Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:レニー・パケットが見る女子部門の深化と成長、もっと見たいのは、アナ・ジェイとナイラ・ローズ!「AEWの女子部門を叩こうとする人はもう話になりません。」


 元WWEアナウンサーのレニー・パケットがAEW女子部門の深化が進んでいると述べました。

AEWの女子部門は常に批評家たちの論争の的になってきました。WWEでは女子部門にスポットライトを当て、レッスルマニアなどのショーのヘッドライナーを務めるまでになりましたが、AEWでは1つのショーに1試合しか組まれない状況です。

しかし、ルビー・ソーホーやメルセデス・マルティネスといったスターの加入、ジェイド・カーギルの台頭、ブリット・ベイカーとサンダー・ロサの抗争など、2019年の設立以来、飛躍的な成長を遂げていると言えます。

Busted Open Radioに出演したレニーは、彼女が感銘を受けたパフォーマーの数々を列挙しました。

「AEWの女子部門を叩こうとする人はもう話になりません。ブリット・ベイカーを始め、ルビー・ソーホー、ナイラ・ローズまでそこにいる彼女達を見てください。タイナラみたいな子もいます。彼女は飛躍的に成長したと思う。アナ・ジェイの活躍をもっと見たいです。」

彼女はまたこれらパフォーマーの多くがまだキャリアが浅いことも指摘しました。その未熟さゆえに、生放送のテレビに出演するプレッシャーも大きいと明かします。

「目の前で人が成長して行くのをみるのは、とてもクールなことです。しかし、雨放送に出るのは簡単な事ではありません。すいえば、どうしてジェイドを(自分が名前を挙げた中の)リストから外したんだろう?彼女は真の人間の見本です。えぇ、私は部門の深さが表示され続けていると思います。」

また、レニーはもっと放送時間を増やして欲しいと思う相手として、ナイラ・ローズの名前を挙げました。ナイラはルビー・ソーホーと対戦し、ルビーのハイキックをかわすとそのまま抱え上げビーストボムを決めて、勝利を収めています。

Sportskeeda

 

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!