Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:NFLに吹き荒れる人種差別の余波!トニー・カーンがAEWでの多様性の実現について語る。


 トニー・カーンがAEWの多様性について語りました。

スポーツ界では、ブライアン・フローレンスがNFLとチームに対して、人種差別を理由に集団訴訟を起こし、NFLを中心にダイバーシティが話題になっています。AEWでもビッグ・スゥォルが12月に解雇になった際、AEWには黒人の代表者がいないと指摘し、これにトニーは自分と幹部のメガは褐色人種であり、その他にもテレビで勝利している黒人レスラーはいると反論しました。

スーパーボウルのメディアウィーク中、カーンはSporting Newsの取材に応じ、AEWがプロレスの多様性をサポートするため、何をしているかと尋ねられました。

「アンソニー・ボーエンスはもちろん、GLAAD(米国内におけるLGBTQの人々に関するメディア調査を行う非営利組織)とAEWを代表し、宣伝を行っています。LGBTQコミュニティでは、レスリング史上初のトランスジェンダーの元女子世界チャンピオン、ナイラ・ローズを始め、素晴らしい表現があります。もちろん、ロスターの多様化は非常に重要です。キース・リーやAQAを含む素晴らしいフリーエージェントを加えたDynamiteでは、それが見て取れたと思います。今後もロスターの多様化と拡大を続けて行くつもりですし、私達がやっていることにとても興奮しています。

ジェイク・アトラスはコミュニティに貢献していて、偉大なデビューを果たしました。彼がRampageのアダム・コール戦で怪我をしたのは残念だけど、彼に関して本当に興奮しているし、彼が怪我している間も世話をするつもりです。私は彼の大ファンです。」

Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!