの悪口を言っていたと告げ口したところから始まり、Bloodlineにすり寄るとサミは旧知の仲であるケビン・オーウェンズとも仲違い。徐々にBloodlineの信頼を勝ち取り、名誉メンバーとして受け入れられました。 ですが、2022年最後のスマックダウンでレインズと組んだサミは、オーウェンズ、ジョン・シナ組に敗北、徐々にレインズからの信頼を失っていき、オーウェンズとの王座戦を前にレ

WWE:ブロークンスカル・セッションにジェリコ招集のアイデアを聞かされたビンスはなんとリアクションしたのか? #ForbiddenDoor

 

AEW社長兼CEOのトニー・カーンはWWEネットワークで放送されるWWE殿堂のスティーブ・オースチンのブロークンスカル・ショッションにクリス・ジェリコの出演を認めました。

WWEは今朝ティーザー・ビデオを放映し、このインタビューがレッスルマニア37の第二夜、4月11日に初公開されることを発表しました。発表全文ではAEWについては触れられていませんが、ブロークンスカル・セッションの歴史的な回ではジェリコが「約3年ぶりにWWEの番組に帰ってくる」と書かれています。WWEはジェリコを「スポーツエンターテイメントの歴史の中で最もデコレートされたスーパースター」の1人としています。



オースティンはSPorts IllustratedのJustin Barrassoと会話し、AEWの誰かがWWEの番組に出演することはかなりクールだ、と語りました。

「WWEの番組にAEWの人間が出演する、特にクリス・ジェリコのような優秀な人材が出演することは、とにかく素晴らしい。クリスはWWEで約20年過ごしたんだ。WWEの歴史の中で最高の活躍した人は誰だ、クリス・ジェリコの名前が出てくるだろ。」

オースティンは11月下旬に放送されたアンダーテイカーとのブロークンスカル・セッションの後、ジェリコが彼に連絡を取ったことを明かしました。その会話がきっかけで、ジェリコは彼のインタビューにブッキングされました。オースティンはWWE会長兼CEOのビンス・マクマホンとそのことについて話したと明かしました。

「アンダーテイカーとのブロークンスカル・セッションのインタビューが放送された後、ある夜にビールを飲んでいたら、突然クリスから連絡が来て『素晴らしいインタビューだったよ』って送って来たんだ。ビールジョッキとイーグルの絵文字で返したら、その場ですぐに電話がかかってきたんだ。俺は奴のキャリアを常に尊敬してるし、プロレスをやってることを喜んでる。他の選手達に働く場所を増やすことが出来てるからな。俺は「番組に出演しないか」と言ったんだ。奴はめっちゃやりたいって言ってきたから、ビンスに確認したのさ」

ビンスに対し、ジェリコがWWEの番組に出演するということを承認するのをためらったか言及しました。

「ビンスにメールして、ジェリコがこの番組に出演するという悪いアイデアがあるって言ったんだ。ビンスは「クールだ、やろうぜ」といってくれたんだ。でも、俺とビンスは電話やメールのやりとりがうまくいかないことが多くて、もう一回メールしたんだ。「クリス・ジェリコを番組にさせるのは本当にOKなのか?」ビンス親指を立ててくれて、クリスがショーに出てくれたんだ」

オースティンはAEWのトップスターを褒めたたえ、ジェリコの伝説的で、今なお現役で活躍している作品群を分解、分析する必要があったため、このインタビューが優先されたと述べました。加えて、ジェリコはこのインタビューにあたり、全ての話題に制限が許されないと言い、ファンからWWEの幹部まで、全ての人を釘付けにすることを楽しみにしていると付け加えました。

「俺達は、なんだってやる。ジェリコはオールタイム・グレートの1人だし、WWEの番組にAEWの人間が出演するのはクールだ。つまり、この番組を見てもらうことに興奮しているのさ」

ジェリコはこのインタビューについてツイートし、トニー・カーンが放った「ForbiddenDoor」というキーワードを使用しています。



Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:ビンスの性的不正行為追求を担当していたマンジット・シンとイグナス・ラフードの辞任は、ビンスの復帰に反対しての辞任と判明