ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

AEW:団体史上初のハウスショーが開始!メインではTNT王座戦、10人タッグでPAC、ルチャブラ、サイダル兄弟vsケニー、ヤングバックス、マイケル中澤と竹下幸之介!!?

 

AEWは金曜日の夜、フロリダ州ジャクソンビルのDaily's Placeで、初のノンテレビジョン・ライブイベントを開催しました。このイベントは"The House Always Wins"と名付けられています。

ブッチャーはバトルロイヤルを制し、TNT王者であるダービー・アリンへの挑戦権を獲得しました。
(ランス・アーチャー、スコーピオ・スカイ、パワーハウス・ホブス、リッキー・スタークス、イーサン・ペイジ、ブッチャー、ブレイド、ダスティン・ローデス、オースティン・ガン、コルテン・ガン、10、コルト・カバナ)

ピンナックルのMJF、ショーン・スピアーズ、FTRが8人タッグでクリストファーダニエルズ、ダンテ・マーティン、ルチャサウルス、ジャングル・ボーイに勝利しました。

コーディ・ローデスはデュバル・ストリート・ファイトでアーロン・ソローに勝利しましたが、試合後、ナイトメア・ファクトリーのアンソニー・オゴゴがコーディーを襲撃しました。

ジャイド・カーギルはレカ・タハカの勝利しました。

トレント、チャック・テイラー、オレンジ・キャシディは6人タッグマッチで、アンジェリコ、ジャック・エバンス、マックス・キャスターに勝利しました。

エディ・キングストンがセザール・ボノーニに勝利しました。

AEW女性世界チャンピオンの志田光、タイ・コンティ、レッド・ベルベッド、水波綾がブリット・ベイカー、ザ・バニー、リーベル・ノット、ナイラ・ローズに勝利しました。

PAC、ペンタゴン・セロ・ミエド、レイ・フェニックス、マット・サイダル、マイク・サイダルがAEW世界チャンピオンのケニー・オメガ、AEW世界タッグチャンピオンのヤングバックス、マイケル中澤、竹下幸之介を破りました。

メインイベントでは、TNTチャンピオンのダービー・アリンがバトルロイヤルを制したブッチャーを破り、防衛した後、若いファンにスケートボードをプレゼントしました。

このハウスショーは以前に報告されていたカードから大きく変更された点があります。最新のAEW Dynamiteのメインでジョン・モクスリーがヤングバックスに裏切られたことで、軋轢が発生していたThe Eliteが再び力を合わせる事となりました。それを受けて、デス・トライアングル、サイダル・ブラザーズとケニー、ヤングバックス、マイケル中澤の試合は、事前の6メンタッグとタッグマッチから改修され、10人タッグに変更されました。さらに、このカードにはDDTのエースである竹下幸之介が追加されています。

竹下は5月4日までの間、DDTを一ヶ月欠場することが発表されていました。



Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!