Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:イーサン・ペイジ「The Northが再びタッグを組む可能性があるとすれば……」

 

イーサン・ペイジがInsight with Chris Van Viletに出演し、様々なトピックについて語りました。

・AEWデビューについて

「妻に説明しようとしていたんですが、これまでずっと……というか、前から分かっていたけど、まだ奇妙な高揚感に包まれています。ペイパービューでデビューし、Dynamiteに出演しました。でも、まだ自分の夢が叶ったことが理解できていません。常に、あと一歩、あと一歩と思っていました。子供の頃から思い描いていたところまで、実際に行ったことがありませんでした。どうやってこれを消化すればいいのか、実現したことをどう理解すればいいのかも分からない。もちろん素晴らしいことですが、説明も出来ません。」

・カナダにいる家族はどのように祝ってくれたのでしょうか

「私がAEWでデビューすることを知っていたのは良心だけでした。だから、ペイパービューは自分達の家で見て、小さなピザパーティーを開いたんだ。娘もいるし、妻もいる。世界タイトルの入ったAEWのケーキを作ってくれて、みんな私のTシャツを来てくれました。ペイパービューでジェイク・ザ・スネークが私と並び立ったのを見たのは父に取って最も充実した瞬間だったと思います。というのも、プロレスを私に紹介してくれたのは父だからです。ジェイクのあの台詞は私に取ってもクールなものでしたが、父からの台詞がどれほどクールだったかは想像もつきません。」

・AEWでの活動はIMPACTとはどう違うのでしょうか

「露出度は比較すると全く異なる。AEWが世界中に持っているリーチは他に類を見ません。私は妻のことをよく話題にしてしまいますが、なぜなら彼女はここまでこのクレイジーな旅を共に続けてきて、私が夢を実現する方法を見つけるだろうと盲目的に信じてくれていました。私の故郷ハミルトン・オンタリオ州で新聞のスポーツ欄の表紙を飾ったという事実に、彼女は驚いていました。家族は私がプロレスーであることを軽く見ていましたが、今では「すごいね、おめでとう」と言ってくれます。あなたのことを誇りに思うし、自慢しているよ、と。スポーツエンター対面との世界では、AEWの影響力や露出度、重要性はもはや否定できないと思います。」

・AEWは2019年から契約に興味を持っていたそうです。

「確かに興味を持ってもらっていたのは知っています。当時インパクトと契約していたので、実際には可能性がありませんでした。でも、私の状況を確認するために話があったと思います。ただ、個人的にはインパクトで何年も過ごせたことにとても満足しています。個人的にもプロとしても成長するためには必要な経験だったんです。テレビに出ることに慣れ、タイミングや合図など、さまざまなことが経験出来ました。最終的にはより良いパフォーマーになることが出来ました。私がそのような経験を積んできたことで、AEWはその恩恵を受けることが出来ると思います。」

・ジョシュ・アレキサンダーとの"The North"としての成功の後、シングルスターとなったことについて

「私達がチームとして成し遂げたことを誇りに思っていますし、もしこの先、The Northが再びタッグを組む可能性があるとすれば、私は参加します。今は、2人にとってシングルに進出するのがベストだと思います。私はいつも自分にスポットライトを当てて欲しいと思っており、"All Ego"イーサン・ペイジにはぴったりなのです。インパクトの前はEvolveでシングルプレイヤーをしていたので、どちらにも馴染んでいますし、何が起こるか楽しみです。」

・AEWでのレスリングが待ち遠しい相手は

「レイ・フェニックスのレスリングを見る度に、レスリングブーツを燃やして引退したくなるんだ。彼はとても優れているので、自分自身を試してみたくなる。ロスターの誰もがレイ・フェニックとレスリングをしたいと思っているよ。」

WrestlingNews.Co

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!