Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:ブライアン・ダニエルソン新日本G1出陣を希望、「あれしたい、これしたいというのはない、新日本のG1には出たいけどね」


 ブライアン・ダニエルソンはThrowing Down With Renee & Mieshaに出演し、新日本のG1トーナメントに出場したいとの意向を示しました。彼は輝かしいキャリアの中で、とても多くの事を達成し、彼の描くゲームの上で様々なことを実行しています。しかし、彼はまだそこから降りるつもりはありません。自身がしたいことリストがあるか聞かれ、こう答えました。

「俺は持ってない、新日本のG1には出たいけどね。それ以外は"ああしたい、こうしたい"というような感覚はないんだ。引退を余儀なくされたとき、本当に考えさせられたのは、この事を当たり前だと思いたくない、ってことだ。」

「このままではいけないと思った。みんな怪我を覚悟でやってるんだ。俺達のキャリアはいつ終わるか分からない。引退を余儀なくされる前は、その試合が最後の試合になるなんて思ってもなかった」

過去に大怪我を負った彼は自分のキャリアがいつ終わってもおかしくないことを認識しているようです。何が起こるか分からないし、何かの怪我が彼のキャリアを終わらせる事も考えられます。しかし、各試合の前に考慮し、その全てを得る新たな考え方を開発しました。

「"これはこう、いや、そうじゃない"みたいな悪い方法じゃない。悪い意味ではなく"あぁ、これはそういうことなのか"って、ただそこに行って楽しめばいいんだ。そうするためにはそれなりの自信が必要だ。今夜はみんなに嫌われるぞ、なんて心配はしていないんだ。」

「そういうことは考えていない。出て行って「やれやれ」って感じ。子供の頃からずっとこれを夢見て来たし、今では夢よりもずっと長く続けてる。今はただ楽しくて、ただ嬉しい。外に出て、このエネルギーを感じる。特に今、ヒールとしてやっていることは俺にとって一番楽しいことなんだ。」

ブライアン・ダニエルソンのプロレスに対する情熱はどの試合にも現れています。新日本のG1トーナメントに出場したいという気持ちの他に、彼は本領を発揮しています。彼にとってリングに戻る事はまさに「やるべきこと」のようです。

「俺は人生の大半を教会で過ごして来た。プロレスでも自然の中でも、特にプロレスのように血が騒ぐと生きている事を実感出来るんだ。プロレスのリング上や娘とハイキングしている時のように、教会で神を感じた事は一度も無い。最高の試合をするためにやっているのではない。俺は、自分がやるべきことをやっていうという感覚を追い求めているんだ。」

Wrestling Inc

 

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!